Atlas ftk
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 13

ATLAS 実験における FTK 受信モジュールの 開発構築と実機試験 PowerPoint PPT Presentation


  • 128 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

ATLAS 実験における FTK 受信モジュールの 開発構築と実機試験. 早大理工  白神賢 飯澤知弥、木村直樹、郡川智洋、昌子貴洋、  仲松弥、寄田浩平、他 ATLAS-FTK group 日本物理学会 2013 年秋季大会 高知大学 朝倉キャンパス 2013 /9/20 (金) 20pSM-10. FTK 全体像. Data Fomatter 各処理単位へ分配. Input Mezzanine ROD からの hit を Cluster 化. Dual-output HOLA ROD の出力を FTK 用にコピー. Waseda. FNAL.

Download Presentation

ATLAS 実験における FTK 受信モジュールの 開発構築と実機試験

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Atlas ftk

ATLAS実験におけるFTK受信モジュールの開発構築と実機試験

早大理工 白神賢

飯澤知弥、木村直樹、郡川智洋、昌子貴洋、

 仲松弥、寄田浩平、他 ATLAS-FTK group

日本物理学会 2013年秋季大会

高知大学朝倉キャンパス

2013/9/20(金)

20pSM-10


Atlas ftk

FTK全体像

Data Fomatter

各処理単位へ分配

Input Mezzanine

RODからのhitを

Cluster化

Dual-output HOLA

RODの出力を

FTK用にコピー

Waseda

FNAL

UChicago

ATCA

AM board(並列)

パターンパッチング

AUX board(並列)

トラックフィッティング

PISA

Argonne

FTK to LVL2 Crate

FTK全飛跡情報をLVL2へ

日本物理学会 2013年秋期大会


Ftk input

FTKのInput

Advanced Telecom

Computing Architecture

Pixel (IBL)

80Mch (12M)

SCT

6Mch

x 4crate

DF

バンチ衝突

~20(40)MHz

x8枚

ROD

ROD

~75kHz

Within 2.5μs

Event rate: 100kHz

~1kHz

Within

40ms

ROD data:

40MHz 32bit data

(最大2hitを含む)

Fiber x4

ROB

ROB

IM(計128枚)

512 Fiber links(Pixel/IBL:256, SCT:256)

LVL2 CPU Farm

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

受信部の詳細(IM)

FPGA一つがPixel, SCTそれぞれを一つずつ受け取りClusteringを行う

→FPGAには全て同じFWを実装できる

Pixel

FMC

FPGA

Spartan6

SCT

to DF

from ROD

Pixel

SCT

Fiber links

Clustering

SCT

Pixel

ToT

5

1

2

3

4

φ

η

平均: 3.5幅: 4

: ToTの重み付け平均

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

受信部の詳細(DF)

