Jpdu summer seminar 2014
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 73

JPDU SUMMER SEMINAR 2014 ~私のラボでやること~ PowerPoint PPT Presentation


  • 75 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

JPDU SUMMER SEMINAR 2014 ~私のラボでやること~. 文責: 新倉 恒和 東京 大学公共政策大学院 2 年. ラボ 内容. 9 月 5 日 レクチャー x3 コンテクスト・ SQ&AP ・フィロ 9 月 6 日 レクチャー x2 ・ラウンド x1 OR レクチャー x3 BP( クロージング ) ・ジャッジの仕方・ ( 予備 Q&A) 9 月 7 日 ラウンド x 1・エレクティブ x3. ラボの進め方. 説明 & 実践の繰り返し 考え方解説 実際 のモーションでやってみる 発言重視 聞くは 一時の 恥 、聞かぬは一生の恥

Download Presentation

JPDU SUMMER SEMINAR 2014 ~私のラボでやること~

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


Jpdu summer seminar 2014

JPDU SUMMER SEMINAR 2014~私のラボでやること~

文責:新倉恒和

東京大学公共政策大学院2年


Jpdu summer seminar 2014

ラボ内容

  • 9月5日

    • レクチャーx3

    • コンテクスト・SQ&AP・フィロ

  • 9月6日

    • レクチャーx2・ラウンドx1ORレクチャーx3

    • BP(クロージング)・ジャッジの仕方・(予備Q&A)

  • 9月7日

    • ラウンドx1・エレクティブx3


Jpdu summer seminar 2014

ラボの進め方

  • 説明&実践の繰り返し

    • 考え方解説

    • 実際のモーションでやってみる

  • 発言重視

    • 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

    • 分からないのはしょうがない

    • 教える側は「何が分からないか」が分からない

  • 積極的な発言・参加を期待してます!


Jpdu summer seminar 2014

ディベートとは…?

  • ある論題に対して肯定・否定に分かれその是非を討議し、勝敗をつける知的競技

  • 特定の争点に対する二つの異なる価値観の鬩ぎ合い

    いずれにせよ…

  • 優劣をつける

ディベートの勝利=ジャッジを説得する


Jpdu summer seminar 2014

ジャッジを説得するには…?

  • とにかく分かりやすく!

  • 「ディベート」を理解しておくこと!

    • アーギュメントの内容

    • スピーチがディベート全体のどこに位置するのか

    • チームとしてどこで勝つのか

    • POIにどう返すのか

You do not really understand something unless you can explain it to your grandmother.

-Albert Einstein


Jpdu summer seminar 2014

コンテクスト・スピリット・ケースセット・証明責任~開始前から有利になる為にするべきこと~


Jpdu summer seminar 2014

モーションが発表されたら…

THBT developing countries should nationalise their natural resources


Jpdu summer seminar 2014

THBT developing countries should nationalise their natural resources

国有化?

(´・ω・`)

どこ…?

何…?


Jpdu summer seminar 2014

コンテクスト I

  • モーションの背景

    • 場所・アクター・…

      • どの様な所で、何をしようとしているのか

    • モーションを具体的に肉付けする

      • そこでは何が起きているのか?

  • ディベートのイメージをジャッジに植え付ける

    • E.g.)accountability v. speed, equality v. fairness

  • 背景部分はdefinitionに採用する


Jpdu summer seminar 2014

コンテクスト II

ディベートには「正解」は存在しない!!

BUT…

「より正しい解」は存在する!!

