マクロ・マーケティング
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 35

マクロ・マーケティング PowerPoint PPT Presentation


  • 80 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

マクロ・マーケティング. 流通とマッチングとマーケティング. 交換の難しさ. モノと モノの交換 は容易ではない。 昔も現代も交換の困難さは変わらない。 でも、欲しいものが有るとコンビニなどに出かけ買い物をする。 そしてその店に は、当たり前に自分の欲しいものが取り揃えられている。 これらが実現するのは流通があるから。 そこで流通を考察するために「交換」を検討. 交換が困難な理由. 異なる価値のものを交換するから 交換の 条件 交換相手を探し出さなくて は ならない あなたの持っているもの を欲しがる人 あなたが欲しがる もの を 持っている 人

Download Presentation

マクロ・マーケティング

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4302624

マクロ・マーケティング

流通とマッチングとマーケティング


4302624

交換の難しさ

  • モノとモノの交換は容易ではない。

  • 昔も現代も交換の困難さは変わらない。

  • でも、欲しいものが有るとコンビニなどに出かけ買い物をする。

  • そしてその店には、当たり前に自分の欲しいものが取り揃えられている。

  • これらが実現するのは流通があるから。

  • そこで流通を考察するために「交換」を検討


4302624

交換が困難な理由

  • 異なる価値のものを交換するから

  • 交換の条件

    • 交換相手を探し出さなくてはならない

      • あなたの持っているものを欲しがる人

      • あなたが欲しがるものを持っている人

    • 交換比率を決めなくてはならない

      • 交換価値において合意するのは困難

      • 使用価値はそれぞれ異なる

      • 量的な比較ができない


4302624

自給経済から交換経済へ

  • 自給自足から物々交換への移行は、余剰生産物を持ったときにはじまる。

  • 生産側は余剰生産物を見込みでより多く作る。

  • 消費側はその商品をあてにするようになる。

  • 交換の困難さを克服しなくてはならない。

  • 交換相手や交換比率に伴う不確実性克服のために「市場(いちば)」が生まれた。


4302624

不確実性のプール

  • 何らかの形でまとめることを「プール」

  • 不確実性はプールすることで克服される。

  • 「市場(いちば)」が交換を促進するのは、交換に伴う不確実性がプールされるから

  • コミュニティ紙における「売ります、買います」コーナーは、一種の不確実性プールの場。


4302624

交換の困難さ克服のアイデア

  • 「市・市場(いちば)」という交換の場

  • 「お金」という一般的等価物

  • 「商人」という取引仲介者


4302624

商人の存立根拠

  • 取引回数節約

  • 不確実性プール

  • 時間的・場所的隔たり(懸隔)の克服


4302624

なぜ交換するのか?

  • 人間は集団を作るから自給自足といっても交換はあった。

  • 共同体以外の世界との間は略奪で入手

  • 略奪は犠牲を伴う。

  • 平和的に同様の効果を生むものとして交換が工夫された

  • 「沈黙交易」は世界中に見られた。


4302624

沈黙交易

交換成立!

部族2

部族1

交換台A

交換台B

部族3

財2

財1

財3


4302624

沈黙交易

交換ならず!

