2008
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 36

情報通信技術を用いた持続可能な 生物資源の生産・利用システムの構築 PowerPoint PPT Presentation


  • 80 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

2008 年 4 月 9 日 農業農村工学会国際委員会 第 22 回 海外事情講演会. 情報通信技術を用いた持続可能な 生物資源の生産・利用システムの構築. 東京大学 東京大学大学院情報学環 (大学院農学生命科学研究科) 教授 溝口 勝. 地球規模課題の動向. 地球観測データの蓄積 気候変動や水循環変動等 出口研究の必要性 データ解析・統融合 有用な情報への変換 データ統合・解析システム 2006 年開始 農業分野における応用研究 リアルタイム土壌水分モニタリング.

Download Presentation

情報通信技術を用いた持続可能な 生物資源の生産・利用システムの構築

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


2008年4月9日

農業農村工学会国際委員会

第22回 海外事情講演会

情報通信技術を用いた持続可能な生物資源の生産・利用システムの構築

東京大学

東京大学大学院情報学環

(大学院農学生命科学研究科)

教授 溝口 勝


地球規模課題の動向

  • 地球観測データの蓄積

    • 気候変動や水循環変動等

  • 出口研究の必要性

    • データ解析・統融合

    • 有用な情報への変換

  • データ統合・解析システム

    • 2006年開始

    • 農業分野における応用研究

    • リアルタイム土壌水分モニタリング


GEOSS Global Earth Observation System of Systems

  • 複数の観測システムからなる包括的な地球観測システム

    • 人工衛星観測および現場/地上観測を統合

  • 技術開発主導から利用ニーズ主導のシステム

    • 地球温暖化などの諸問題に対して持続可能な社会の実現

  • 国際的に共通な利用ニーズ

    • 9項目が公共的利益分野


GEOSSにおける

公共的利益分野


DIAS Data Integration and Analysis System

  • 国家基幹技術

    • 第3期科学技術基本計画(2006-2010)

    • 予算を集中投資する300億円以上のプロジェクト

  • 「海洋地球観測探査システム」の基幹要素

    • 地球規模観測や各地域での観測で得られるデータを収集

    • 永続的な蓄積,統合・解析, 社会経済情報との融合

    • 地球規模の環境問題や大規模自然災害等の脅威に対する危機管理に有益な情報へ変換


DIAS農

  • 農業分野における地球観測データの応用研究チーム(俗称)

  • 東京大学/農業・食品産業技術総合研究機構/農業環境技術研究所+α

  • 農作物生産管理情報システムの開発

    • フィールドサーバによるリアルタイム観測

    • Metbroker農業気象統合技術

    • 作物生育モデルとのリンク


DIAS農における全体目標

コアシステムで提供されるデータ群を効率的に統合し農業分野で利用できるようにする

誰でも簡単に知ることができ,政策決定者の判断のよりどころになるシステムを実現する

農業生産管理支援情報

地球温暖化による食料生産への影響等

安全で安心かつ安定的で高品質な食糧供給を求める公共益に供する

個人農家

政策決定者

7


データ統合・解析システムの生態系分野の応用例

データ統合・解析システムによる農作物管理への適用

国民の社会的ニーズへの対応

農水系研究機関と

大学との共同研究

データ・モデル等を用いた統合・解析による科学的知見に基づいた情報を提供

低コスト・高品質・安全な農林水産物の安定供給

生態系モデル

第1期H9-H12

増殖情報ベースによる生産支援システム開発のための基盤研究

土壌水分予測モデル

X年後のキャベツの作付け可能性

最適作付け日

予測情報図

農業情報の統融合ツールの提供

第2期H13-H17

データベース・モデル協調システムの開発

イネ生育モデル

モデルとの結合

提供情報事例

多様な観測データ収集ツールの提供

データ統合・解析システム

種まき日の決定移植日の決定

いつ農薬を散布するかどのくらいの量を散布すればよいか

投入

農作物に関係する多様な地球観測データ

最適な施肥時期

水分量管理

地上観測による気温等の蓄積されたデータ

モデルによる気候予測データ

将来の応用システム例

・水稲冷害早期警戒システム

(冷害の予測により冷害に強い種の作付け、時期等の提案)

・適地適作判定支援システム

(気候変化に対応した地域に適した農作物の選択・提案)

農作物の過去の作付け時期、施肥時期、生産量などの蓄積されたデータ

衛星観測による

植生データ

農地リアルタイム観測データ

国際的な食料・環境問題の解決


安全な農作物生産管理技術とトレーサビリティシステムの開発 (H19年度研究成果)

溝口 勝(農学生命科学研究科)・二宮正士(農業・食品産業技術総合研究機構)・鳥谷均(農業環境技術研究所)

