slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
ゼミ発表会ガイダンス

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 13

ゼミ発表会ガイダンス - PowerPoint PPT Presentation


  • 53 Views
  • Uploaded on

ゼミ発表会ガイダンス. 平成 20 年 6 月 11 日 森田 彦. 1.発表要領. 持ち時間25分 発表時間15分,質疑応答10分.  時間厳守! ベルのタイミング 10分経過,15分経過時。  発表形態 PowerPoint を使って行う. ※  発表は各自のパソコンで行う。. 2.発表内容. タイトルは各自の内容に合わせてつける. 1.序論   研究の動機,目的,テーマ内容 2.方法 (システムの概要)   システムの全体構成,作成上工夫した点 3.結果 (システムのデモンストレーション)    システムのデモンストレーション

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' ゼミ発表会ガイダンス' - haley-terrell


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

ゼミ発表会ガイダンス

平成20年6月11日

森田 彦

slide2
1.発表要領
  • 持ち時間25分

発表時間15分,質疑応答10分. 時間厳守!

  • ベルのタイミング

10分経過,15分経過時。 

  • 発表形態

PowerPointを使って行う.

※ 発表は各自のパソコンで行う。

slide3
2.発表内容

タイトルは各自の内容に合わせてつける

  • 1.序論

  研究の動機,目的,テーマ内容

  • 2.方法(システムの概要)

  システムの全体構成,作成上工夫した点

  • 3.結果(システムのデモンストレーション)

   システムのデモンストレーション

  • 4.結論と残された課題

   結果に対する評価,改善すべき点

slide4
3.発表時の注意事項
  • 時間厳守!

自分の発表時間は前の発表者の終了直後から始まる. → ロスタイムはない.→ すぐに発表を始められるように準備しておく.

  • 説明は3年生が聞いて分かるように.
  • 大きな声で自信を持って発表する.

自分の研究だという自覚を持つ.自分の言葉で説明する.

フールプルーフを心がける。

slide5
4.質疑応答時の心得

誠実に答えること

  • 質問内容をよく聞いて意図を理解する

  質問の意図をつかめない場合は,「・・に関する質問でしょうか?」と確認するか,「すみませんが,もう一度お願いします.」と再度の説明を求める.

  • 簡潔に分かりやすく答える

  要点を絞って,できるだけ簡潔に答える.自分の言葉で説明する.

※ 自分の知らないことを質問されたら・・・

「・・に関しては調べていませんでした.」などと正直に答える.最も悪いのは,沈黙してしまうこと.

slide6
序論
  • 何をやろうとしているの?
  • それはなぜ?
  • どんな意味があるの? 
  • (今回のテーマの)ねらいは何?

 以上の4点が伝われば,OK!

slide7
方法(システムの概要)
  • どうやって実現したの(どの様なシステムを構築したの)?

システムの全体構成から各部の説明へ

  • 難しいところは? ポイントとなるアイデアはどこ?

技術的な工夫点やアイデアなど

※ 技術的詳細を伝えようとすると失敗する.

  作成の際の基本的な考え方が伝えればOK!

生のソースリストを使っての説明は厳禁!リストを見せる必要がある場合は、ポイントが分かるようにスライド適宜加工してスライド上で見せること。

slide8
結果

システム作成の場合

 何ができたの?

 システムの特徴が典型的に表れるシナリオを想定してデモンストレーションを行う.

プログラムの実行

Webページの閲覧

slide9
結論と残された課題

Ⅰ.システム作成の場合

  • システムの達成度は? -目的に照らし合わせてみて-

  システムに関する自分の評価は?

  • どうすればもっと良くなる?(という趣旨で残された課題を述べる)
slide10

聴衆がどういう人達なのか、という点をきちんと把握(意識)する事が大切!聴衆がどういう人達なのか、という点をきちんと把握(意識)する事が大切!

参考資料1

良い発表(プレゼンテーション)とは?
  • 自分が伝えたいことが的確に(聴衆に)伝わる発表。
  • 流ちょうな語り口や凝った仕掛けで注目を集めても、内容が伝わらなければ(理解してもらえなければ)何にもならない。→発表は相手があって成立するもの!
slide11

後は発表内容が問題。

参考資料2

聞き手(聴衆)の把握して発表を準備する
  • 聞き手が学生なのか、教員なのか、あるいは一般社会人なのか、等で当然発表の仕方は異なる。
  • 聴衆の有する知識や関心等に関する平均的イメージを想定できる場合は、そのイメージを対象として説明を準備すると良い。
  • ただ、聴衆に幅があり統一的なイメージを絞ることが困難な場合は、“フールプルーフ”になるように心がけると良い。→全員が理解できるようになる。
slide12

参考資料3

説明の際は「何をどこまで」を意識して!
  • 何をどこまで伝えたいのか、という点(話の目的)を可能な限り明確にしておく。そして発表時にはそれを意識しながら説明を行う。
  • そうしなければ、話の焦点がぼやけてしまう。→複数の点を羅列的に説明していると感じたら、要注意!自分自身がポイントをつかみ切れていない場合が多い。
  • 「とりあえず関係する事項は話すから、その意味するところはあなたが判断して」というあなた任せの説明にならない様、注意すること。

聴衆の関心が、話のポイントに誘導されるよう配慮・工夫する。

slide13

集団指導体制は非常にデリケート!

「プログラミング」楽しさの推移-結果

-集団指導体制の難しさー

指導員(TA)の役割に関する引き継ぎが不十分だったことが原因

苦痛が急増

ad