  • E.g.) THW make people reveal their identity on the internet

    • より正しい:「民主主義国家が実施。発言に対する責任を持たせよう!」

    • より正しくない:「中国政府が実施。新疆ウイグル自治区の反乱分子を特定して処罰しよう!」


Jpdu summer seminar 2014

スピリット I

  • Spirit of Motionの略

  • モーションを作った人が「こういうディベートをしてほしい」と思っているディベートの枠組み

  • Average Reasonable Person(常識人)が考えて到達するであろうモーションの解釈


Jpdu summer seminar 2014

スピリット II

  • より正しいSpirit of Motionに近づくには…

  • 時事をある程度理解しておく

    • 一件抽象的なモーションでも、具体的事例が背景になっていることが多い

    • E.g.) THBT corporations should never abandon support for discontinued products that are deeply integrated in a nation's economy

      (ICU Tournament 2014)

  • 常識的に考える

    • 当たり前だけど意外と出来ない

    • 常に「これで意味通るか?」と問いかけること


Jpdu summer seminar 2014

スピリット III

  • スピリットを考えるのは何故大事なのか

    • ケースセットがしやすい

    • アーギュメントが立てやすい

    • アーギュメントの説得力が増す

勝ちやすい!!


Jpdu summer seminar 2014

コンテクスト・スピリット 練習

THW legalise child labour

THW introduce a tax on junk food

THBT national sporting teams should reflect the diversity of the national population


Jpdu summer seminar 2014

ケースセット I

  • ケースセットとは…

  • コンテクストで作った世界でモーションを実施する方法

  • コンテクスト≒Where, Who, What

  • ケースセット≒How, (When)


Jpdu summer seminar 2014

ケースセット II

  • より正しいケースセットに近づくには…

  • 世の中に精通しておく

    • 類似事例に基づいていると受け入れやすい

    • E.g.)THW legalise marijuana

      ⇒タバコと同じ

  • POIで聞かれそうな事態を想定し、備える


Jpdu summer seminar 2014

ケースセット 練習

THW legalise child labour

THW introduce a tax on junk food

THBT national sporting teams should reflect the diversity of the national population


Jpdu summer seminar 2014

ケースセット 練習II

THW grant legal status to undocumented migrants who have been employed in the host country for a fixed period of time

THBT the LGBT movement should oppose gay bars that ban entrance to straight customers


Sq ap

SQ・AP・アナリシス・インパクト~アーギュメントを立てる際の注意~


Jpdu summer seminar 2014

ディベートの大まかな流れ

Govの場合

Oppの場合

SQに何も問題がない

だがモーションを導入する

事態が悪化する

皆が不幸になる

だからモーションはやめよう!

  • SQに大きな問題がある

  • そこでモーションを導入する

  • 問題が解決する

  • 皆が幸せになる

  • だからモーションを採ろう!!


Jpdu summer seminar 2014

スタンス

  • モーションに臨む姿勢

  • どの様な立場でモーションを肯定・否定するか


Jpdu summer seminar 2014

スタンスの種類 (主流のみ)

Gov

Opp

SQそもそも悪くない⇒モーションを導入する必要ない

SQは悪いことは認める⇒しかし別の方法で対処出来る⇒しかもモーションを導入すると弊害が…

  • SQ悪い⇒モーション導入

    • 殆どのモーションはこれ

  • SQ普通⇒放置しておくと悪くなる⇒なのでモーション

    • E.g.)THW raise consumption tax

    • E.g.)THBT China should hold multiparty elections


Burden of proof

Burden of Proof

両サイドがそれぞれ負けない為に証明しなければならない最低限

やっても勝ちは保障されない、けどやらないと確実に負ける

GovのBurden of Proof

OppのBurden of Proof

Harmの存在

Problemに対するスタンス

Problemの否定

Alternativeの提示

  • Problemの存在

  • Benefitの存在

  • モーションでProblemを解決しなければならない理由

常に意識してアーギュメントを作る


Status quo i

Status QuoI

  • 現状分析

  • コンテクストで作った世界の説明

  • コンテクストのおさらい

    • Where, Who, What

  • Status Quoでは

    • Where, Who, Whatを深める

    • Whyを追求する

      • 何故この人たちは、ここで、こういうことをしているのか


Status quo ii

Status QuoII

  • THBT national sporting teams should reflect the diversity of the national population

    • コンテクスト:多様な人種が共生している国家

    • 人種と人種の間でracial tensionが想定される

  • SQ

    • ⇒何故racial tensionが存在するのか?

    • ⇒どの様な人がracial tensionを作っているのか?


