slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
民主党議員  × IOJ 日本のエネルギーを考える意見交換会

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 33

民主党議員  × IOJ 日本のエネルギーを考える意見交換会 - PowerPoint PPT Presentation


  • 52 Views
  • Uploaded on

民主党議員  × IOJ 日本のエネルギーを考える意見交換会. 2010 年 2 月 14 日(月). IOJ 紹介. IOJ とは 本意見交換会の目的. 日本のエネルギー状況概要. 原子力エネルギーを除くと、 日本のエネルギー自給率はたった 4 %. 各国のエネルギー自給率比較グラフ 食糧自給率、その他国の指標となる自給率との比較表. 日本のエネルギー源の 7 割は、 供給リスクの高い輸入天然資源. エネルギー基本計画より. つまり、一見、豊かに見える今の国民の生活も、 実は薄氷の上に成り立っているようなもの。。。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 民主党議員  × IOJ 日本のエネルギーを考える意見交換会' - cherokee-guerrero


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

民主党議員 ×IOJ日本のエネルギーを考える意見交換会民主党議員 ×IOJ日本のエネルギーを考える意見交換会

2010年2月14日(月)

slide2
IOJ紹介
  • IOJとは
  • 本意見交換会の目的
slide4
原子力エネルギーを除くと、日本のエネルギー自給率はたった4%原子力エネルギーを除くと、日本のエネルギー自給率はたった4%
  • 各国のエネルギー自給率比較グラフ
  • 食糧自給率、その他国の指標となる自給率との比較表
slide5
日本のエネルギー源の7割は、供給リスクの高い輸入天然資源日本のエネルギー源の7割は、供給リスクの高い輸入天然資源

エネルギー基本計画より

つまり、一見、豊かに見える今の国民の生活も、

実は薄氷の上に成り立っているようなもの。。。

slide6
国民が直面しているエネルギー供給リスク-天然資源の枯渇-国民が直面しているエネルギー供給リスク-天然資源の枯渇-
slide7
国民が直面しているエネルギー供給リスク2-輸入経路の封鎖 -
  • マラッカ海峡、および、その他リスクの大きな経路例とそれぞれのリスクレート表
slide8
国民が直面しているエネルギー供給リスク3-輸入価格の高騰-国民が直面しているエネルギー供給リスク3-輸入価格の高騰-
  • 世界のエネルギー需要予測グラフ
  • 天然エネルギーの値段予測グラフ

→●●年には、4人家族の電気代が▲円上がる

   →宅急便の金額が■円上がる

   →その他打撃を受ける産業の企業倒産率

slide9
そんな日本の将来にとって、原子力エネルギーは救世主!そんな日本の将来にとって、原子力エネルギーは救世主!
  • 非化石燃料(原子力、水力、風力、太陽熱)のエネルギー創出効率比較表
slide10
原子力エネルギーのメリット 3C

①安定供給

Continuous

③環境にやさしい

Clean

②安い

Cheap

3c c ontinuous c heap c lean
原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)

電気事業者等は、ウランの安定供給を確保するため、長期契約の他、世界各所に権益を確保することに努めている。

ウラン資源の産出国は、石油や天然ガス等に比して世界の多様な地域に分布している。

3c c ontinuous c heap c lean1
原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)
3c c ontinuous c heap c lean2
原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)原子力エネルギーのメリット 3CContinuous(安定)・Cheap(安い)・Clean(環境に優しい)
slide14
でも、原子力エネルギーは危険なのでは?

チェルノブイリ・・

もんじゅ・・

柏崎・・

slide16
原子力発電 ≠ 原爆
  • 原爆と原子力のウランの違い
slide17
日本ではチェルノブイリのような事故は起きません日本ではチェルノブイリのような事故は起きません
slide18
放射能は、私達の日常生活の中でも取りこんでいるほど身近な存在放射能は、私達の日常生活の中でも取りこんでいるほど身近な存在
slide19
こんな強い味方の原子力エネルギーに国民の将来を救ってもらうには。。。こんな強い味方の原子力エネルギーに国民の将来を救ってもらうには。。。
  • 原子力によるエネルギー供給の割合を高める必要があります。 14%→32%へ

  (*何故32%が妥当な数字なのか要説明)

基数↑UP× 稼働率↑UP= エネルギー供給↑UP

up up
原子力によるエネルギー供給↑UP- 原子力発電基数↑UP-
  • 世界における絶対基数比較
  • 国民一人あたりの発電基数など他国との比較
  • 世界各国の増加計画 

ex) フランスは○→○ ブラジルは△→ △

up up1
原子力によるエネルギー供給↑UP- 利用率↑UP-
  • 世界との稼働率の比較
  • 稼働率が60→90%になると年間9000億円の儲かる

 →4人家族で毎年3万3000円浮きます。

slide22
豊かな国民生活を維持するための鍵

原子力エネルギー供給↑UP( 14→32%)

=

基数↑UP( 54→100基) × 稼働率↑UP( 60→90% )

もし100基が90%で稼働すると。。。

4人家族で25万円

日本全体で年間3.5兆円が国内に富として残る!!!

slide24
日本の将来の救世主なのに原子力エネルギーが促進しないのは?日本の将来の救世主なのに原子力エネルギーが促進しないのは?

不均衡な規制バランス

slide28
稼働率が悪い原因

運転期間の違い

連続運転を13ヶ月までとする制度であったが、現時点では、平成21年度から5年間は最長18ヶ月、それ以降は最長24ヶ月と対策済み。

停止期間の違い

自動停止回数は米国の半分程度だが、それに伴う停止期間の平均は米国の約7倍となり、稼働率の差の一因。

原因分析と対策立案、設備の復旧、点検・検査のほか、規制機関による確認、必要な法令手続きの実施など様々な対応で長期間になる。

定期検査中の停止期間の違い

・点検する機器の物量や点検周期の違い(事業者の自主的な取組を含む)

・リスク情報の蓄積・共有の不足

・大型予防保全工事の期間等の違い

・中越沖地震等による事業者の点検・評価に長時間を要していること

・再起動に向けた地元了解に一定の時間を要すること

slide29
これらの規制バランスが改善されると、エネルギー供給に加え、日本に新たな可能性も!これらの規制バランスが改善されると、エネルギー供給に加え、日本に新たな可能性も!
  • 日系企業の輸出コンペの勝率があがる??

  原発1基輸出できると。。。

  →税収入●●円  UP↑

    (4人家族あたり△△円の減税に相当)

→ ■■社が関与

→雇用××人 UP ↑

要検討

slide30
官も動きだした
  • エネルギー計画
  • 規制緩和計画

要情報収集

slide31
この動きを阻む大きな壁

空気(原子力アレルギー)

これを取りさり、国民の理解を得なければ、

規制緩和は難しい。。。