  • コアシステムにある地上気象観測データ群をメッシュ気象値化

  • ・フィールドサーバおよびMetBrokerによる画像を含む地上気象観測データをコアシステムに構築

  • ・データベース生成ツールとフィールドサーバ画像データ解析ツールを開発

  •  → データの統融合による農作物管理情報生成の基盤ができた

  •  → 高度データマイニングによる安全安心な農産物情報伝達ツールの開発につなげる

3. 広域土壌水分モニタリング・評価システムの拡張

・東北タイにおける広域土壌水分モニタリングサイトを拡張

・全天日射量と炭酸ガス濃度モニタリング機能を追加

 → 衛星による土壌水分バリデーションサイトの運用基盤ができた

 → 土壌水分の有効利用による適地適作検証用サイトとしても発展させる

画像データと数値データの統合利用ツール

土壌水分バリデーションサイト

コアシステム

地上観測データ群

GPV予報データ群

イネの湛水面積の変化

MetBrokerインタフェース

地上観測とGPVの比較

水稲適地適作検証ツール

2. 長期気象予測変動データMetBrokerインタフェースの開発 

・CMIP3/AR4長期気象予測変動データのグリッド化のためのプログラム開発

 → 地上観測気象DBとGPV短期気象予報DBを時間軸上で統合した

  → 各種気象観測データ群をシームレスに統合できるようにする

4. グローバルスケール・ボトムアップアプローチ農業生産モデルの開発 

・Web水稲適地適作検証ツールを開発

・多様な作物・品種の生育パラメータ推定を簡便化するツールを開発

 → 全球レベルでイネの適地適作予測が可能になった

 → 任意の作物・品種の栽培可能性をマップ表示できるようにする


アジアにおける水稲栽培可能性


フィールドサーバ

  • フィールドに長期間設置して,環境の計測,動植物のモニタリング,農園の監視等を行う超分散モニタリングデバイス

    • Webサーバ

    • 複数のセンサ(土壌水分センサ)

    • ネットワークカメラ

    • 無線LAN通信モジュール

    • 超高輝度LED照明など

  • 相互にWi-Fi通信


土壌情報モニタリングシステムSoil information system

土壌水分センサーをFSに繋ぐ


ISDN回線

農地情報モニタリングシステム

  一般人PC

(インターネット接続)

東京大学内

 データサーバ

データセンター

インターネット

EDITORIA

 管理用PC

NARO

NIAES

 モデル計算サーバ

嬬恋村

インドネシア

東北タイ

固定IP

ISDNモデム兼ルータ

無線LAN

IEEE802.11b

土壌水分センサー開発社

(USA)

LANポート

無線ブリッジ 

WZR-RS-G54HP

192.168.*.*


めざせ,地べたモニタリング

画像も含めた農地の状況(気象・土壌情報)をリアルタイムでモニタリング


事例1-キャベツの生長モニタリングImages of cabbage growth obtained by a web-camera of Field Server


農地情報観測データと土壌・植生モデルのリンク(群馬県嬬恋村キャベツ畑)

収穫前(6/23)

収穫 (7/18)

夏秋キャベツ生育中 (7/26)

二期作準備 (7/24)

苗の植付 (7/26)


事例2-東北タイ天水田の土壌情報モニタリング

↑2007.12.25

↑2008.5.23


Monitoring data

  • Meteorological data

    • air temperature

    • humidity

    • radiation

    • wind speed

    • Precipitation

  • Soil data at 4, 8, 16, 32 cm

    • soil moisture content

    • ground temperature

    • electrical conductivity

  • Image data of the site


WDS

MeshNet

RS232C

Meshnet router

DWL-2100AP

DWL-2100AP

FS02

FS11

Em50

Soil moisture sensors

MicroClient JR(FSAB)

DSL-520T

OpenVPN

PacketiX

WiFi for community

ADSL Internet

AIT

UT

土壌情報モニタリングシステム


Data storage (AIT – NARO – UT)

Real-time monitoring data sent from a rain-fed field

Fukatsu, et.al

Meteorological data are obtained as a xml-table and graphs


土壌水分の変化(2008-2009)


地温の変化(2008-2009)


年変動に順応した現地の農作業

2008/7/1

2007/7/1

水田の水位と降雨量の特徴およびフィールドサーバによる水田モニタリング

(2007年と2008年の比較;農業環境技術研究所;未発表)


コンケン調査圃場における,2007,2008年の水稲作付状況の推移(農業環境技術研究所;未発表)

  • コンケン郊外の調査圃場の概要

  • 全240筆,約10日毎に調査

  • 調査項目:

    • 水稲作付タイプ

    • (移植,直播,苗床,放棄地)

  •   湛水状況

    • (全湛水,部分湛水,無湛水)


