Web
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 32

Web リンク構造を用いた 観光情報分析 PowerPoint PPT Presentation


  • 51 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

Web リンク構造を用いた 観光情報分析. 北海道工業大学 電気工学専攻 齋藤翔太. 研究背景. インターネット上での観光情報発信が活発となっている. この情報を有効活用するための試みが行われている. 北海道観光の分析を,W eb リンク構造に着目して行なう. インターネット上の北海道観光情報の発信状況について調査. 観光サイトの発見・収集の可能性の検討を行なった.. 研究背景. Web マイニング データマイニングを Web 上の情報に適用 Web 利用マイニング Web サーバに対するアクセスパターンの発見 Web 内容マイニング

Download Presentation

Web リンク構造を用いた 観光情報分析

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Web

Webリンク構造を用いた観光情報分析

北海道工業大学 電気工学専攻

齋藤翔太


Web

研究背景

  • インターネット上での観光情報発信が活発となっている.

  • この情報を有効活用するための試みが行われている.

  • 北海道観光の分析を,Webリンク構造に着目して行なう.

  • インターネット上の北海道観光情報の発信状況について調査.

  • 観光サイトの発見・収集の可能性の検討を行なった.


Web

研究背景

  • Webマイニング

    • データマイニングをWeb上の情報に適用

      • Web利用マイニング

        • Webサーバに対するアクセスパターンの発見

      • Web内容マイニング

        • Webドキュメントにおける内容パターンの発見

      • Web構造マイニング

        • ハイパーテキストのリンク構造パターンの発見


Web

分析方法

  • 定義

  • 北海道市町村の集合

  • 市町村自治体URLの集合

※2005年7月現在のTmax=207

  • キーワード


Web

市町村名とURL

  • 207市町村全てが,Webサイトを開設している.


Web

分析方法

l1

l2

l3

l4

l5

l6

  • キーワードSWをサーチエンジンに入力した結果の取得

※ iの値は,結果順位の値とする.

L(SW)

キーワードSW


Web

分析方法

  • liに含まれるURL(出次)集合を取得

  • liにリンクしているURL(入次)集合を取得

IL(li)

OL(li)

li


Web

実験

  • 207市町村(2005年7月現在)全てを対象として,以下の実験を行なった.

    • 実験1

      • 各北海道市町村名とキーワードから抽出されたURLについて重複数の調査

    • 実験2

      • 観光入込数と市町村自治体サイトへの入次数との関係について調査

  • サーチエンジンには,Livedoorウェブサーチを用いた.

※http://www.livedoor.com/


Web

実験1

  • キーワードSWは,ti+”観光”

  • サーチエンジンにSWを入力し,L(SW)を取得

  • 全検索結果から,重複URLを抽出

  • 出現URLの平均順位の算出

  • 調査日

  • 2005年7月

  • 2005年12月

  • 2006年2月


1 2005 7

実験1結果 ページ別(2005年7月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


1 2005 12

実験1結果 ページ別(2005年12月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


1 2006 2

実験1結果 ページ別(2006年2月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


1 2005 71

実験1結果 ホスト別(2005年7月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


1 2005 121

実験1結果 ホスト別(2005年12月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


1 2006 21

実験1結果 ホスト別(2006年2月)

※重複数の%はカバー率

(重複数をTmax(= 207)で割った値)


Web

実験1

SW=“北海道”+”観光” によるキーワードサーチで,上位に出現するサイト


Web

実験1 考察

  • ページ単位では,自治体・観光サイトへのリンクを集めたページが多く出現する傾向にある.

  • ホスト単位では,自治体・観光サイトが多く出現する.

  • “北海道 観光”をキーワードとした結果とは異なる


Web

実験2

  • 各自治体サイト si に対しての入次 IL(si)を取得

  • 観光入込数とIL(si)との関係を調査

  • 入次は,リンクページサーチ機能による結果を用いた

    • 「link: si 」 をキーワードとして入力する

      • 例(札幌市) link:http://web.city.sapporo.jp/

    • siにリンクされているページが検索結果となる

  • 入込総数は,北海道経済部による平成16年度の調査を基にした


Web

実験2の結果(1)

※入込総数は,北海道経済部による平成16年度の調査を基にした


2 2 2005 7

実験2の結果(2)2005年7月

札幌市

帯広市

千歳市

旭川市

小樽市

函館市

全市町村

  • 札幌市が他市町村から大きく離れている

  • 入込数,入次数ともに「市」が高い値を示す傾向にある


2 2005 7

実験2 カテゴリでの考察(市) 2005年7月

札幌市

帯広市

千歳市

旭川市

小樽市

釧路市

函館市

登別市

市カテゴリ


2 2005 71

実験2 カテゴリでの考察(村) 2005年7月

大滝村

中札内村

厚田村

洞爺村

占冠村

留寿都村

村カテゴリ


2 2005 72

実験2 カテゴリでの考察(圏域) 2005年7月

道南圏域

道北圏域

道央圏域

十勝圏域

オホーツク圏域

釧路・根室圏域

入込数最大値 16000

入次数最大値 1800

※圏域分類は,北海道経済部調査「平成16年度 北海道観光入込数調査書」による


2 2005 73

実験2 カテゴリでの考察(道央) 2005年7月

札幌市

喜茂別町

千歳市

虻田町

小樽市

登別市

道央圏域


2 2005 74

実験2 カテゴリでの考察(道南) 2005年7月

函館市

上磯町

森町

長万部町

七飯町

道南圏域


2 2005 75

実験2 カテゴリでの考察(道北)2005年7月

旭川市

稚内市

中富良野町

東川町

富良野市

上川町

美瑛町

道北圏域


2 2005 76

実験2 カテゴリでの考察(十勝) 2005年7月

十勝圏域

帯広市

新得町

足寄町

音更町


2 2005 77

実験2 カテゴリでの考察(オホーツク) 2005年7月

紋別市

網走市

小清水町

北見市

美幌町

斜里町

留辺蕊町

オホーツク圏域


2 2005 78

実験2 カテゴリでの考察(釧路・根室) 2005年7月

釧路市

厚岸町

根室市

阿寒町

弟子屈町

釧路・根室圏域


Web

実験2 考察

  • 観光入込数と自治体サイトへのリンク数は比例していない

    • 入込数が少なくとも,インターネット上で注目されている市町村がある


Web

まとめ

  • インターネット上における北海道観光情報の発信状況についてWebリンク構造利用の観点から調査した.

  • 今後の課題

    • ページ内容の形態素分析等を含めた調査


Web

Webリンク構造を用いた観光情報分析

北海道工業大学 電気工学専攻

齋藤翔太


  • Login