Status quo ii1

Status QuoII

イラク戦争後のイラクはどっち?


Status quo iii

Status QuoIII

答:両方


Status quo iv

Status QuoIV

  • 現実は思ったよりだいぶ複雑

    • (´・ω・`)

  • 逆に言えば解釈&分析によって自分に有利な土台を築くことが可能

  • どう分析すれば勝てるか、モーションにリンクするかを常に考えて現状を作る

    • Burden of Proofに戻るようにしよう!


Status quo

Status Quo 練習

THW legalise child labour

THW introduce a tax on junk food

THBT national sporting teams should reflect the diversity of the national population


Status quo ii2

Status Quo練習II

THW grant legal status to undocumented migrants who have been employed in the host country for a fixed period of time

THBT the LGBT movement should oppose gay bars that ban entrance to straight customers


After plan i

After PlanI

  • モーションを採用した後の世界

  • 採られた結果、SQに変化がある

    • E.g.)ジャンクフードに課税したら、皆が買わなくなって生活習慣病になる人が減った!

    • E.g.)死刑制度を廃止したら抑止力の低下で犯罪が増えた!

  • 注)必ずモーション由来の変化を描くこと!

    • E.g.)死刑制度を廃止したら、誤審が減った!

      ・・・(´・ω・`)?


After plan ii

After PlanII

  • 変化はBenefit/Harmにならなければならない

  • モーションはSQで分析した個所のどこかに影響を与える

    • 与えない場合はSQを作り直す

  • 影響の内容を分析する

    • E.g.)風が吹く⇒砂埃が起こる⇒砂が目に入る⇒失明⇒琵琶法師が増える⇒琵琶の需要↑⇒猫が殺されまくる⇒鼠が増える⇒鼠が桶の紐を切る⇒桶屋が儲かる


After plan

After Plan 練習

THW legalise child labour

THW introduce a tax on junk food

THBT national sporting teams should reflect the diversity of the national population


After plan ii1

After Plan練習II

THW grant legal status to undocumented migrants who have been employed in the host country for a fixed period of time

THBT the LGBT movement should oppose gay bars that ban entrance to straight customers


Area i

AREAI

  • SQやAPを説明する際、分かりやすく説明する為のガイドライン

  • この順に説明すると、すんなり頭に入ってくる

  • 実は日常でも使われてたりする

Assertion

Reasoning

Example

Assertion


Jpdu summer seminar 2014

Assertion

Reasoning


Jpdu summer seminar 2014

Example

Assertion


Area ii

AREAII

  • AREAは分かりやすい

  • 但し、内容による

    • そもそもだめなアーギュメントは何してもだめ

    • ちゃんとアーギュメントの流れを考えた上でAREA

  • AREAはあくまでツール

    • 必ず使わなければいけないという訳ではない

    • むしろ使わない方が良い場合もある


Jpdu summer seminar 2014

おさらい

  • コンテクスト・ケースセット・SQ/APを作る

    •  (制限時間10分)

THW introduce a female quota in parliament


Principle arguments

Principle Arguments~皆で正義の話をしよう~


Principle arguments i

Principle ArgumentsI

  • 所謂「フィロ」

    • Philosophical argumentの略

    • 海外でフィロと言っても通じません

  • Benefit/Harm/ProblemをBenefit/Harm/Problemたらしめるもの

    • 世の中を見る「価値観」

    • 価値観がなかったらただの事実に過ぎない!

    • E.g.)戦争で子供が犠牲になった


Jpdu summer seminar 2014

正当性とは…?


Jpdu summer seminar 2014

何故「間違ってる」と感じるのか…?

  • 理想像を抱いているから

    • E.g.)政治家は○○であるべき! 子供は救われるべき!

