高齢者の「生きがい」と地域社会
Download
1 / 21

- - - PowerPoint PPT Presentation


  • 96 Views
  • Uploaded on

高齢者の「生きがい」と地域社会 -生活実態と関わって・京都府舞鶴市におけるケーススタディから-. 山田 一隆 ・ 石見 利勝 立命館大学大学院政策科学研究科 1999 年 11 月 13 日 社会・経済システム学会第 18 回大会. 本研究の目的. 本邦高齢化問題は,大きく分けて2つ. 人口構成上の変化 平均寿命の伸長に伴うライフデザインの再構成 約8割を占めるという「元気なおとしより」を対象に. 平均寿命の伸長に伴う生涯時間の増加を受けて,高齢期を「人生の主要な段階」の一つと位置づけた上で, 社会的貢献の実態,潜在的ニーズ,参加と満足感の関連を明らかにすること.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' - -' - elaina


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

高齢者の「生きがい」と地域社会-生活実態と関わって・京都府舞鶴市におけるケーススタディから-

山田 一隆 ・ 石見 利勝

立命館大学大学院政策科学研究科

1999年11月13日 社会・経済システム学会第18回大会


本研究の目的

  • 本邦高齢化問題は,大きく分けて2つ.

    • 人口構成上の変化

    • 平均寿命の伸長に伴うライフデザインの再構成

  • 約8割を占めるという「元気なおとしより」を対象に.

  • 平均寿命の伸長に伴う生涯時間の増加を受けて,高齢期を「人生の主要な段階」の一つと位置づけた上で,

    • 社会的貢献の実態,潜在的ニーズ,参加と満足感の関連を明らかにすること.

    • 高齢者の「生きがい」創造の地域社会の中での仕組みを構築していくこと

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


研究のながれ

実証データの収集と

分析前処理

社会的貢献に関する実態,潜在的ニーズ,参加と満足感の関連に関する分析

政策射程の再構成の必要性の検討

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


研究対象地域

  • 京都府舞鶴市

    • 大都市圏から比較的離れている.

    • 農村部と都心部の両方を内包している.

    • 人口94,784人,65歳以上人口17,964人.

    • 高齢者人口比率19.0%.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


調査の概要

舞鶴市に在住する65歳以上の男女のうち,層化二段階(年齢*性別)無作為抽出によって選ばれた510名.

アンケート調査票を郵送配布,郵送回収.

回収数332,回収率65.1%.

調査に当たっては,舞鶴市役所の協力を得ている.

調査項目

回答者の基本属性

経済的条件

生活の時間と空間

健康状態

生活への意欲

仕事と家庭・余暇との両立

地域社会との関わり

生活の充実

生活の見通しと幸せ感

高齢者生活実態調査

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


データ

1995年国勢調査小地域別データによる,年齢階級別人口,産業別就業15歳以上人口.

若年人口比率,高齢者人口比率,産業別(3分類)就業者15歳以上人口比率,および地理的なまとまりを考慮して設定.

地域区分

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


地域区分

  • データ

    • 1995年国勢調査小地域別データによる,年齢階級別人口,産業別就業15歳以上人口.

    • 若年人口比率,高齢者人口比率,産業別(3分類)就業者15歳以上人口比率,および地理的なまとまりを考慮して設定.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


仕事

農村部では「未だ現役」層が約3分の1.他地区は半数以上が「無職」.

若い頃は,都心部では,「商工サービス」,市街地周辺部では,「サラリーマン」.

経済的状態

現金収入は,「市街地周辺部」,「都心部」,「農村部」の順に高い.

定年退職(引退)前の職業に依存している.

地域特性別にみた高齢者の特徴

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


地域特性別にみた高齢者の特徴

  • 趣味・余暇

    • 日常生活での最も大きな楽しみは,「趣味」.

    • 「気楽に働きたい」,「ゆっくりしたい」.

  • 家庭か仕事か

    • 「サラリーマン」は,やはり「仕事人間」?

    • 「自営業」は,家族との結びつきを大切にしている.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


地域特性別にみた高齢者の特徴

  • 家庭・社会での信頼・役割感

    • 都心部・農村部では「家族」.

    • 周辺部では「家族と社会」.

  • 地域との関わり

    • 農村部では「老いてもなお」よき相談相手.