部族1

交換台A

交換台B

部族4

財1

財4


4302624

交換のための3つの工夫

  • 交換してもよいものを一カ所に集める

  • 別の交換のために品物を手元にプールしておく役割を果たす者の登場

  • 次の交換に使える共通の価値尺度としての「貨幣」誕生


4302624

場としての「市場(いちば)」

市場

参加者1

参加者4

参加者2

参加者5

参加者3

参加者6


4302624

貨幣を介しての交換

販売者1

購入者2

販売者2

購入者1

財1

貨幣

財2


4302624

「商人」を介しての交換

売手1

商人

買手1

財1

売手2

買手2

財2

売手3

買手3

財3


4302624

交換範囲の拡大

  • 「いちば」「貨幣」「商人」により交換の範囲は拡大

  • 「いちば」は小売市場として生活必需品の流通を担当。

  • 「大市(おおいち)」により遠隔地からの生産物を流通。

  • 地理的・時間的にも広がり、分業が一層進展。

  • 流通機能を担当したものが「商人」


4302624

懸隔の種類

  • 生産者と消費者との間の隔たり

  • 生産の時点と消費の時点の隔たり

  • 生産者の情報と消費者の情報の隔たり

  • 生産量と消費量の隔たり

  • 生産者の提供する質と消費者が求める質の隔たり


4302624

商人の役割

  • 取引数節約効果

  • 情報縮約効果

  • 販売の社会性

  • 懸隔の克服


4302624

直接流通の取引回数

生産者1

消費者1

生産者2

消費者2

生産者3

消費者3


4302624

間接流通の取引回数

生産者1

消費者1

生産者2

商人

消費者2

生産者3

消費者3


4302624

情報縮約効果

生産者1

商人

消費者1

財1

生産者2

消費者2

財2

生産者3

消費者3

財3


4302624

販売の個別性

生産者1

財11

財12

財13

消費者

生産者2

財21

財22

財23

生産者3

財31

財32

財33


4302624

販売の社会性

生産者1

財11

財12

財13

商人

消費者

生産者2

財21

財22

財23

生産者3

財31

財32

財33


4302624

懸隔の克服

生産者

商人

消費者


4302624

流通の主導権争い

  • 19世紀までは卸が流通の支配者

  • 大規模小売業や大手通信販売業者の登場

  • 巨大メーカーによるマーケティング

  • 結果として、卸は流通から排除される傾向

  • メーカーによる卸排除は、商業者の社会性を排除する行為

  • 流通の主導権は大手メーカーと大手小売業


4302624

流通は財の流れ

売手

(メーカー)

買手

(消費者)

流通

小売

物流

金融


4302624

流通を理解することの意味

  • 商業者の社会的・経済的役割を明らかにすることは

    • 流通のメカニズムを明らかにすること

    • 市場の需給調整メカニズムを明らかにすること

  • 流通・商業を注目することは

    • 「見えざる手」の働きを明らかにすることである。

  • 流通を明らかにすることは市場メカニズムを明らかにすること

    (注)市場の役割はアダムスミスによって「見えざる手」と表現された。


4302624

流通に関する研究

  • マクロ・マーケティング

    • 流通プロセス全体を明らかにしようとする研究

    • 流通の仕組み全体を明らかにしようという研究

    • 流通全体のマッチングを対象とする研究

  • ミクロ・マーケティング

    • 個別の企業、特にメーカーを中心としたマッチングを対象とする研究

    • 個々の主体が果たしている役割を明らかにしようとする研究


4302624

マッチングの方法

色々なところで造られてきたモノを集めて販売

消費者が求めているものを造る

商業者の行うマッチング

メーカーの行うマッチング

最近では明確に差はなく、小売業も造ることにまでかかわってきている


4302624

マーチャンダイジング

  • 従来は

    • 商業者のとるマッチングの方法

    • 品揃えのための仕入政策

    • セレクトショップ

  • 今日では

    • 商人が生産まで関わることでマッチングを促進

    • 大手小売業がPBを保有

    • PBは小売業が自ら生産にかかわる

    • POSデータを活用しPBを造り、メーカーに提案

    • SPA


4302624

SPA

  • Specialty Store Retailers of Private LabelApparel

  • PBのアパレルを売る専門小売店

  • 小売業者が生産に関わる好例

  • 単に仕入だけでなく、企画し造るところまで含めてマーチャンダイジング(MD)と呼ぶ


4302624

チームMD

  • 流通業者が生産にまで関わる仕入政策

  • 仕入だけでなく、企画し、造ることがMD

  • イトーヨーカドー では、納入先のメーカーと購買担当者が共同して商品企画・生産計画などを立案


4302624

流通の種類

  • 商流

    • 取引の流れ

  • 物流

    • モノの流れ

  • 情報流

    • 市場の動きに関する情報の流れ


4302624

流通機能の組み合わせ

  • マッチングは誰が行ってもよく、メーカー・卸・小売・消費者がそれぞれマーケティングを行える。

  • 商流・物流・情報流を多様に組み合わせると

    • BtoC(企業対消費者)

    • CtoC(消費者対消費者)

    • CtoB(リバースオークション)

      注)リバース・オークション:購入したい商品を消費者が提示して、それに企業が応札する形式


4302624

経済学の課題

  • ドラッカーは流通を暗黒大陸と表現

  • 近代経済学は、流通を担う商人がやってきたことを対象としてこなかった。

  • 経済学における均衡概念は、市場において需要と供給とが釣り合うことを意味している。

  • 需要と供給とが自然に市場で出会い、そこに価格が成立するというわけではない。

  • 市場参加者によるマッチングの努力があって初めて需要と供給は出会う。

  • 近代経済学では、需要と供給とを出会わせる上での商人の役割を解明してこなかった。

  • 流通の世界は、経済学では無視されてきた。


4302624

需要曲線と供給曲線

価格

需要曲線

供給曲線


  • Login