小1プロブレム対策推進事業(H21~25)の概要
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 1

小1プロブレム対策推進事業(H21~25)の概要 PowerPoint PPT Presentation


  • 56 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

小1プロブレム対策推進事業(H21~25)の概要. 生活の段差 学びの段差 指導の段差. ■保育所の養護と教育  ・大きな生活の流れ  ・午睡と休息  ・遊びを通して学ぶ   ・環境を通して指導. ■小学校教育  ・時間割に沿って生活(午睡はない)  ・教科書を使って学習  ・授業を通して指導 ※ 生活科は具体的な活動や体験を通して学習. 現 状 と 課 題. ■幼稚園の教育  ・大きな生活の流れ   ・遊びを通して学ぶ ・環境を通して指導. 小1プロブレム等の発生. 指導する教師の指導力の不足や指導体制の不備.

Download Presentation

小1プロブレム対策推進事業(H21~25)の概要

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4661201

小1プロブレム対策推進事業(H21~25)の概要

生活の段差

学びの段差

指導の段差

■保育所の養護と教育

 ・大きな生活の流れ  ・午睡と休息

 ・遊びを通して学ぶ   ・環境を通して指導

■小学校教育

 ・時間割に沿って生活(午睡はない)

 ・教科書を使って学習

 ・授業を通して指導

※生活科は具体的な活動や体験を通して学習

■幼稚園の教育

 ・大きな生活の流れ 

 ・遊びを通して学ぶ ・環境を通して指導

小1プロブレム等の発生

指導する教師の指導力の不足や指導体制の不備

子どもたちの問題の低年齢化・多様化

小学校の先生方の困り

○小1プロブレム(入学したばかりの小学校1年生が学校生活に

適応できず、集団行動ができない、授業中に静かにすることが

できない、話を聞かないなどの状態が数ヶ月継続する状態。)

の対策がわからない  県内の32%の小学校で発生!

○スタートカリキュラムの先行事例が少ない             

○公立幼稚園とは連携できるが、私立や保育所とできにくい。

専門的知識と技術が必要

連携と接続の工夫が必要

連絡会・研修会等を通して、公立・私立の幼稚園・保育所等と小学校の教職員が相互理解を深め、教育内容

の接続を図るカリキュラムを編成・実施して、幼児・児童の生活と学び等の段差をなめらかにし、小1プロブレム

の発生を抑えるとともに就学前後の不安を解消できるようにする。

事業のねらい

●小1プロブレム対策に向けた取組の実践

対象市町村:6市町村(各1小学校区)       

実施期間:平成21年度~25年度

Ⅰ期2年間、Ⅱ期3年間実施

補   助:県1/2、市町村1/2(上限各10万/年)

実施内容:年に連絡会3回以上・児童幼児の交流

         2回以上実施、連携推進協議会1回開催

         する。大学教授等専門家を招聘する。

●小1プロブレム対策のための連携ガイドブック・事例集の作成

主   催:大分県教育委員会

実施内容:要領、指針に沿って接続に重点を置き、小1プロブレム

      対策のための連携ガイドブック・事例集を策定する。

       編集会議を年に2回程度、幼保小連携市町村連絡会

      議を年に2回開催する。

       研修会を年に1回、開催し、ガイドブック・事例集の説明や

        実践事例の発表、講演等を行う。

事業の概要

効  果

幼保小教職員の資質の向上、小1プロブレムの解消


  • Login