  • 現実がその理想からかけ離れているから

    • E.g.)政治家はこうであるべきなのに○瀬は…


Principle arguments ii

Principle ArgumentsII

  • Principle Argumentsの作り方

  • ディベートの「テーマ」を理解する

    • E.g.)THW allow plea bargaining⇒法・罪・罰

  • テーマに関する理想・原則を探す

    • E.g.)法とは… 罰とは…

  • Govの場合:SQがどの様な点で理想と離れているか分析する

  • Oppの場合:モーションがどの様な点で理想と離れているか分析する


Principle arguments1

Principle Arguments 練習

THW ban hate speech

THW abolish the jury system

THW allow plea bargaining


Principle arguments iii

Principle ArgumentsIII

  • 実際にやってみると…

  • 絶対悪・絶対善は存在しない

    • E.g.)個人の自由は無制限ではない

    • 存在したらそもそもディベートにならない

    • ある程度どちらも正しい

順位付け・線引きが大事


Principle arguments iv

Principle ArgumentsIV

  • 線の引き方(≒優先順位の付け方)

  • 対立している理想を探す

    • E.g.)Individual freedom v. society

    • E.g.)Freedom to believe v. Freedom from belief

  • モーションのコンテクストに照らし合わせ、コンテクストに限ればこちらが優先されると言う

    • E.g.)他人を傷つけない限り、個人の自由を優先しても良い(所謂harm principle)


Principle arguments v

Principle ArgumentsV

  • 重要性を考える

  • 優先順位を付けるとき重要性は大事

  • 必ず「何故その理想は重要なのか」を話す

    • E.g.)何故「法の下の平等」は重要なの?

    • E.g.)何故「個人の選択の自由」は重要なの?

  • これは上級生もよく忘れる

    • これが出来れば上位ブレイクも狙える


Principle arguments ii1

Principle Arguments 練習II

THBT doctors should tell the truth to their patients

THW legalise active euthanasia

THW let go of dying languages


Jpdu summer seminar 2014

一日目総括

  • 今までやった練習モーションの中から好きなのを一つ選択(多数決)

  • PMをこちらで指名

  • PMスピーチ(4分OR7分)

  • LOをこちらで指名

  • LOスピーチ(4分OR7分)

  • 続きOR新しいモーションでもう一度


Jpdu summer seminar 2014

BPをやってみよう!


Jpdu summer seminar 2014

BPとは…?

North American/Asian/Austral

British Parliamentary

OPENING GOV

OPENINGOPP

GOV

OPP

CLOSING GOV

CLOSING OPP


British parliamentary style

British Parliamentary styleのイメージ

CLOSING OPP


British parliamentary style1

British Parliamentary styleのイメージ

  • 自民党は…

    • 与党第一党のポジションを維持したい

  • 公明党は…

    • 与党として自民党と協力する

    • BUT:出来れば次の選挙で議席を伸ばしたい

    • 自民党と賛成しながらも差別化を計る

  • 民主党は…

    • 野党第一党として自民党に反対する

    • あわよくば再び政権交代を狙っている

  • 日本維新の会は…

    • 与党に反対するという意味で民主党と同じ

    • BUT:出来れば次の選挙で議席を(ry


British parliamentary style2

British Parliamentary styleのイメージ

  • 肯定・否定の立場は同じ

  • BUT:肯定・否定の理由が違う

  • クロージング:差別化を計って1位を狙う

  • オープニング:差別化されても優位に立てる強いアーギュメントを用意しておく


Opening

Opening のやり方

  • NAと同じ

    • そもそも重要な議論は最初に出ているはず

    • 最初に出てなかったらNAでも負ける


Closing i

Closingのやり方 I

  • Extensionを出す

    • クロージングが出す新しいマターの総称

  • Extensionの種類(一例)

    • 新しいアーギュメント

    • 新しいインパクト

    • 新しいPrinciple

    • OG・OOを補完するより深い分析・アーギュメント


Extensions i

ExtensionsI

  • 新しいアーギュメントを作るには

    • Openingの話を理解する

    • Openingが「何を言ったか」

    • Openingが「どこまで言えたか」

    • Openingでの反駁はどの程度有効だったか

  • Openingが言ってないことの中から、重要なものをピックアップして、アーギュメントを作る

    • むしろ重要に見せることの方が大事


Extensions ii

ExtensionsII

  • アクターを増やす

    • Stakeholderは他にどの様な人がいるか

    • 考えれば意外と沢山出てくる

    • THBT doctors should tell the truth to their patients

      • 医者・患者・親族・…

      • 患者に成り得る人たち⇒真実を知るのが怖くて医者にかからないかも?

