1 産業と企業の伝統的理論
Download
1 / 34

 1 産業と企業の伝統的理論 - PowerPoint PPT Presentation


  • 93 Views
  • Uploaded on

 1 産業と企業の伝統的理論. 2008 年度「企業論」 川端望. このパートの構成. 1 課題 2 資本主義発展論としての工業経済学 3 伝統的産業組織論としての S-C-P パラダイム 4  S-C-P パラダイム批判と企業論. 1 課題. 産業・企業の研究とはそもそも何であるかを考える。 産業・企業の伝統的理論の中から工業経済学と S-C-P パラダイムを取り上げ、その歴史的意義や達成と限界を考える。. 言語上の問題 . そもそも industry は工業なのか、産業なのか Industrial organization = 産業 組織

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '  1 産業と企業の伝統的理論' - caron


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

 1 産業と企業の伝統的理論

2008年度「企業論」

川端望


このパートの構成

  • 1 課題

  • 2 資本主義発展論としての工業経済学

  • 3 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 4 S-C-Pパラダイム批判と企業論


1 課題

  • 産業・企業の研究とはそもそも何であるかを考える。

  • 産業・企業の伝統的理論の中から工業経済学とS-C-Pパラダイムを取り上げ、その歴史的意義や達成と限界を考える。


言語上の問題

  • そもそもindustryは工業なのか、産業なのか

    • Industrial organization=産業組織

    • Post industrial society=脱__化社会

  • 経済学研究科の場合

    • 工業経済学=Economics of Industry

    • 産業組織論=Industrial Organization

    • 産業発展論=Industrial Development



日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 経済学における企業論の直接のルーツは産業組織論である。

  • 日本の研究・教育史においては、企業・産業の経済学的研究はマルクス経済学の工業経済学から始まっている

    • 経営学的研究はまた別に存在する


東北大学経済学部の場合日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり(1)

  • 配布資料参照

  • 開講の経過--戦時体制が背景に

    • 戦時中、法文学部に「工業概論」(1943)、「工業経済学」(1944)開講

    • 戦後、経済学部の「技術論」(1970まで)、「工業経済学」(講義は1995まで)に


東北大学経済学部の場合(2)日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 米澤治文教授(1944-60担当)

    • 経済統計学が主担当

    • 現実と遊離しない統計学をめざす姿勢から工業経済学を研究

    • 経済理論はマルクス経済学ベース


東北大学経済学部の場合(3) 日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 米澤教授の工業経済学の特徴

    • 統計とともに実態調査を重視

    • 立地・地理への関心

      • 戦前・戦時に「東北地方中小機械工業の活用に関する調査」 を実施。これを読んだ学生が戦後直後に設立したのが現在の「工業経済研究会」。

出所:『工研三十五年史』東北大学工業経済研究会、1981年。


東北大学経済学部の場合(4)日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 金田重喜教授(1961-95担当)

    • マルクス経済学ベース

    • 現代資本主義論の主要部分としての工業経済学

      産業資本主義(『資本論』・経済学批判体系)

      独占資本主義(『帝国主議論』)

      現代資本主義(金融資本の形態変化と国家独占資本主義)


東北大学経済学部の場合(5)日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 金田教授の工業経済学の特徴

    • 現代資本主義論そのものとしての工業経済学

      • 金融資本の運動法則

        • 企業の独占利潤追求+財閥単位の支配利潤追求

      • 国家独占資本主義による経済・政治構造再編成

        • ニューディールとファシズム

    • 具体的な合従連衡を重視

      • アメリカの石油産業、原子力産業、軍需産業のケース・スタディ。


工業経済学の特徴日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 資本主義発展の中核部分として工業発展を研究する--マルクス経済学準拠が多い

    • 現在の開発経済学的役割

  • 生産力の分析を重視する

  • 近代資本主義の形成過程と社会変容を重視

    • 農民の生産手段からの分離→都市の労働者化

  • 産業革命→独占体形成の流れを重視


日本における工業経済学研究の意義日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 産業研究の論点提出はマルクス経済学が先行していた