並列処理のためのデータ分割及びoverlap regionにおけるhitのsharingを行う

η方向を4分割

φ方向を16分割

overlap

region

ビーム軸

ビームスポット

η方向ではビーム衝突点のz positionを考慮して、φ方向ではトラックの曲率からヒットを重複分配する → 取り回しが複雑に

最上流における、高速・複雑な処理を可能にし、柔軟性や堅牢性を持たせる為にATCAを採用

ATCA用にIMのoutputを変更

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

テスト用IMから実機用IMへ

DFの開発に伴いIMをそれまでのテスト版から実機版へと変更

VME用IM

ATCA用IM

DF

EDRO

VME

ATCA

VME用IM

ATCA用IM

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

IMテスト戦略

Standalone Test

@Waseda

Test @CERN

Test @FNAL

Test @Waseda

←疑似ヒット

送信モジュール

Pixel/SCT

↓評価ボード

ROD

HOLA

Mini-backplane

ATCA

DF

ATCA

読み出し

読み出し

読み出し

FTKシステム下流へ

η-φ Tower

・IMのみのテスト

・変更点であるOutputのテスト

・IM-DF Communicationテスト

・Inputのテスト

・データフローテスト

・実際の運転環境でのデータフローテスト

DONE

~2013,7

DONE

~2013,8

On-going

2013,9 ~

2013,11~

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

Standalone Test @Waseda

320MHzでは output全線を同一のClock phaseで読み出すのは困難

それぞれの線ごとに読み出すClock phaseを変えることも可能だが、、、

↓評価ボード

3になってしまう

立ち上がりが早い

Kintex7FPGA

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

データ読み出しの様子

評価ボードを用いてIMのみのテスト

VME用IM → ATCA用IMに伴う変更点の動作確認を行った

200MHz DDRでラッチすることで、FPGA内での線ごとの配線の差が減少

→→ データ読み出しに成功

IMでデータ作製

FMCコネクタを介してLVDS320MHzでoutput

評価ボードでreferenceと比較し、PCで読み出し

16進数

16進数

16進数

16進数

16進数

16進数

16進数

16進数

2

8

1

1

4

4

3

8

1

4

4

2

8

8

1

2

~finalize

Spartan6

FPGAs

4

4

8

2

8

1

1

2

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

DATA (2進数表示)

PCで読み出し

2

4

8

2

4

8

1

1

4

1

2

2

8

8

1

4

日本物理学会 2013年秋期大会

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..

IMが送信するデータ : X”888…8”→ X”444…4” → X”222…2” → X”111…1” →..


Atlas ftk

Test @FNAL

  • IM-DF間のコミュニケーションテスト

  • ATCAに実装する代わりにMini backplaneからの電源供給にてテスト

2013,8/29

Fermilab High-rise 10Fにて

データ読み出しの様子

IMが送信するデータ : X”aaa…a”→ X”555…5” →..

(200MHz : 1clockあたり5ns)

IMでデータ作製

DF内のreferenceと比較

μ controller、Mini backplaneを介して、PCで読み出し

Clockを5/16 ns

遅らせて読み出し

Clockを5/16 ns

遅らせて読み出し

good

bad

good

bad

さらに、5/16 ns

遅らせて読み出し

さらに、5/16 ns

遅らせて読み出し

bad

bad

good

good

bad

good

good

bad

Mini backplane

good

bad

bad

bad

裏には μ controllerが

IM-DF初接続の記念すべき瞬間!!

PCで読み出し

→ データの読み出しに成功

ATLASで使用するエレクトロニクスの要求:Error Rate < 10-16をクリア

日本物理学会 2013年秋期大会


Atlas ftk

[email protected]

  • Clustering FWを実装しての、データフローテスト

    • 疑似ヒット送信モジュール → IM → DF(ATCA) → PC

  • 現在は、Mini backplaneでのテストを行っている

    • Inputの動作確認を行った後、 DF(ATCA)でのテストに移行

  • PC

    疑似ヒット

    疑似ヒット送信モジュール

    クラスター化

    PC

    Mini backplane

    ATCA

    Run controlで制御

    日本物理学会 2013年秋期大会


    Atlas ftk

    Test @CERN

    • ATLASのトリガーフロー本流に干渉しないように、Pixel/SCTの一部領域の実データを受け取って、実際の運転環境でのFTK動作テストを行う

    • 並列処理における単一の処理単位系でのテスト(Vertical Slice)

    • 昨年末、VME用IMではテスト済

    [email protected]

    Test @CERN

    疑似ヒット

    送信モジュール

    IBL/Pixel/SCT

    実ヒット

    疑似ヒット

    DF

    DF

    IM

    IM

    クラスタ情報

    クラスタ情報

    読み出し

    η-φ Towerへ

    日本物理学会 2013年秋期大会


    Atlas ftk

    今後の予定

    2014

    2015

    13(14) TeV Run

    シャットダウン (増強)

    LHC

    • Test @CERN (with IBL ROD & ATCA)

    • Quality Controlを整備

    インストール・運用

    IM

    • 最終版IMの量産

    • Quality Control

    • 次期IM設計・製造

    • 量産に向けて、最終テストスタンドの構築

    日本物理学会 2013年秋期大会


    Atlas ftk

    纏めと展望

    • 開発は戦略的かつ段階的に行っており、順調である

    • [email protected]

      • 読み出しに成功、エラーレート< 10-16

      • IM-DF間の通信プロトコルを決定

    • IM量産に向けて、最終テストスタンドの構築を開[email protected]

    • SCT, PixelのFWも作成中

    • 次期IM(〜最終版)のデザインを開始

    • 年内にIBLROD& [email protected]

    • IMの量産に向けたQCを整備する

    • 年度内に最終版を決定・量産へ

    • QCを終えた後、2014年度始めにCERNへ輸送しインストール

    日本物理学会 2013年秋期大会


  • Login