「水俣市の取り組み」に対する意見発表
Download
1 / 9

「水俣市の取り組み」に対する意見発表 - PowerPoint PPT Presentation


  • 105 Views
  • Uploaded on

「水俣市の取り組み」に対する意見発表. ○ 鈴木慎也. 〒814-0180 福岡市城南区七隈 8-19-1 福岡大学工学部社会デザイン工学科 水理衛生工学実験室 E-mail: [email protected] 構成 1. 飲料容器のリサイクル率 ( 福岡市 ) 3. リユース v.s. リサイクル 2. リサイクル率の影響因子 4. シミュレーションの概要 4-1 シミュレーション結果 Vol.1 4-2 シミュレーション結果 Vol.2 4-3 シミュレーション結果 Vol.3 5. まとめ.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 「水俣市の取り組み」に対する意見発表' - caspar


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

「水俣市の取り組み」に対する意見発表

○鈴木慎也

〒814-0180

福岡市城南区七隈8-19-1

福岡大学工学部社会デザイン工学科

水理衛生工学実験室

E-mail: [email protected]

構成

1. 飲料容器のリサイクル率(福岡市) 3.リユース v.s. リサイクル

2. リサイクル率の影響因子 4. シミュレーションの概要

4-1 シミュレーション結果Vol.1

4-2 シミュレーション結果Vol.2

4-3 シミュレーション結果Vol.3

5.まとめ

2003/11/29 市民フォーラム


飲料容器のリサイクル率(福岡市)

アルミ缶

ガラスびん

ペットボトル

・資源回収に対する協力度 →どの年齢層においても高い

・地域による違い はない →むしろ容器の種類によって異なる

・「自治体による分別回収」の割合が高い

ガラスびん v.s.ペットボトル →何故ちがうのか?

ガラスびん →若干ではあるが、若年単身世帯層が高い

2003/11/29 市民フォーラム


  • 飲料容器の排出実態

  • 排出原単位→年齢構成

  • 資源回収率→世帯人数

分別に対する協力度

→飲料容器以外のもの

①消費量の違い

②資源化物としての認識

◆リサイクル率の影響因子

◆飲料容器の排出実態

◆地域特性との関連性を明らかにした

2003/11/29 市民フォーラム


リユース v.s.リサイクル

・「リサイクル直感教材Ver.2」を用いた(by東京大学安井至教授)

http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/

他人の研究成果の流用ですみません

2003/11/29 市民フォーラム


シミュレーションの概要

・3つのシナリオ設定

1) リサイクルシナリオ(0~90%)

2) リユースシナリオ(0~90%)

3) リユース+リサイクルシナリオ(10%+80%~90%+0%)

・3つの検討項目

エネルギー消費

汚染量

実コスト

2003/11/29 市民フォーラム


シミュレーション結果Vol.1

・「エネルギー消費」はあまり変わらない

・「実コスト」はむしろ上昇する

2003/11/29 市民フォーラム


シミュレーション結果Vol.2

・3つの項目全て大きく減少

・同じRでもReuseとRecycleは全く別物

2003/11/29 市民フォーラム


シミュレーション結果Vol.3

・「リユースシナリオ」とほぼ同等の結果

今後の目標水準の1つになるのでは?

2003/11/29 市民フォーラム


結論

・自治体によるごみ対策

・「分別収集」の定着という面で一定の役割を果たした

→どこまでごみ減量に貢献するのか?

→コストの増加(自治体に大きな負担)

・「自治体主導」によるインフラ整備が出来た

・社会的関心度の向上

・使い捨て文化の見直し

・「ごみを分別する」という習慣づけ

・本当の意味での「持続可能な」社会の構築はこれから

・今後は生産者(企業)、排出者(市民)が主導権

→自治体はコーディネーター?

→リユース可能ですか?

2003/11/29 市民フォーラム


ad