    • 農業中心の社会から工業中心の社会へ

    • 技術発展

    • 競争と独占

    • 熟練形成

    • 雇用と労使関係

  • 後発国であった日本では、産業形成と資本主義発展を結びつけて歴史的に論じることが有意義であった

    • 産業発達の可能性はあるか、どのように育成策がとれるかをトータルに分析したので、マルクス主義者にとってだけでなく、ビジネスにとっても役にたった。

    • 長銀調査部の例。竹内[2008]を参照。


工業経済学の問題点日本における工業経済学としての経済学的産業・企業研究の始まり

  • 資本主義論--広すぎる

    • 資本主義そのもの(生産関係)の分析には強い

    • 技術と労働(生産力)の分析は強い

    • 国家の分析も強い

    • 企業組織・競争・提携・協調・独占などミクロ・セミマクロの経済組織について理論装置が弱い

  • 工業論--狭すぎる

    • 経済のサービス化。製造機能と他機能の結びつき

  • 体制変革論の行き詰まり

    • 資本主義批判自体は鋭い

    • 資本主義と対比すべき目標とした____が現実にパフォーマンスが悪く崩壊

    • 資本主義の範囲での、より望ましい産業のあり方の研究が弱い


2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム


S-C-Pパラダイムとは何か2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 市場構造(market structure)、市場行動(market conduct)、市場成果(market performance)の三局面で個別産業を分析する方法

  • 2004年度のテキスト『現代アメリカ産業論』もこの方法に属する。


アメリカの反トラスト政策と結合した伝統2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 20世紀巨大企業の成立(谷口[2002])

  • 独占体の形成

    • 独占価格、取引ボイコット

    • 景気循環への影響

    • 政治への影響力行使

  • 1930-50年代に理論形成。

    • E・S・メイスン、J・S・ベインなどハーバード大学中心

  • 反トラスト政策と結びついた多数の実証分析

    • アダムス&ブロック編[2002](原著2001)は半世紀にわかって改訂されているケース・ブック


市場構造2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 企業間の競争上の関係や価格形成のあり方を規定すると考えられる市場組織上の特徴

    • 製品の性質

    • 買い手の需要の性質

    • 売り手の数と相対的規模。集中度

    • 参入障壁・撤退障壁

    • 競合する財やサービスの存在


市場行動2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 各企業が市場の需給条件や他企業との関係を考慮して行なう様々な意思決定行動の総称

    • 価格競争と非価格競争

    • 製品開発、マーケティング

    • 設備投資、研究開発

    • 明示的あるいは暗黙の共謀


市場成果2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 市場成果は効率性によって判定される

    • 静態的効率性(価格が限界費用と同程度に低く、平均費用が最小化されている)

    • 動態的効率性(技術進歩)

    • 社会的効率性(環境保護、安全性など)


産業組織論は不完全な市場を取り扱う(1)2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 完全競争市場なら外部効果がなければ効率的な資源配分が達成される

    • 市場参加者それぞれの供給・需要規模は市場全体に比べて著しく小さい

    • 生産物は同質である

    • 供給者も需要者も現在の価格についてよく知っている

    • __と__が自由である。


産業組織論は不完全な市場を取り扱う(2)2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 完全競争市場ならば

    • 企業の利潤極大化条件が価格=限界費用となり、資源配分が効率化される

    • 長期均衡では価格は最小の長期平均費用に等しくなり、超過利潤は発生しないし生産効率性も確保される


独占は経済効率を低下させる(1)2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

産業全体の限界費用曲線=市場供給曲線(完全競争市場)


独占は経済効率を低下させる(2)2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 価格がP’mのとき

  • 購入=販売額 OPmP’mQm

  • 消費者の効用 ODP’mQm

  • 生産者の可変費用 OMM’Qm

  • 消費者余剰(効用-購入額) DPmP’m

  • 生産者余剰(販売額-可変費用) MPmP’mM’

  • 社会的余剰(消費者余剰+生産者余剰) MDP’mM’


独占は経済効率を低下させる(3)2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 市場均衡において社会的余剰は最大となる MDEc

  • 独占や寡占による生産量制限

    • 社会的余剰の減少=社会的に望ましくない

    • 消費者余剰の減少=消費者の不利益

    • 生産者余剰の増大=生産者の利益


S c p
S-C-P2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイムパラダイムの構造重視論

  • S→C→Pという因果関係を重視し、特に経済力集中によって市場構造が独占的であることを問題視する

    • 独占的構造→独占的行動→効率低下・技術革新停滞

    • マルクス経済学者の独占資本主義論とも親和的

  • 公共政策上の含意

    • アメリカでは反トラスト法の伝統的解釈を支持し、多数の企業の活発な競争をよしとする

    • 構造是正措置(トラスト解体・企業分割)

