基礎情報技術
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 41

基礎情報技術 ー第 4 日目ー PowerPoint PPT Presentation


  • 86 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

基礎情報技術 ー第 4 日目ー. 平成 23 年 5 月 13 日(金) 担当:亀田. 確認. 授業で使用した資料は授業終了後に Web にて公開します。 授業中はノートなどにメモを取ってください。 (キーワードや図だけでも結構です。) 本日出される (?) レポート課題 No.1 は来週 (明日ではない)の授業終了時に集めます。. 宿題(再掲). 大学の掲示版として、「個人専用の掲示板」を作るとしたらどんなものがいいのかを考え、以下の3点に関して文書化しなさい。 表示画面のデザイン(外見のデザイン) 提供する情報・サービス(情報デザイン)

Download Presentation

基礎情報技術 ー第 4 日目ー

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4

基礎情報技術ー第4日目ー

平成23年5月13日(金)

担当:亀田


4

確認

  • 授業で使用した資料は授業終了後にWebにて公開します。

  • 授業中はノートなどにメモを取ってください。(キーワードや図だけでも結構です。)

  • 本日出される(?)レポート課題No.1は来週(明日ではない)の授業終了時に集めます。


4

宿題(再掲)

  • 大学の掲示版として、「個人専用の掲示板」を作るとしたらどんなものがいいのかを考え、以下の3点に関して文書化しなさい。

    • 表示画面のデザイン(外見のデザイン)

    • 提供する情報・サービス(情報デザイン)

    • サービスの利用形態(誰がいつ何をどのように等)

最終回までの課題でしたよね!

これは授業最終回の時に提出してもらいます。


4

参考文献

  • 情報デザイン原論「ものごと」を形にするテンプレート,ロバート・ヤコブソン(編), 食野雅子(訳),電機大出版局(2004).


4

それでは始めましょう

  • 一呼吸して、気持ちをこちらに集中させてください。

集中力を高め、それを維持し続けることは成功のための秘訣です。訓練してください。


4

前回までのポイントの確認

  • ITのプロになるためには何が必要か?これを考えるための素材をお話しました。

    • SEの仕事はプログラミングだけではない

    • ソフトウェアのライフサイクル

    • オブジェクト指向

    • モデリング言語 UML など

  • ソフトウェア開発過程の概要

  • UMLの概説


4

ITのプロとは

  • 技術に関して深い理解がある

    • 哲学・思想(個別技術から技術史等に対する)

  • 技術を身につけている

    • オブジェクト指向、UML、デザインパターン など

  • 仕事の進め方を知っている

    • ソフトウェアとは

    • ソフトウェア開発とは

    • プロジェクトとは など

  • コスト計算ができる

    • 実社会の在り方・仕組みを理解している。

大学ではまず基礎・基本をしっかり身につけよう!


4

ソフトウェアのライフサイクル

  • 何を作るの?

  • どうるの?

  • 作成作業(デバッグも)

  • 本当にできた?

  • 実際に使おう!

  • ちょっと変更

  • 要求分析

  • 設計

  • プログラミング

  • デバッグ

  • 評価

  • 運用

    ⇒再び1へ戻る

ソフトウェアの開発工程でもある


Uml 3

UMLでの各種ビュー(3)

論理ビュー

ユースケースビュー

クラス図

オブジェクト図

シーケンス図

アクティビティ図

ユースケース図

ステートマシン図

(ステートチャート)

コミュニケーション図

(コラボレーション図)

コンポーネント図

配置図

コンポーネントビュー

並行性ビュー

配置ビュー


4

今日の話し

  • 要求分析

  • ユースケースとユースケース図

  • よい設計とは

  • Javaプログラミング(おまけ)

  • その他


4

要求分析

  • まずはここから始まる。(「必要は発明の母」)


4

要求分析

  • 電子掲示板システム(東京工科大向け)

  • コーヒーメーカ

  • カードゲーム(BlackJack)

  • 図書館システム

  • 小売店販売管理システム など


4

コーヒーメーカ


4

WikiPediaより引用(2008/05/16)


4

要求される仕様

  • 商品名:Mark IV Special

  • 用途:コーヒーを入れるための装置

  • 具体的な仕様は配布資料参照のこと。

  • これを元に要求を分析してみよう(深く理解してみよう)


4

分析メモ

  • (その前に)


4

ユースケース

  • ユースケースとは、システムが提供するサービスや機能をユーザの視点から記述するもの。

  • ユースケースを表現する方法は2つある。

    • ユースケース記述(シナリオ記述)

      • 文章で記述

    • ユースケース図

      • ダイアグラムで記述


4

ユースケース記述

  • ユースケース記述は大きく2つに大別される

    • 基本ユースケース

      • 標準的なあるいは本来の処理を記述

    • 代替ユースケース

      • 例外的なケース(場合)を記述

        例:ログイン失敗 など


4

販売システムのユースケース記述例

  • 販売システムの流れ(基本ユースケース記述)


4

販売システムのユースケース記述例

  • 販売システムの流れ(基本ユースケース記述)

    • レジ係りがスキャナで商品のバーコードを読み取る。

    • 商品の値段・商品名、現在までの合計金額をお客にディスプレイ表示。値段・説明はレジ係りにも表示。

    • 値段と商品名が書かれたレシートを印刷。

    • バーコードが認識されたことを音でレジ係りに知らせる。


4

販売システムのユースケース記述例

  • 販売システムの流れ(代替ユースケース記述)

    •  (考えてみよう!) 


