slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
自分の権利を知る

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 33

自分の権利を知る - PowerPoint PPT Presentation


  • 62 Views
  • Uploaded on

自分の権利を知る. 毎年、 米国には 海外から 何百万もの人たちが訪れます。 その多くは、米国での短期就労を 目 的とする人たちです。. 米国では、法律により 全ての労働者が、 虐待および差別から 守られています。 自分の権利を 知ることが 大切です。. 米国政府は、人身売買や労働者の 権利侵害との闘いに真剣に取り組んでおり、海外からの労働者が 米国で働く際の権利に関する パンフレットを用意しています。. 非移民ビザ. 米国 外の米 国大使館または領事館でビザを申請してください。 米 国入国の際、入国審査官に ビザを提示してください。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' 自分の権利を知る' - bridgit-kearney


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
毎年、米国には海外から

何百万もの人たちが訪れます。

その多くは、米国での短期就労を

目的とする人たちです。

slide3
米国では、法律により

全ての労働者が、

虐待および差別から

守られています。

自分の権利を

知ることが

大切です。

slide4
米国政府は、人身売買や労働者の

権利侵害との闘いに真剣に取り組んでおり、海外からの労働者が

米国で働く際の権利に関する

パンフレットを用意しています。

slide5
非移民ビザ
  • 米国外の米国大使館または領事館でビザを申請してください。
  • 米国入国の際、入国審査官にビザを提示してください。
slide6

次のいずれかのビザを申請する場合

B-1 使用人

H-1B、H-1B1、H-2A、H-2B

J-1

A-3

G-5

NATO-7

ビザが発行される前に、パンフレットを読み、

内容を理解してください。

slide7
雇用に基づくビザ

ビザ申請書に載っている雇用主の下でのみ働くことができます。

従業員が雇用主を変えることのできる場合もあります。

  • 雇用主から虐待を受けた場合には、  雇用を継続しないでください。
slide8

雇用主に権利を侵害された場合は、ビザ面接の際に雇用主に権利を侵害された場合は、ビザ面接の際に

領事に報告してください。

slide9
米国で雇用されている間、労働者には次のような権利があります。米国で雇用されている間、労働者には次のような権利があります。

自分のパスポートやその他の身分証明書を自分で保管する。

少なくとも最低賃金が支払われる。

安全かつ健全な職場で働く。

slide10

違法な雇用差別を受けない。

  • 賃金や労働条件の改善のために労働組合に参加する。
  • 自分の意志に反する仕事を強要されない。
労働者の権利(続き)

Image courtesy of the Coalition of Immokalee Workers

slide11
労働者の権利(続き)

これらの権利の侵害を報告する。

州法および連邦法の下で保護を受ける。

米国の法廷で裁きを求める。

slide12

H-2A労働者の権利

合意に基づく合法的な賃金を支払われる。

賃金、労働時間、労働条件、福利厚生についての情報を書面で受け取る。

slide13

H-2A労働者の権利

  • 雇用主は、
    • 清潔で安全な住居を無料で提供しなければなりません。
    • 仕事に必要な道具、備品、設備を無料で提供しなければなりません。
  • 労働者が母国で労働斡旋者に料金を支払う必要はありません。
  • その他の権利については、パンフレットで説明されています。
slide14

A-3、G-5、およびNATO-7労働者の権利

  • 賃金は、労働者名義の米国の銀行口座への電子送金または小切手で支払われなければなりません。
  • 労働者は現金で支払いを受けることはできません。
  • 雇用主は労働者の賃金から、食事、宿泊費用や他の経費を差し引いてはいけません。
slide15
契約

HまたはJビザを申請する場合、雇用主から、労働者の職務の概要を記した契約書に署名を求められることがあります。

雇用契約について詳しくは、

パンフレットをご覧ください。

b 1 a 3 g 5 nato 7

雇用主が契約で同意しなければならないこと

B-1使用人、A-3、G-5、NATO-7ビザの 場合、契約書が必要です。B-1使用人、A-3、G-5、NATO-7ビザの 場合、契約書が必要です。

労働者の重要書類や私有財産を取り上げないこと

全ての米国の法律に従うこと

b 1 a 3 g 5 nato 71

雇用主が契約に明記しなければならないこと

B-1使用人、A-3、G-5、NATO-7ビザの 場合、契約書が必要ですB-1使用人、A-3、G-5、NATO-7ビザの 場合、契約書が必要です
  • 労働者の職務と労働時間の説明
  • 労働に対する賃金の支払い方法についての説明
slide18