  • 発達した資本主義国の現状分析に適する

    • ___で産業発展を検討するときには必ずしも最適でなかった


S c p1
4 2 伝統的産業組織論としてのS-C-PパラダイムS-C-Pパラダイム批判と企業論


S c p2
S-C-P2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイムパラダイム批判 (1)

  • 1970年代以後、理論的にも批判が強くなり、実践的にも「自由放任」政策が強まる

  • 批判1.経済力集中は必ずしも競争を阻害したり経済効率を損なったりしない。

    • 規模の経済論

    • 独占利潤の再投資による革新論(シュムペーター的大企業)


S c p3
S-C-P2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイムパラダイム批判(2)

  • 批判2. むしろ反トラスト政策のほうが企業の効率性を損なう

    • 「市場の失敗」よりも「__の失敗」が深刻

    • 規制緩和論

  • 批判3.長期取引や合併は独占ではなく取引費用節約をもたらしている

    • この論点は、次章以後で詳しく説明する


S c p4
S-C-P2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイムパラダイム批判(3)

  • 批判4.S→CだけでなくC→Sが重視されるべきだ。企業の戦略的行動によって市場構造は変化する

    • 収穫逓増が見られるケース(半導体開発など)

  • 批判5.国内で市場集中度が高くとも、国際競争が独占的企業行動を緩和する

    • アメリカでは実際に、民生用電気機器、鉄鋼、自動車、工作機械などで1970-80年代に輸入製品シェアが高まる。


S c p5
S-C-P2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイムパラダイム批判の政策的含意

  • 共通点:「経済力分散による競争促進」を政策目標にすることへの批判

  • 積極的主張は様々

    • 自由放任論(シカゴ学派)

    • 集中度は規制しないが、具体的な非競争的行動は規制する(ポスト・シカゴ学派)

    • 2種類の産業政策論

      • 大企業の保護と産業調整支援

      • ベンチャー企業と地域産業クラスターの形成支援


構造分析は出発点であり続ける2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • S→C→Pの因果関係を先験的に想定したり、国内市場競争だけで見るべきでないというのは、批判が正しい

  • 構造分析は十分条件ではないが必要条件である

    • 構造分析からはじめる以外に、戦略的行動も論じにくい

    • S-C-Pは因果関係でなくとも認識の順序としては妥当

  • S-C-Pの関係を柔軟化すれば批判に答えることは可能

    • S→CかC→Sかは、プラグマチックには、「場合による」としかいいようがない


企業分析の必要性2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • S-C-Pパラダイムは企業間の理論なので、企業は「点」と想定されがちなのは事実

    • 企業組織のあり方が産業組織を左右する

    • 戦略的行動を理解するには企業理論が必要

  • TCEの登場。以下、次章。


参考文献 2 伝統的産業組織論としてのS-C-Pパラダイム

  • 産業組織論全般

    • 小西唯雄(編)『産業組織論と競争政策』晃洋書房、2000年

  • 20世紀巨大企業の成立

    • 谷口明丈[2002]『巨大企業の世紀』有斐閣。

  • S-C-Pパラダイムとその応用

    • 植草益・井手秀樹・竹中康治・堀江明子・菅久修一『現代産業組織論』NTT出版、2002年

    • W・アダムス&J・ブロック編(金田重喜監訳)『現代アメリカ産業論 第10版』創風社、2002年(原著2001年)

  • 東北大学における「工業経済学」の系譜

    • 『東北大学百年史 部局史1』東北大学研究教育振興財団、2003年

  • 昭和時代のエコノミストによるマルクス経済学を利用した産業論

    • 竹内宏『エコノミストたちの栄光と挫折』東洋経済新報社、2008年。

  • 産業組織論の系譜と新展開

    • 泉田成美「産業組織論の系譜」『公正取引』第635号、公正取引協会、2003年9月

    • 泉田成美「独占寡占市場における超過利益の検証(上)(下)」『公正取引』第638号、第639号、2003年12月、2004年1月


ad