4

販売システムのユースケース記述例

  • 販売システムの流れ(代替ユースケース記述)

    • バーコードが読み取れない

    • バーコードが書かれていない

    • 会計処理途中で停電になった

    • お客さんがいなくなった


4

スキャナの紹介(雑談)

  • バーコード(例:JANコード、ISBN)

  • QRコード(2次元コード)(自由課題):興味のあるひとは、一度じっくり調べてみてください。


4

ユースケース図を描いてみよう

  • (販売システムのユースケース)


4

ユースケースの参考書

  • ユースケース実践ガイド―効果的なユースケースの書き方,アリスター コーバーン,翔泳社(2001).

  • “Writing Effective Use Cases,” Alistair Cockburn, Addison-Wesley(2001).


4

さて、…


4

コーヒーメーカのユースケース記述とユースケース図


Uml astah

便利なUMLツール(astah)の紹介

  • 各自ダウンロードしてください。

  • 中村太一先生の講義用ホームページ(学内専用サイト)から正規版がコピーできます。(CS学部生限定!!!)

  • 簡単な説明を次回授業中にします。

  • フリー版(Community版)でもかまいません。

  • 他のUMLツールでもOKです。


4

自由課題

  • UMLツールとしてどのようなものがあるのか、調べなさい。

    • ソフトウェア名

    • 製造・販売会社名

    • 価格

    • 機能

    • 動作環境

    • その他


4

よい設計とは

  • 分かりやすい

  • 変更しやすい

  • 再利用しやすい などの特徴を持った設計のこと


4

設計を悪くする要因

  • 硬直性

  • 脆弱性

  • 低移植性

  • 粘着性

  • 不要な複雑さ

  • 不要な繰り返し

  • 不透明さ


4

  • 硬直性:システムの変更しにくさ。

  • 脆弱性:1つの変更が他の多くの変更を     引き起こしてしまう。

  • 低移植性:システムのコンポーネント化が     不十分なため、再利用しにくい。

  • 粘着性:エディットーコンパイルーテストが     終わらない。


4

  • 不要な複雑さ:いつか役立つであろう         コードであふれている。

  • 不要な繰り返し:カット&ペーストの           オンパレード。

  • 不透明さ:内容が込み入っていて作成者の      意図が見えない。


4

では「良い設計」はどうすればいいのか?

  • (次回以降、順次説明します。)


4

ここから重要なお知らせ


4

自由課題:Javaプログラミング

  • スライドに関するプログラム例

  • 実際に実行してみてください。

  • プログラムの詳細を理解してください。

  • パラメータを変えて実行してみてください。

  • ソースコードはWebページにおいておきます。


4

必ず提出してください

宿題(確認)

  • 大学の掲示版として、「個人専用の掲示板」を作るとしたらどんなものがいいのかを考え、以下の3点に関して文書化しなさい。

    • 表示画面のデザイン(外見のデザイン)

    • 提供する情報・サービス(情報デザイン)

    • サービスの利用形態(誰がいつ何をどのように等)

仲間と相談してもいいよ。

最終回までの課題でしたよね!

これは授業最終回の時に提出してもらいます。


4

この宿題のための予備として次のページのレポート課題No.1を次回までにやってください。(単位取得希望者全員)


4

レポート課題No.1

  • 大学の掲示版として、「個人専用のWeb版の掲示板システム」を東京工科大学に提案したい。そのために、システム提案書(第1版)を作成してください。提案書の内容構成(目次)は、以下のようにしてください。(まずは、書ける範囲で結構ですが、目次の1,2,4の青枠の部分は最低限書いてください。)

仲間と相談してもいいよ。

これは次回提出してもらいます。


4

レポート課題No.1(続き)

  • 表紙(授業のWebを参照のこと)

  • 目次

    • 東京工科大学の抱えている課題・利用学生の不満

    • 問題解決のための方法

    • システム化の範囲

    • 機能概要・前提条件・制約条件

    • 情報やデータの流れ

    • 想定する利用者

    • システムのハードウェア構成・ソフトウェア構成

    • システム化にかかる費用とそれによる効果

    • このシステム提案のアピールポイント


4

おわりに

  • 次回は…

    • グループに分かれてPBLを実施します。(Project Based Learning)

    • PBL自体については次回説明をします。

    • グループごとにソフトウェア開発を実践してもらいます。

    • 従って、たくさんのドキュメントを書きます。

    • PCとともに、筆記用具を必ず持参してください。


  • Login