内容を理解できない文書には署名しないでください。内容を理解できない文書には署名しないでください。

信頼できる人に契約書を読んでもらい、

翻訳・説明をしてもらってください。

契約は1種類のみでなければなりません。

署名された契約書のコピーを保管してください。

自分の権利を知ってください。

パンフレットを読んでください。

slide19

暴力、不正行為、または強制によって、労働、サービス、または商業的性行為のために人を搾取することは犯罪です。暴力、不正行為、または強制によって、労働、サービス、または商業的性行為のために人を搾取することは犯罪です。

人身売買
slide20

雇用主がしてはならないこと

労働者本人や家族を強制送還や 虐待すると脅す

強制的に雇用を続けさせる

身体的または性的な虐待をする

slide21

雇用主がしてはならないこと

労働者が住む場所や訪問する場所を制限する

超過勤務手当を支払わない

労働者が職場外で誰と話をするかを制限する

slide22

雇用主がしてはならないこと

労働者のパスポート、ビザ、そ の他の身分証明書を取り上げる

食事、睡眠を与えない、または 治療を受けさせない

slide23

雇用主がしてはならないこと

労働条件、職務、住居、または 賃金について嘘をつく

労働者が助けを求める権利を認 めない

slide24
自分自身と自分の権利を

守るための第1歩は、

助けを求めることです。

slide25
もしあなたが人身売買または虐待の被害者となった場合、あるいはそのような被害者を知っていたら、もしあなたが人身売買または虐待の被害者となった場合、あるいはそのような被害者を知っていたら、

報告してください!

あなた自身またはあなたの知っている人に危険が差し迫っていたら、

911番に電話をして

ください。

slide26

全米人身売買リソースセンター

24時間フリーダイヤル・ホットライン

1-888-373-7888

233733へ “Be Free”と携帯メールしてください

[email protected]

www.polarisproject.org

(非政府組織の運営)

人身売買・労働者搾取タスクフォース

苦情受付ライン

(月曜~金曜、東部時間午前9時~午後5時)

1-888-428-7581

(米国司法省の運営)

slide27

恐れずに助けを求めましょう!

自分の権利の侵害を報告することを恐れる必要はありません。

強制送還から法的に保護される可能性もあります。

詳しくは、パンフレットをお読みください。

slide28
パンフレット

必ず携帯すること

自分の権利を知ること

自分を守ること

slide29
私たちは、非移民労働者が米国に

もたらすさまざまな技能と経験を

高く評価しています。

皆さんの米国滞在が実り多いものと

なることを願っています。

そして皆さんの安全を

願っています。

slide30

米国政府のホットライン

  • 米国国土安全保障省      捜査ホットライン
        • 1-866-347-2423
  • 米国司法省移民関連の不当雇用に関する特別顧問室
        • 1-800-255-7688
slide31

米国政府のホットライン

  • 米国労働省
  • 労働安全衛生局
        • 1-800-321-6742
  • 監察総監室ホットライン
        • 1-800-347-3756
  • 賃金・労働時間局
        • 1-866-487-9243
slide32

米国政府その他のホットライン

  • 米国雇用機会均等委員会
        • 1-800-669-4000
  • 全米労働関係委員会
        • 1-866-667-6572
  • 全米失踪・搾取児童センター
        • 1-800-843-5678
slide33
その他の情報

 詳しくは最寄りの米国大使館または領事館にお問い合わせください。

 短期就労者の権利と保護に関するパンフレットをご請求ください。

米国国務省ビザ情報ウェブサイトwww.travel.state.gov

米国国務省人身売買監視対策室

www.state.gov/j/tip/

ad