    • 周辺部では「相談なし」「つきあいなし」が3割.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


地域特性別にみた高齢者の特徴

  • 都心部

    • 未だ現役の自営業とサラリーマン・シニアが混在.

    • 家族や地域との関係性を感じつつ,「趣味」も楽しんでいる.

  • 農村部

    • 第一次産業従事者が多い.経済的事情もあって「未だ現役」.

    • 家族や地域との関係性を強く感じている.

  • 市街地周辺部

    • サラリーマン・シニアが多い.

    • 家族との同居率は比較的低いが,家族の「絆」は強い.

    • 「社会的貢献」への意欲はあるが,地域に「場」が見いだせない.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


4つの高齢者像

  • 「未だ現役」の高齢者

    • 家族や地域社会に支えられた「働きがい」.

    • 自営業者,農業従事者に多い.

    • 都心部,農村部に多い.

    • 健康上の不安は大きい.

  • 「趣味を謳歌する」高齢者

    • 第二の人生を「趣味」に生きることに決めた有閑層.

    • サラリーマン・シニアで比較的富裕な層.

    • 周辺部,都心部に多い.

    • 「地縁」よりも「テーマ」.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


4つの高齢者像

  • 「社会的貢献」に関心を示す高齢者

    • 新たな活動の場を求める「欲求不満」層.

    • リーダーシップを発揮してきたサラリーマン・シニア.

    • 周辺部に多い.

    • 地域の生活情報から断絶された状態?

  • 「テレビ・ラジオ」を楽しむ高齢者

    • 後期高齢者を中心とした健康上の制約が大きくなってきた層.

    • いずれの地域にも多くみられる.

    • つつましく,平穏な暮らしを志向.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


社会的貢献と生活満足の関係

  • 生活の充実感

    • 「社会的貢献」への関心,地域社会での相談相手となっていることが,「生活の充実感(多忙感)」を高めている.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


社会的貢献と生活満足の関係

  • 生活の見通し

    • 「社会的貢献」への関心を持っている人,地域社会での相談相手となっている人のほうが,「生活の見通し」が明るい.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


社会的貢献と生活満足の関係

  • 幸せ感

    • 「社会的貢献」への関心を持っている人,地域社会での相談相手となっている人のほうが,「幸せ感」が高い.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


生活の充実感と生活満足の関係

  • 生活の充実感=忙しくしていること,役割を持っていること

    • 「充実している」と感じている人のほうが,明るい生活見通しを持っており,「幸せ感」も高い.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


まとめ-実態調査からわかったこと

  • 同一の各種行政サービスを受けている単一自治体においても,地域特性によって「高齢者像」が大きく異なる.

  • 高齢者の現在の生活意向には,若年・壮年期の生活意向や職業状態が大きな影響を与えている.

  • 高齢者の「社会的貢献」への潜在的なニーズは依然として高いが,それに応えうるだけの「場」がない.

  • 「社会的貢献」や地域社会への参加は,高齢者の明るい生活見通しや幸せ感の向上に寄与しうる.

  • 高齢者の「生きがい」創造を地域社会で実現するためには,彼らの「役割意識」を担保する仕組みが重要である.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


まとめ-政策射程の再構成に関わって

  • これまでの高齢者施策

    • 保健・福祉・医療のいわゆる「お世話施策」.

    • 2割の要介護高齢者を主な政策対象として.

  • これからの高齢者施策

    • 介護保険制度の開始.

    • 8割の「元気なおとしより」も対象として.

    • 本当の「老人保健施策」=「生きがい」施策への転換が必要.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


まとめ-政策射程の再構成に関わって

  • 「高齢者」という年齢による「くくり」からの開放が必要.

    • 「ヨコ」割りから「タテ」割りへ

      • 「社会的貢献」に限定すれば,若年・壮年層にも共通した政策課題となっている.

      • 世代間の「交流」から世代「一体」へ.

    • 「タテ」割りから「ヨコ」割りへ

      • 施策間の連携による「場」のストックと「情報」のフローを作る枠組みの必要性.

山田一隆・石見利勝(立命館大学)


Ikigai and community for elderly people

--a case study in Maizuru-shi, Kyoto pref.

Kazutaka YAMADA and Toshikatsu IWAMI

Gaduate School of Policy Science, Ritsumeikan University

JASESS 18th Annual Symposium, Nov. 13, 1999


ad