slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
2[ 再 ] ・文化について

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 9

2[ 再 ] ・文化について - PowerPoint PPT Presentation


  • 60 Views
  • Uploaded on

2[ 再 ] ・文化について. 2011.04.21.  関東学院・文化人類学(民族誌). 文化(異文化)を身近にする. 文化の違いは、決して「国ごと」にあるだけではない あるひとびとの間に共有されるルールや感覚が 文化 国はもちろん、地域や時代、世代、性別、職業、所属、趣味などさまざまなレベルの「ひとびとの集団」が、それぞれの文化を持っている 他の集団と接触することで、自分の文化に気づく 集団を 2 つに 分けるかけ声、大富豪の細かいルール、遊びに行った友達の家の食事、大学に入って初めて「方言」と気づいたことば、結婚した夫婦が初めて作るお雑煮やおせち ……etc.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 2[ 再 ] ・文化について' - brooklyn


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

2[再]・文化について

2011.04.21. 関東学院・文化人類学(民族誌)

slide2
2・文化について文化(異文化)を身近にする
  • 文化の違いは、決して「国ごと」にあるだけではない
  • あるひとびとの間に共有されるルールや感覚が文化
    • 国はもちろん、地域や時代、世代、性別、職業、所属、趣味などさまざまなレベルの「ひとびとの集団」が、それぞれの文化を持っている
  • 他の集団と接触することで、自分の文化に気づく
    • 集団を2つに分けるかけ声、大富豪の細かいルール、遊びに行った友達の家の食事、大学に入って初めて「方言」と気づいたことば、結婚した夫婦が初めて作るお雑煮やおせち……etc.

「キリスト教とイスラム教の争い」「捕鯨をめぐる日本とグリーンピース」などの深刻な〈異文化摩擦〉を、もっと身近に考えるために「文化人類学」的な考え方を身につけてみよう

slide3
2・文化について4つのキーワード
  • 普遍性
    • たとえば「人類」であるかぎり、どこかで共通点はあるはずで、なにかしらわかり合える部分はあるだろうし、地球上で暮らすひとびとが持っている文化に違いはあれど、ひとが「文化を持っている」こと自体は普遍的であろう
  • 多様性
    • とはいえ、個々のひと・文化の特徴はさまざまであろうし、その多様性を留保することは、おそらく大事なことだろう
  • 個別性
    • 普遍性と多様性の両方をつきつめていけば、「個別性」とその尊重というのがひとつの究極点にあるのかもしれない
  • 相対性
    • 個別性の尊重について考慮するには、お互いを入れ替え可能とする考えかた=「相対性」についての理解が必要となろう
slide4
2・文化について文化とはどういうものだろう?
  • 「ある一定のひとびとの間に共有されるルールや規則・慣習・知識・感覚のようなもの」と説明した
    • ほかにもいろいろな説明・定義は可能だし、この講義のなかでもいろいろな表現をしていくことになるが、まずはこれを叩き台として考えてみよう
  • 文化人類学の古典的な定義としては次のようになる
    • 「文化とは、後天的、歴史的に形成された、外面的および内面的な生活様式の体系であり、集団の全員または特定のメンバーにより共有されるものである」(KLUCKHOHN & KELLY [1945:98])
    • この定義のポイントは3点
      • 文化とは、学習されるものである(=自然にもって生まれてくるものではない)
      • 文化とは、体系的なものである(=部分や要素に還元できない)
      • 文化とは、共有されるものである(=個人ではなく、集団が想定されている)
slide5
2・文化について文化とは学習されるものである(1):文化と個人文化とは学習されるものである(1):文化と個人

社会

個人

さまざまな

文化要素

slide6
2・文化について文化とは学習されるものである(2):文化と個人文化とは学習されるものである(2):文化と個人

社会

学習

個人

slide7
2・文化についてcf. 文化とは創られるものでもある:文化と個人

社会

創造

♥?

個人

slide8
2・文化について文化は共有されるものである:文化と社会

社会

slide9
2・文化について文化は創られるものでもある:文化と社会

社会

ad