宇宙史拠点実習テーマ説明
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 7

宇宙史拠点実習テーマ説明 PowerPoint PPT Presentation


  • 100 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

宇宙史拠点実習テーマ説明. CERN  2010年度 中條 達也. テーマ1: ALICE 実験における電磁カロリメータ (EMCal) の位置情報較正と p 0 中間子の検出効率. 担当:中條達也

Download Presentation

宇宙史拠点実習テーマ説明

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2154861

宇宙史拠点実習テーマ説明

CERN 2010年度

中條 達也


Alice emcal p 0

テーマ1:ALICE実験における電磁カロリメータ(EMCal) の位置情報較正とp0中間子の検出効率

  • 担当:中條達也

  • 目的:光子、p0, h中間子は, QGP物質解明に重要なプローブである。これらの測定精度を向上するため、実際の衝突データ (p+p, 0.9 TeV, 7 TeV) を用いて、ALICE 電磁カロリメータ (EMCal)の位置情報較正を行う。また物理解析に不可欠となるシミュレーションデータの「埋め込み (embedding)」ソフトを開発し、p0中間子の検出効率を決定する。

  • 必要事項:C++, ROOT, aliroot, Grid, ALICE実験, EMCal

  • 進め方:

    • 第1週 

      • ALICE offline 環境に慣れる、Grid での Job submission, EMCal 解析に必要なパラメータ・カットの検討、ヒストグラム作成

    • 第2週 

      • データスキャン、Track matching の評価、MIPピーク、embedding ソフトを実データ上で動かす

    • 第3週

      • embedding ソフトの改良、p0検出効率の評価

    • 第4週

      • EMCal weekly meeting で発表、最終報告

ALICE-EMCal (Pb-Scint. sampling calorimeter)

z方向のTPC track と EMC hit の位置の残差


Mip emcal

最小電離粒子 MIP ピーク(EMCal)の例

*高統計データをつかった Tower-by-Tower MIP の較正、位置の較正を行う


Alice emcal p 0 h

テーマ2:ALICE実験における電磁カロリメータ(EMCal) のエネルギー較正とp0, h中間子の横運動量分布

  • 担当:下村真弥、中條達也

  • 目的:光子、p0, h中間子は, QGP物質解明に重要なプローブである。これらの測定精度を向上するため、実際の衝突データ(p+p 0.9 TeV, 7 TeV)を用いて、ALICE 電磁カロリメータ (EMCal)のタワー毎のエネルギー較正を行う。同時にp0, h中間子の再構成を行い、エネルギー較正の妥当性を評価し、運動量分布の測定を目指す。

  • 必要事項:C++, ROOT, aliroot, Grid, ALICE実験, EMCal

  • 進め方:

    • 第1週

      • ALICE offline 環境に慣れる、Grid での Job submission, EMCal 解析に必要なパラメータ・カットの検討、gg不変質量分布、ヒストグラム作成

    • 第2週

      • データスキャン開始、Run-by-run, Tower-by-Tower でp0 peak (位置、幅) をチェック

      • EMCal GEANT simulation データを見る

    • 第3週

      • 必要な補正項の決定、(補正後の pT 分布)

    • 第4週

      • EMCal weekly meeting で発表、最終報告

p0中間子の不変質量分布 (EMCal)

h中間子の候補by H. Torii (PHOS)


Emcal analysis task force

EMCal Analysis Task Force

  • 参考資料

    • EMCal Analysis Task Force home page:

      • https://twiki.cern.ch/twiki/bin/view/ALICE/EMCalTaskForce

    • EMCal home page:

      • https://twiki.cern.ch/twiki/bin/view/ALICE/EMCal

    • EMCal offline home page:

      • http://aliweb.cern.ch/Offline/Detectors/EMCALOffline.html

  • Weekly EMCal meeting への参加(毎週)

    • 木曜、17:00@ CERN より

    • コンビナー: Terry Awes (ORNL), Mateusz Ploskon (CERN)

    • 進め方は、状況や必要性に応じて変わる可能性がある。


Alice

テーマ3:ALICE実験における荷電粒子識別と粒子生成比の測定

  • 担当:中條達也

  • 目的:ALICE 実験で収集された陽子・陽子衝突データ (p+p 0.9 TeV, 7 TeV) を用いて、ITS, TPC, TOF での荷電粒子識別を行い、粒子生成比の測定を行う。得られた結果から、バリオン化学ポテンシャル、化学平衡温度といった“化学パラメータ” の決定を目指す。

  • 必要事項:C++, ROOT, aliroot, Grid, ALICE実験, ITS, TPC, TOF, PID

  • 進め方:

    • 第1週

      • ALICE offline 環境に慣れる、Grid での Job submission, PID 解析に必要なパラメータ・カットの検討、ヒストグラム作成

    • 第2週

      • PID, secondly vertex の最適化

      • データスキャン、p±,K±, p, pbar 間の粒子比の見積もり、Invariant mass を組む

    • 第3週

      • L, K0s, f等の Cut 最適化、粒子生成比の決定、chemical parameter の決定

    • 第4週

      • (PWG2 での発表)、最終報告

ITS による荷電粒子識別

TPCによる荷電粒子識別


Alice1

ALICE 実験で測定されたストレンジネスを含む様々な粒子

p+p 0.9 TeV (ALICE)


  • Login