  • そのアクターのフィロを探す

    • 新しく登場させた人にとっての理想の世界とは?

    • E.g.)誰でも気楽に医療を受けられる世界が最も望ましい


Extensions iii

ExtensionsIII

  • 分析を深める

    • 特にOGが言いそびれたことがある時有効

    • Opening次第なのでこれ以上言えない(´・ω・`)

    • Openingを理解することがとにかく大事

  • Openingを補強してるだけじゃないの?

    • 重要な分析であれば、Closingの働きによってGov全体が有利になったと評価される


Whip speaker i

Whip SpeakerI

  • Whipとは…

    • Closingの最後のスピーカー(=ディベート最後のスピーカー)

  • 新しいアーギュメントは基本的に出ない

    • 稀にGWが出すことも(推奨はされていない)


Whip speaker ii

Whip SpeakerII

  • アーギュメントが出ない中で何をするのか

  • ディベートの総括

    • 何が争点となったか(所謂Clash)

    • 一番重要なIssueは何か

    • それを出したのはClosing!と押すことも忘れずに

  • メタディベートの力が要求される

    • ディベートについてディベートする


Whip speaker iii

Whip SpeakerIII

  • クラッシュの見つけ方

  • フィロの場合

    • 異なる理想の優先順位が違っている場合が多い

    • E.g.)Freedom to believe v. Freedom from belief

    • 線を引く場所が異なっている場合も

  • プラクティカルの場合

    • アクターの行動が異なる場合が多い

    • E.g.)THW introduce a facial quota in parliament

    • マイノリティを見たマジョリティの反応に対する違い


Whip speaker iv

Whip SpeakerIV

  • クラッシュを見つけたら…

  • 分析・インパクトの大きさ等を使って比べる

  • その上で何故自分たちが有利に立っているか説明する

  • 理想:Whip speechがそのままRFDになる

    • Whip speechがBiased adjudicationと呼ばれる所以


Closing house

Closing House 練習

THW forbid religions from proselytising in developing countries


Closing house ii

Closing House 練習II

THBT the increasing participation of women in violent sports is good for women


Jpdu summer seminar 2014

はじめて の ジャッジ~イラジャと呼ばれない為には~


Jpdu summer seminar 2014

ジャッジの役割

  • ディベーターのスピーチをちゃんと聞くこと

  • ディベートの勝敗を出すこと

  • 勝敗の理由をディベーターに分かりやすく説明すること

    • どんなディベートでも5分以内で説明する


Jpdu summer seminar 2014

ジャッジに求められる力

  • ディベーター当人よりもディベートを理解する

    • 岡目八目

  • ディベートの主な争点を見つける

    • 昨日のWhipの項目参照

  • きちんと公平に各スピーチを評価する


Average reasonable person

Average Reasonable Personとは…?

  • 定義:不明(´・ω・`)

    • 一般常識&世界情勢をある程度理解できる知識を兼ね備えている人

    • どの位の「知識」が要求されているかは永遠の謎

  • 大事なこと:ディベーターが言ったことを鵜呑みにしないこと

    • 嘘・説得力に欠ける場合はそれを考慮すること


Jpdu summer seminar 2014

上手いジャッジになるには…

  • 練習あるのみ

    • ディベートと同じ

  • ディベーターに理由を説明できるようになる

    • Govの分析の方が深いと思った⇒何故

    • 説得力に欠けていると思った⇒何故

    • あまり考慮できなかった⇒何故


Jpdu summer seminar 2014

ジャッジの練習

  • ジャッジをやりたくないと言った4人⇒ディベーター

  • 残り⇒ジャッジ

  • 普通のNA


Jpdu summer seminar 2014

モーション

THW ban political lobbying


  • Login