海洋生態系の変化の
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 22

海洋生態系の変化の 評価・データベース化 PowerPoint PPT Presentation


  • 58 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

海洋生態系の変化の 評価・データベース化. 松田裕之  Hiroyuki Matsuda 横浜国立大学・環境情報/海センター 生態リスク COE プログラムリーダー Pew Marine Conservation Fellow 2007 WWF ジャパン 自然保護委員 日本水産学会 水産政策委員 日本生態学会 生態系管理専門委員. 今日の話題. 海洋におけるデータベース 漁業と資源管理の評価について 生物多様性条約への貢献. http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2009/090509JBON-2.html. 海洋分科会.

Download Presentation

海洋生態系の変化の 評価・データベース化

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


海洋生態系の変化の評価・データベース化

松田裕之 Hiroyuki Matsuda

横浜国立大学・環境情報/海センター

生態リスクCOEプログラムリーダー

Pew Marine Conservation Fellow 2007

WWFジャパン 自然保護委員

日本水産学会 水産政策委員

日本生態学会 生態系管理専門委員


今日の話題

  • 海洋におけるデータベース

  • 漁業と資源管理の評価について

  • 生物多様性条約への貢献


http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2009/090509JBON-2.html

海洋分科会

プログラム案(演題は仮)5月9日9-12時

  • 白山義久:CoMLの活動とデータベースOBIS

  • 仲岡雅裕:浅海域(干潟・磯・藻場)の生物多様性・生態系モニタリングとデータベース構築

  • 山野博哉:サンゴ礁の保全とデータベース

  • 風呂田利夫:外来種とデータベース(仮)

  • 松浦啓一:魚類データベースの現状と課題

  • 檜山義明:日本の水産資源評価とデータベース

  • 総合討論

    • 多田邦尚:瀬戸内海の水質環境と植物プランクトンの短期・長期変動 

    • 杉崎宏哉:日本周辺海域の動物プランクトンデータと種組成の長期変動

    • 加藤秀弘:北西太平洋における鯨類多様性とその変動;個体群動態と生態学的地位の分析


白山さん差替え

Census of Marine Life (CoML)


仲岡さん差替え

浅海域(干潟・磯・藻場)データベース


山野さん差替え

サンゴ礁データベース


風呂田さん差替え

外来種データベース


松浦さん差替え

http://www.fishbase.org/search.php

魚類データベース


檜山さん差替え

http://abchan.job.affrc.go.jp/index1.html

日本の水産資源評価とデータベース

http://kokushi.job.affrc.go.jp/index-2.html


http://home.att.ne.jp/grape/shindo/FAOPlus.htm

FAO FISHSTAT


齊藤さん差替え

Vessel Monitoring System (VMS)


多田さん差替え

植物プランクトン長期変動データ 

  • 水研・水試の役割と今後の危機


杉崎さん差替え

日本周辺海域の動物プランクトン

  • 小達コレクション


加藤さん差替え

鯨類データベース

  • 国際捕鯨委員会(IWC) 目視調査

  • 調査捕鯨データ(日鯨研)


今日の話題

  • 海洋におけるデータベース

  • 漁業と資源管理の評価について

  • 生物多様性条約への貢献


漁業崩落 Fishing down (MA 2005)

  • FAO FISHSTAT + FISHBASE により計算可能

  • 必ずしも乱獲の指標としては適切ではない

  • 日本のMTLが高い=生態的負荷が高い


Catch and mean trophic level in Japan


WWF 2002

生態学的負荷Ecological Footprint

生物的収容力


農林水産統計より

漁業の現状

1977年以後の漁獲量の幾何平均より高いものを豊漁、半分以下を不漁、中間を並漁とし、各年ごとの種数を集計。下位の魚種が増え続けている。サケ類、カタクチイワシ、ブリ、ホッケ、サワラ、ハタハタ、スズキ類、イセエビ、ホタテ貝、ウバ貝などが最近高位であり、その一部は資源管理成功と種苗生産の結果である。最近減少している魚種にマイワシ、スケトウダラ、メヌケ類、キチジ、ハモ、クルマエビ、タラバガニ、ハマグリ類、アサリ類、コンブ類、テングサ類などがある。本来はEEZ海域内だけの漁獲量で長期的に解析すべきである。

不漁

並漁

豊漁  

生物多様性総合評価指標案


Catch of fisheries resources in Shiretoko WNH (Matsuda et al. 2009)

Catch of sardine, anchovy, red king crab, Sebastes and herring substantially decreased by >96%. Greenling decreased their catch by 70% and the fish price by 64%

No Fishing Down

北海道、水産現勢より


今日の話題

  • 海洋におけるデータベース

  • 漁業と資源管理の評価について

  • 生物多様性条約への貢献


今後の展望(陸上も共通)

  • 生物多様性への影響(負荷)を定量的に計る

    • その上限を定め、それを各国に配分する

    • 負荷の取引を促す

  • 生態学的負荷(EF)で計る

    • EFの上限=漁獲量の上限(TAC)=枠の取引(ITQ)

    • EFの算定方法を精緻化する

  • 生物多様性期待損失(ELB)で計る?

    • 絶滅危惧種だけでなく、普通種の激減も影響大

  • 一次生産力(PM)で計る

    • CO2排出と計算方法、手順がかなり重複するはず


  • Login