記載のポイント
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 3

****** PowerPoint PPT Presentation


  • 46 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

記載のポイント. ******************** 技術システム実証事業. 別添 1-3. 案件形成. 公募. FS. 実証. 現在の位置づけを黄色塗りで表現. 1.事業の内容. 4 .事業規模・実施期間. 予算総額:*億円(民間企業負担分も加えると* 億円) 事業期間:平成 26 年 4 月~平成 2 *年*月 . ****. どこで、どこの分野の技術を実証するのか、を簡潔に記載. 基礎. MOU. FS. 2 .対象国との関係. 実証事業. FU. ***. 進捗に応じて記載

Download Presentation

******

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4419912

記載のポイント

********************技術システム実証事業

別添1-3

案件形成

公募

FS

実証

  • 現在の位置づけを黄色塗りで表現

1.事業の内容

4.事業規模・実施期間

  • 予算総額:*億円(民間企業負担分も加えると* 億円)

  • 事業期間:平成26年4月~平成2*年*月 

  • ****

  • どこで、どこの分野の技術を実証するのか、を簡潔に記載

基礎

MOU

FS

2.対象国との関係

実証事業

FU

  • ***

  • 進捗に応じて記載

  • ハイレベルレベルの発言、共同声明などを日時、場所を明記して記載

5.実証事業実施体制

  • ステークホルダー毎(主にオーナー(IPP事業者等)、EPCコントラクター、メーカー、O&M会社の4者)に役割分担を明確化。事業予算の出所も記載。

  • 青字は役割。オレンジは関係。日本ポーションは青塗り、相手国ポーションは赤塗りで表現。

3.技術の概要

  • ******

  • 事業で実施する技術の概要を記載。

  • 専門用語をなるべく使わず、平易な文章を心がける(一般文系レベルを想定)

  • できるだけ、実証システムの図も添付し、わかりやすさを重視。コアとなる技術にスポットライトが当たるように意識。

実証技術システムの想定図

  • NEDO負担総額を記載(億円単位)

  • ()内に委託先の負担額も含めた合計額を記載

  • 線表に大まかなスケジュールを記載

  • 線表には適宜「現在」を示すマークを追記


4419912

6.想定される市場規模、成果(具体的目標)

8.具体的なビジネスモデル

  • ******

  • ***。

  • 「何を」、「誰にたいして」、「どうやって」売っていくのかを記載。

  • 日本の強み(弱み)、相手国ニーズ等を明確化するなど、売っていくための戦略を記載

  • 投資回収年数や、IRR等、その魅力が定量化できるものはできる限り記載。

  • 同国における商材市場の規模

  • その市場における日方の参入シェア

  • シェア予測については、「想定」されるシェアを優先。他の類似事業とくらべて、楽観的過ぎる市場、シェア予測となっていないかチェックのこと

  • 上記、いつ時点の話かを明記。2020年、2030年をできるだけ抑える。

  • 極力根拠を示しながら記載

9.ビジネス体制イメージ

  • 記載のルールは「5.事業実施体制」と同じ。

  • ファイナンスの出所や、ステークホルダー毎(運営会社、EPCコントラクター、メーカー、O&M会社等)に役割分担を明確化。

  • そのうち、日本がどこで儲けるつもりなのかがわかるように記載。

  • それぞれの事業主体の収支を簡単に記載し、お金の流れを見える化し、実際にビジネスとして成り立つモデルなのかを記載

7.実証の必要性及び意義

  • ****

  • 国(NEDO)が関与する必要性を記載。例えば、実証事業でブレークスルーできることは何かを記載。

  • 民間だけで参入が困難な理由、NEDO事業に求めることなど

  • 民間のみで実施できるものでないか、政府の働きかけ、国費を投じる必要性があるかを確認していく


4419912

International Demonstration Projects for ********************************************

提案フェ-ズを以下から選択

[1]Basic research

[2]Feasibility Study

[4]Follow-up Activity

1. Overview

4. Budget scale and period

  • Budget scale : ***million yen (NEDO budget ***million yen)

  • Period : (month), 2014~ (month), 20XX

  • ****

  • どこで、どこの分野の技術を実証するのか、を簡潔に記載

BS

MOU

FS

2. Background, Bilateral relation

Demonstration

FU

  • ***

  • 進捗に応じて記載

  • ハイレベルレベルの発言、共同声明などを日時、場所を明記して記載

5. Implementation framework

  • ステークホルダー毎(主にオーナー(IPP事業者等)、EPCコントラクター、メーカー、O&M会社の4者)に役割分担を明確化。事業予算の出所も記載。

  • 青字は役割。オレンジは関係。日本ポーションは青塗り、相手国ポーションは赤塗りで表現。

3. Contents of the project

  • ******

  • 事業で実施する技術の概要を記載。

  • 専門用語をなるべく使わず、平易な文章を心がける(一般文系レベルを想定)

  • できるだけ、実証システムの図も添付し、わかりやすさを重視。コアとなる技術にスポットライトが当たるように意識。

Demonstration System Image

  • 実施サイト負担、民間負担を含む予算総額規模とNEDO負担額を( )中に記載(million yen単位)

  • 線表に大まかなスケジュールを記載

  • 線表には適宜「現在」を示すマークを追記

ポイント:相手国政府機関等(CP省庁)に協力の枠組み構築可能性を確認する際、提示可能な内容レベルで英語で記載


  • Login