東北タイにおける持続可能な農業のあり方

農民は畦をタイミングよく崩しながら、溜池の水を上手に使っている


10kmスケールの土壌水分測定


事例3ー食の安全モニタリング

  • 輸入野菜の生育・加工の現場と流通過程をモニタリングする手法の検討

    → 国民に安全な輸入農産物を提供するプロトタイプモデル開発基盤

  • http://www.cooplife.jp/horenso/


タイのほうれんそう栽培現場モニタリング

2007年12月20日にFS設置


安全な輸入農産物に関する情報利用実験

生産者と消費者がデータを共有

情報発見・統合ツール

ディスプレイ

(東大農学部食堂)

モニタリングセンサー

(タイほうれん草畑)

東大生協食堂のほうれん草は

100%タイ産

利用者の認知度が向上

コンテンツの制作と実証実験(溝口研)

Food communication


農業ICT-農学/農業分野における新たな情報利用の可能性を探る

  • 問題意識

    • 地球規模の食料問題の解決

    • 食の安全・安心の確保

    • 農地の適切な管理システム

      → 農業に対する正しい理解

  • 目標

    • インターネットを始めとするICT技術を積極的に農学/農業分野に導入することにより、世界の食料生産、地球環境保全、日本農業に貢献する


JST-JICA:その無謀な挑戦

  • 2008年5月ーチャレンジ

    • 課題:農業による気候変動への適応と生態系の保全

    • 領域:気候変動の適応又は緩和に資する研究

    • 母体:東京大学 農学国際専攻 (代表:黒倉)

    • 結果:不採択

  • 2008年11月ーリベンジ

    • 課題:情報通信技術を用いた持続可能な生物資源の生産・利用システムの構築

    • 領域:生物資源の持続可能な利用に資する研究

    • 母体:東京大学 情報学環 (代表:溝口)

    • 結果:不採択


JST-JICA(11月)の要点

  • 環境・エネルギー2【領域特定型】

    • 生物資源の持続可能な利用に資する研究

  • 提案課題名

    • 情報通信技術を用いた持続可能な生物資源の生産・利用システムの構築

  • 国内参画機関

    • 東京大学、農業環境技術研究所、農業・食品産業技術総合研究機構

  • 相手国名ベトナム

    • 南部水資源計画研究所


概要

  • 目的

    • 気候変動の適応策の立案に資するために、情報通信技術を用いて現地の生態系サービスをモニタリングするシステムを構築し、持続可能な生物資源の生産・利用の方法を提案する。

  • 概要

    • ICT(情報通信技術)を用いて農業気象・土壌状態・農業用排水路の水質等、農林水産業に関わる生態系サービスの現状を現地モニタリングするシステムを構築する。それらのデータに基づいて、生態系サービスの気候変動への脆弱性・適応性を定量的に評価し、土地利用計画、水利・防災、農家経営、農林水産技術等、アジアモンスーン地域における持続可能な生物資源の生産・利用の普及方策を提案する。


審査結果-不採択:ほとんど門前払い

  • 理由(JSTからの公文書)

    • 生態系サービスの気候変動に対する脆弱性・適応性を定量的に評価することは、実用的観点からも興味深いご提案です.しかしながら、極めてローカルなフィールドサーバーからのデータを、どのように生態系サービスの脆弱性・適応性評価まで結びつけるのかについての具体的な記述が無く、研究の出口が不明瞭です。更に、どのようなモデルや評価システムを活用するのかについての説明が不足しており、サブテーマを全体目標に沿ってどのように総合化するのかが見えません。以上により、残念ながら不採択とさせていただきました。

  • 敗因分析

    • 準備不足

      • 綿密な計画

      • 相手国との事前交渉不足

      • いかに相手国研究機関から挙げさせるか!

    • テーマの絞込み不足

      • 総花的ではいけない!


NN分野の宿命的な悩み

1. 今回応募した分野

  • 主分野0302環境(地域環境)

  • 副分野0210情報通信(センサ)

  • 0304環境(循環型社会システム)

  • 0723社会基盤(広域地域研究)

    2. 今回選択した提案内容に関するキーワード

  • 025農林水産物

  • 074モニタリング(リモートセンシング以外)

  • 076気候変動

  • 090環境調和型農林水産

  • 237地球観測

  • どの分野で応募すべきか?

  • JSTの分野区分の問題

    • 農業農村工学系が出し易い分野は何か?

    • 科学技術政策にいかに絡むか

    • 代表をどのように送り込むか


結論ー学会としての戦略的な研究推進

  • 研究ニーズの把握

    • 科学技術動向の把握と分析

  • 研究内容の充実

    • 誰もが納得する良い研究・提案

  • 審査区分に対する綿密な調査

    • 情報戦を勝ち抜く

    • 場合によっては審査区分の設計に関わる

  • 相手国とのWin-Win関係の構築

    • カウンターパートとの信頼関係


  • Login