Download
1 / 13

8 ・文明と国家 - PowerPoint PPT Presentation


  • 150 Views
  • Uploaded on

8 ・文明と国家. 2011.06.14. 青山 ・文化人類学. 「文明」の 登場前夜. 人類がほぼ全世界に拡散したあと、なにが起きたのだろうか? 7,000 ~ 8,000 年前まで遡ると、一定領域の環境が支えうるヒトの数の上限である、 10 ~ 300 人程度のコミュニティが散在する、共通した状態であったと考えられる …… 「ムラ」的状況 周囲の環境から得られる食糧で支えうる人数 対面 状況が保持しうるコミュニティの限界人数 自分の行為の結果を直接に気にする必要性のある 人数 いわゆる「縄文のムラ」的なものが世界中に散らばっていたと考えてよい

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 8 ・文明と国家' - dustin


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

8・文明と国家

2011.06.14.青山・文化人類学


8・文明と国家

「文明」の登場前夜

  • 人類がほぼ全世界に拡散したあと、なにが起きたのだろうか?

  • 7,000~8,000年前まで遡ると、一定領域の環境が支えうるヒトの数の上限である、10~300人程度のコミュニティが散在する、共通した状態であったと考えられる……「ムラ」的状況

    • 周囲の環境から得られる食糧で支えうる人数

    • 対面状況が保持しうるコミュニティの限界人数

    • 自分の行為の結果を直接に気にする必要性のある人数

  • いわゆる「縄文のムラ」的なものが世界中に散らばっていたと考えてよい

    • さまざまな環境に応じて、さまざまな食糧を森や林、海や河、草原や砂漠から得て暮らしてゆく力は、どの集団も持っていた


8・文明と国家

「文明」の登場

  • 環境に規定される「上限」に対して、人間は、人智をもって働きかけてそれを拡大しようとし始める

  • そのきっかけとなったのが、

    • 栽培農業……自分たちで食糧を計画的に作る

    • 物資の蓄積……その日暮らしでなく、安定的に暮らす

    • 王権……複雑化した社会を統御する

  • 対面状況を超える規模のコミュニティの登場……「マチ」的・都市的状況

  • いわゆる4大文明の登場につながっていくのが、こうした「マチ」的・都市的状況の出現


8・文明と国家

生業~文明のモデル図

王権・行政

職人による手工業

交易・商業

採集・狩猟

牧畜

農耕


8・文明と国家

ヤノマモとわたしたちの差

  • 王権の登場~文明の登場によって、コミュニティが維持し得る人口は飛躍的に増大した

  • このことにより、

    • 過去からの文化の「蓄積」量が等比級数的に増した

    • コミュニティ自体が、人為的な(疑似)環境として機能するようになった

    • 上記2点の結果として、環境への適応の幅が広がるとともに、社会が複雑化した

  • 各地に登場した文明は、周辺コミュニティを呑み込みながら、さらに複雑化した

    • cf. 中華文明の周辺としての日本列島


8・文明と国家

文明と文化

  • 文化とは:

    • それぞれの環境に適応しながら、(ムラ的)社会を支えてくれるルールや技術・知識

    • 人類のどのコミュニティにも普遍的に存在する

    • 「文化」を共有する人間集団の単位が「民族」……どの程度似ていれば「文化を共有している」か、逆にどの程度違えば「文化を共有していない」かは、一概には決まらない(民族ごとの「主観的」な感覚が影響するため)

  • 文明とは:

    • 採集狩猟/牧畜/農耕//商業交易/手工業//王権 の6要素のセットにより「マチ」的・都市的社会を築くようになったシステム

    • 地球上のいくつかの地域に偏在して発生し、周辺文化を呑み込みながらより大きなシステムとなっていった

    • その一つである現代物質文明にわれわれは属している


8・文明と国家

文化を支える単位

差異が顕在化した結果、そこに境界が作られ、空間に社会A/Bが生じる

社会A

個人B

個人A

社会B

Cf. 隣同士は仲が悪い~仲が悪いからこそ同じになれず隣になる


8・文明と国家

国民国家以前=王国の時代

  • 王権の発達により、世界各地で王国/帝国が出現する

    • 土地と人民は王様のもの、ある王様の持ち物の範囲が「くに」

    • 「くに」同士が戦って、負けた方は一部/全部の土地と人民を勝った方の王様にわたす

  • 王様という「個人」が主体となり全能者となっている限りにおいて、国内の民族間対立自体が国をゆるがす問題にはならない……すべては王の御心のまま

    • 当然、王国の時代にも「民族」という意識はつくられつつあったが、それが主権を握らないかぎり先鋭化はしなかった(できなかった)


8・文明と国家

民族の構築(1)―王国の時代―

王国という空間

領民B

~民族B

領民A

~民族A

領民Aと領民Bが接触した結果、なんらかの差異から民族は構築される

しかしながら、より上位の権威である王により、差異は抑えこまれる


8・文明と国家

革命=市民国家/国民国家の誕生

  • 王の一人決めは許さない→王を打倒

    • 王様のものだった土地と人民はだれのものとなるか?

    • 「わたしたち」のものだ!

  • では「わたしたち」ってだれとだれ?

    • それが決まらないとどこまでがひとつの国か決まらない!

    • 「わたしたち」の再確認作業として「民族=国民nation」の踏み絵が始まる

    • 1-state内の1-nationとしての純化作業

  • ナショナリズムの登場


8・文明と国家

民族の構築(2)―国民国家の時代―

×

国民国家B

国民国家A

国民B

国民A

王の打倒により差異が顕在化した王国空間内に、国民国家A/Bが生じる

それぞれの国民国家は国民を同定するために、「言語の同一性」

「人種の同一性」「文化の同一性」「民族の同一性」を新たに創り出す


8・文明と国家

複数性の罠

  • 複数性の罠

    • のびちぢみする「わたしたち」:果てしなく膨張可能な範囲

    • 「わたしたちがわたしたちのことを決める」:2つの「わたしたち」の中身が同一とは限らない


8・文明と国家

ナショナリズムの流れ

  • 第1期ナショナリズム

    • 「国民」の自決(1830~1880年代、ヨーロッパ)

    • だれが国民であるのかは自明であり、それにふさわしい国家を求める

  • 第2期ナショナリズム(1nation-1state=ウィルソン主義)

    • 「少数民族」の自決(1916年から1920年代、東ヨーロッパ)

    • まず国民たり得る民族はだれかが問題になり、それを解決した上で、国家の範囲が随伴的に決まってくる

  • 第3期ナショナリズム(脱植民地主義 decolonization)

    • 「有色人種」の自決(第二次大戦後~1960年代、アフリカ・アジア)

    • 国家の範囲は自明であり、その中に国民が形成されていく

  • 第4期ナショナリズム(エスノ・ナショナリズム)

    • 「エスニック集団」の自決(1960年代中庸から、アフリカ・アジア・ヨーロッパ・北米)

    • 既決であるはずの国民の見直しが行なわれ、エスニック集団を単位とする新しい「主人」が発見される


ad