Slide1 l.jpg
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 10

カフェ文化 PowerPoint PPT Presentation


  • 70 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

カフェ文化. 教育人間科学部 国際共生社会課程 4年  0754029  喜多埜桃. テーマを選んだ理由. 昨年度の個人研究でカフェの歴史について調べ、世界的にカフェ文化が人びとを惹きつける魅力的な空間として発展してきたことがわかってきた。そこから現代におけるカフェ文化の存在意義についてより考えを深めたいと感じたことがテーマを選んだ理由である。  また、カフェでのアルバイトや、ヨーロッパ旅行の経験、イタリアへの1カ月のホームスティ予定が、今回の研究テーマを考えるうえで、役立つだろうと考えている。. 章立て. 第一章 ヨーロッパのカフェ文化 第二章 日本のカフェ文化

Download Presentation

カフェ文化

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Slide1 l.jpg

カフェ文化

教育人間科学部

国際共生社会課程

4年 0754029 喜多埜桃


Slide2 l.jpg

テーマを選んだ理由

  • 昨年度の個人研究でカフェの歴史について調べ、世界的にカフェ文化が人びとを惹きつける魅力的な空間として発展してきたことがわかってきた。そこから現代におけるカフェ文化の存在意義についてより考えを深めたいと感じたことがテーマを選んだ理由である。

     また、カフェでのアルバイトや、ヨーロッパ旅行の経験、イタリアへの1カ月のホームスティ予定が、今回の研究テーマを考えるうえで、役立つだろうと考えている。


Slide3 l.jpg

章立て

第一章 ヨーロッパのカフェ文化

第二章 日本のカフェ文化

第三章 現代のカフェ文化


Slide4 l.jpg

第一章の概要

第一章 ヨーロッパのカフェ文化

     ①パリのカフェ文化

     ②ウィーンのカフェ文化

     ③イタリアのカフェ文化

 ヨーロッパを代表する国々のカフェ文化の起源や歴史について調べ、それぞれの国々に合ったカフェスタイルの理解を深める。パリとウィーンはカフェ文化を代表する二カ国であり、またイタリアのバールスタイルのカフェについて取り上げることで、世界に広がるカフェの多様性についても考えてみたい。


Slide5 l.jpg

第二章の概要

第二章 日本のカフェ文化

      ①起源、歴史

      ②日本のカフェスタイル

 日本にどのようにカフェが伝わり、発展してきたかについて取り上げる。日本の喫茶店についてヨーロッパのカフェとの共通点や相違点を考えていきたい。


Slide6 l.jpg

第三章の概要

第三章 現代のカフェ文化

      ①アメリカから世界に広がるカフェ

      ②日本で進化するカフェ

      ③現代に求められるカフェスタイル

 アメリカから生まれたスターバックスコーヒーなどのチェーン店が世界に広がっていることや、日本国内に広がる複合カフェについて取り上げる。そこから現代に求められているカフェスタイルがどのようなものかを考察する。


Slide7 l.jpg

結論として何が言いたいか

長い歴史を持つヨーロッパのカフェ文化や日本独自のカフェ文化、また世界に広がるアメリカのカフェ文化を知ることで、現代社会に求められるカフェの存在意義やカフェスタイルがどのようなものかを結論付ける。


Slide8 l.jpg

類似テーマとの類似点、相違点

平成20年度卒業生高場絢子

   「ハプスブルク家とカフェ文化」

類似点:第一章にヨーロッパのカフェ文化の代表である

      パリとウィーンについてとりあげている点。

相違点:第二章にカフェ文化の後発国である日本の

      カフェや、第三章にアメリカなどから発展し世界

      に広がる現代のカフェ文化、また日本独自で進

      化するカフェスタイルに着目している点。


Slide9 l.jpg

現在の進捗状況、今後の作成計画

6月 概要を決め、文献を探す

7月 イタリアホームスティ(1カ月)

8月 帰国後ヨーロッパのカフェ文化についてまとめる

9月 日本のカフェ文化について文献を読みまとめる

10月 現代のカフェ文化についての文献を読む

    実際に様々なスタイルのカフェに行く

11月 欧米や日本のカフェを比較し考察する

12月 現代に求められているカフェスタイルについて

    考察を深め、まとめる


Slide10 l.jpg

参考文献

  • 「珈琲事典」 新星出版社編集部

  • 「バール、コーヒー、イタリア人-グローバル化もなんのその」 島村菜津/光文社新書

  • 「ヨーロッパのカフェ文化」 クラウス ティーレ=ドールマン/大修館書店


  • Login