[
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 21

[ Last Update 2012/02/29 ] PowerPoint PPT Presentation


  • 33 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

[ Last Update 2012/02/29 ]. 建築環境工学・建築設備工学入門 <基礎編>. 1-4-4 冷媒回路のしくみ<ヒートポンプを分解すると>. ヒートポンプは熱をくみ上げ、移動させる. 暖房時. 2 つの、非常に基本的な物理現象を利用しているだけ. 基本原理 その1. 気体の圧縮・膨張で、温度差を作る. 気体は. 圧縮すると温度が上がる. 膨張すると温度が下がる. 基本原理 その2. 温度差 のあるものを接触させ、熱を移動. 0 ℃. 0 ℃. 0 ℃. 50 ℃. 0 ℃. -20 ℃. ヒートポンプの冷媒回路. 室内機.

Download Presentation

[ Last Update 2012/02/29 ]

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


[Last Update 2012/02/29]

建築環境工学・建築設備工学入門

<基礎編>

1-4-4

冷媒回路のしくみ<ヒートポンプを分解すると>


ヒートポンプは熱をくみ上げ、移動させる

暖房時

2つの、非常に基本的な物理現象を利用しているだけ


基本原理

その1

気体の圧縮・膨張で、温度差を作る

気体は

圧縮すると温度が上がる

膨張すると温度が下がる


基本原理

その2

温度差のあるものを接触させ、熱を移動

0℃

0℃

0℃

50℃

0℃

-20℃


ヒートポンプの冷媒回路

室内機

室外機

室内機と室外機が配管でつないである


ヒートポンプの冷媒回路

室内機

室外機

室内機と室外機が配管でつないである

熱を伝える物体「冷媒」が循環している


ヒートポンプの冷媒回路

冷房時

室内機

室外機

「冷媒」は液体・気体と姿をかえながら熱を運ぶ


「冷媒」 気体←→液体 変化と熱のやりとり

熱を加えると、液体は気体になる


「冷媒」の形態変化と熱のやりとり

熱を放出して、気体は液体になる


ヒートポンプ内部での「冷媒」のようす

液体・気体と姿をかえながら熱を運ぶ

冷房時


冷媒の温度変化・熱のやりとり 4つの場面

冷房時

2 凝縮

3 膨張

膨張弁

熱交換器

室外機

室内機

熱交換器

圧縮機

1 圧縮

4 蒸発


室外機>圧縮機で「圧縮」

冷房時

1 圧縮

高温・高圧の気体

低温・低圧の気体

冷媒はここで

低温・低圧の気体→高温・高圧の気体 になる


室外機>圧縮機で「圧縮」

冷房時

1 圧縮

圧縮機

気体の冷媒を圧縮することで圧力と温度が上がる。

高温・高圧の気体

低温・低圧の気体

日常生活に見る

「圧縮」

空気入れで圧縮すると、タイヤ内の空気の圧力と温度が上がる。


室外機>熱交換器で「凝縮」

冷房時

2 凝縮

中温・高圧の液体

高温・高圧の気体

冷媒はここで、室外へ熱を放出し

高温・高圧の気体→中温・高圧の液体 になる


室外機>熱交換器で「凝縮」

冷房時

2 凝縮

熱交換器(室外機)

高温で気体の冷媒が外気と熱交換をして高温の液体になり凝縮熱を放熱する。圧力が高いので温度が高くても沸騰せず、冷媒は液体のまま。

中温・高圧の液体

高温・高圧の気体

空気中の水分が冷たいコップに冷やされて水滴となって表面につく。

圧力鍋では圧力が加わり、高温でも沸騰せず、液体のまま。

日常生活に見る

「凝縮」


室内機>膨張弁で「膨張」

冷房時

3 膨張

低温・低圧の液体

中温・高圧の液体

冷媒はここで

中温・高圧の液体→低温・低圧の液体 蒸発はじまる


室内機>膨張弁で「膨張」

冷房時

3 膨張

低温・低圧の液体

膨張弁

液体の冷媒の一部が膨張することで、温度が下がる。

中温・高圧の液体

スプレーを連続噴出すると内部の圧力が減圧され冷たくなる。

膨張弁は水道栓と同じ。上流側は圧力が高いが、下流側は低くなる。

日常生活に見る

「膨張」


室内機>熱交換器で「蒸発」

冷房時

4 蒸発

低温・低圧の液体

低温・低圧の気体

冷媒はここで、室内から熱を奪い

低温・低圧の液体→低温・低圧の気体 になる


室内機>熱交換器で「蒸発」

冷房時

4 蒸発

低温・低圧の液体

熱交換器(室内側)

液体の冷媒が空気と熱交換をして、蒸発熱を奪って気体になる。

低温・低圧の気体

注射などでアルコール消毒をする時、アルコールが蒸発して皮膚の熱を奪い涼しくなる。

「冷媒」も蒸発しやすい液体である。

日常生活に見る

「蒸発」


ヒートポンプはこのサイクルを繰り返している

冷房時

2 凝縮

3 膨張

1 圧縮

4 蒸発


発 行

社団法人 空気調和・衛生工学会

(SHASE: The Society of Heating, Air Conditioning and Sanitary Engineers of Japan)


  • Login