Swcx 0 25kev rosat swcx
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 9

SWCX : 0.25keV ROSAT マップのどのあたりが SWCX か? PowerPoint PPT Presentation


  • 44 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

Q and A 1 2014/6/1. SWCX : 0.25keV ROSAT マップのどのあたりが SWCX か?. Q: Sofue A: Ezoe. Q (祖父江). 添付は、 Soft X, HI, Zodiacal light, Equatorial NP/SP を比較したものです 0.25 keV X rays はむしろ銀極付近の HI ホールと相関しているように見えます。 偶然でなければ 0.25 keV の大半は銀河ディスク起源のように見えます。. (三原).

Download Presentation

SWCX : 0.25keV ROSAT マップのどのあたりが SWCX か?

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Swcx 0 25kev rosat swcx

Q and A 1 2014/6/1

SWCX :0.25keV ROSATマップのどのあたりがSWCXか?

Q: Sofue

A: Ezoe


Swcx 0 25kev rosat swcx

Q(祖父江)

  • 添付は、Soft X, HI, Zodiacal light, Equatorial NP/SP を比較したものです

  • 0.25 keV X raysはむしろ銀極付近のHIホールと相関しているように見えます。

  • 偶然でなければ0.25 keVの大半は銀河ディスク起源のように見えます。


Geocorona ppt p7

(三原)

まず、geocoronaについて江副さんのpptのp7を引用させていただきます。

このように最初All-skyマップを作ったら、スキャンの筋がいっぱい出た(とはいっても緑のレベル)。これがgeocoronaのSWCXのX線の影響ということで、太陽風の強い時期を除いて作ったらきれなマップになった。定常geocorona成分としては青レベル以下であろう。Geocorona SWCXは太陽風の強い時期を取り除けば、除外できる。


Swcx 0 25kev rosat swcx

A(江副)

①Robertson, Cravens, Snowden (2003) の見積もり。

論文にはなっていないようなので学会発表のスライドを2ページ抜粋。

  • Helio SWCX の ROSAT 1/4 keV map への寄与計算の結果を2つ

p1: heliolatitude, longitude で書いた太陽圏の H, He, による SWCX、geocorona SWCX (定常成分)、そしてそれらの合計です。

geocorona SWCX の定常成分(LTE や Fujimoto et al. などの 増光的な成分ではないもの)は太陽圏に比べておそらく桁で低いと思われています。

また helium focusing cone、geocorona などの構造のため空間分布には特長が出ています。


Swcx 0 25kev rosat swcx

← 高いところでもたかだか320.

← このコントアでは青いレベル。

← 銀河面放射はほとんどなくなる。右上(l=-90から-180, b=45)が下がる。

p2: これらを galactic coordinate に直した場合の map。

構造が残りますが、強度的には ROSAT 1/4 keV map の全てを説明することはできないと見積もられています。空間分布も違うように見えます。


Swcx 0 25kev rosat swcx

(三原)

  • なのでROSAT ¼マップの大部分は、銀河系の構造(LHB)と考えてよいようだ。

  • かたや、左上の明るい部分を1/4バンドを含め観測したWisconsinのカロリメータ実験(松岡ppt p9 で引かれた Crowder,S.G.+ 2012 )では、(以下abstractから編集。)

    • helium-like Ovii (ROSATでは 3/4keVバンド)

      • The observed centroid of is 568+2−3 eV.

      • thermal emission 568.4 eV, charge exchange 564.2 eV are expected.

      • ここでCXでは太陽風の?ドップラー(2000km/s)のため輝線エネルギーが変わる。

      • thermal emission appears to dominate for this line complex.

      • (>32% thermal emission for Ovii )

      • The dominance of thermal emission is consistent with much of the high-latitude Ovii emission originating in 2–3×106 K gas in the Galactic halo. (銀河ハロー起源)

    • Cvi (ROSATでは 1/4keVバンド)

      • The observed ratio of Cvi Lyγ to Lyα is 0.3±0.2.

      • 0.04 for thermal emission, 0.24 for charge exchange are expected.

      • indicating that charge exchange must contribute strongly to this line

      • therefore potentially contribute to the rest of the ROSAT 1/4keV band, which is usually associated with 106 K emission from the Local Hot Bubble.

      • (>20% from charge exchange for C vi).

      • ここですね。

      • 前頁(P2の図)では「ROSAT ¼マップのレベル1200のうち280(23%)はHelioSWCX」abstract http://adsabs.harvard.edu/abs/2003AGUFMSH11C1126Rでは「25% at high galactic latitudes」という見積もりでしたが、

      • ここでは>20%。ということはコンシステントですね。(25%くらいがHelio SWCXで、75%がLHB)


Rosine lallement koutroumpa heliospheric swcx

A(江副)

②Rosine Lallement (Koutroumpa の師匠) による Heliospheric SWCX だけの見積もり

Fig 1 :①の研究と似たような結果になっていて、

強度も factor 1.5 程度でしか変わっていないように見えます。


Swcx 0 25kev rosat swcx

Fig 2, 3 が ROSAT bandとの強度分布の比較で、方向によって変わりますが、やはり 全てを説明するまでには至っていないという結論です。Fig 2 caption :In a number of regions the ROSAT emission is stronger or much stronger than the heliospheric emission, even in this “maximum” contamination case.

Fig 3 caption :At high galactic latitude the emission is in average twice the maximum heliospheric contribution.


Swcx 0 25kev rosat swcx

  • 注意点として、これらは寺澤先生が研究会でご紹介された例の IBEX リボン(高速中性子の空間分布)の結果が出る前なので、今後、多少変わる可能性が あるのかもしれません。勉強が必要ですが、モデル化すると面白そうです。


  • Login