PATR
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 24

PATR -Ⅱ PowerPoint PPT Presentation


  • 76 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

PATR -Ⅱ. 素性標識と素性値の対で表される素性を要素として表される素性構造を解析 素性構造 構成素を結合する操作 文脈自由型の規則で表せる 情報を結合する操作 ユニフィケーションにより表せる. DAG ( Directed Acyclic Graph Structure ). DAGの基本形式 素性標識と素性値の対の集合(素性構造 , DAG). feature : value 素性標識  素性値. 素性標識 素性の名前  素性値 アトム  or DAG. 素性. DAG は素性を四角括弧で囲んで表す

Download Presentation

PATR -Ⅱ

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4563230

PATR-Ⅱ

  • 素性標識と素性値の対で表される素性を要素として表される素性構造を解析

  • 素性構造

    • 構成素を結合する操作

      • 文脈自由型の規則で表せる

    • 情報を結合する操作

      • ユニフィケーションにより表せる


Directed acyclic graph structure

DAG(Directed Acyclic Graph Structure)

  • DAGの基本形式

    素性標識と素性値の対の集合(素性構造,DAG)

feature : value

素性標識  素性値

  • 素性標識素性の名前 

  • 素性値アトム or DAG

素性

DAG は素性を四角括弧で囲んで表す

DAGex1 = [feature : value ]

素性値がDAGの場合

DAGex2 = [feature1: [feature2: value]]


4563230

素性を複数個持つDAGは

[        ]

DAGex3 =

  • ラベル 

    DAGの中に埋込まれた複数個のDAGが同一のDAGを共有する場合、その1つのDAGにラベルをつけ、別のDAGではラベルを使って参照

[       ]

DAGex4 =

同型のDAGを「類似なDAG」(共有とは異なる)

ラベルにより共有している DAGex4を「リエントラント構造をもつDAG」という


4563230

  • パス

    DAGの中に埋込まれたDAGの素性値を指定する素性標識の系列

    <feature1,feature2,..featuren>

DAGex3 =

DAGex3(<Feature4>) =

DAGex3(<Feature4,Feature5>) = Value5


4563230

そのDAGに含まれる素性標識の集合

DAGex3 =

  • ドメイン

Dom(DAGex3) = {feature1,feature2,feature3,feature4,feautre5}


4563230

category : NP

agreement:

person : third

number : singular

person : third

number : singular

人称を表す素性標識 : person

三人称という素性値 : third

DAG3= [person : third ]

DAGsg = [number : singular ]

数を表す素性標識 : number

単数という素性値 : singular

  • DAGの例

DAG3sg =

DAGNP3sg =


4563230

DAGαとDAGβにおいて、Dom( DAGα)に含まれるすべての素性標識 f に対してDAGα(f)がDAGβ(f)を包摂し、かつDAGα (p)=DAG α(q)であるような全てのパスの組み合わせpとqに対してDAGβ(p)=DAGβ(q)である時、かつその時に限って、 DAGαはDAGβを包摂すると言う

  • ユニフィケーション

    • 包摂

DAGα⊆DAGβiff DAGα(f)⊆DAGβ(f) for all f∈ Dom( DAGα)

 , DAGβ(p)=DAGβ(q) for all p and q such that

DAGα (p)=DAG α(q)

DAGαがDAGβを包摂するとき、

DAGαはDAGβより少ない情報を持つ

DAGαはDAGβより一般的である


4563230

person : third

number : singular

number : singular

DAGvar

= [ ]

= [ category : NP ]

DAGNP

category : NP

agreement:

DAGNPsg =

  • 包摂の例

category : NP

agreement:

DAGNP3sg =

DAGNP3sg では

DAGvar はDAGNP を包摂

DAGNPはDAGNPsgを包摂

DAGNPsgはDAGNP3sgを包摂

包含関係は

DAGvar ⊆DAGNP ⊆DAGNPsg ⊆ DAGNP3sg


4563230

category : NP

agreement: [ number : singular ]

category : NP

agreement: [ person : third ]

category : NP

agreement: [ number : plural ]

DAGNPsg =

  • 包摂の例

DAGNP3=

DAGNPsg とDAGNP3には包含関係は無い

DAGNPpl =

DAGNPsg とDAGNP3plには包含関係は無い

この2つのDAGは同時には成り立たない


4563230

  • 2つのDAGに対して,それぞれに共に包摂されるDAGのうち,最も一般的なDAGを,それら2つのDAGのユニフィケーションという。DAGαとDAGβに対して

  • ユニフィケーション

    • ユニフィケーション

DAGα

DAGβ

⊆DAGγ ⊆DAGδ ⊆DAGε ⊆…

の半順序関係が成り立つあらゆる,DAGγ,DAGδ,DAGε,…の系列のあらゆる組み合わせに対してDAGγをDAGαとDAGβのユニフィケーションという。

 ユニフィケーションをあらわす2項関係を記号∪で表す。

DAGα ∪DAGβ ⊆DAGγ

iff DAGγ ⊆DAGδ

For all DAGδ ∈{ DAGδ | DAGα ⊆DAGδ,DAGβ ⊆DAGδ}


4563230

person : third

number : singular

Gender : masculine

category : NP

agreement: [ number : singular ]

category : NP

agreement: [ person : third ]

category : NP

agreement:

DAGNP3sgM =

  • ユニフィケーションの例

DAGNPsg =

DAGNP3=

DAGNP3sgMはDAGNPsgにもDAGNP3にも包摂される

DAGNPsg

⊆ DAGNP3sgM

DAGNP3


4563230

person : third

number : singular

Gender : masculine

person : third

number : singular

category : NP

agreement:

DAGNP3sgM =

  • ユニフィケーションの例

category : NP

agreement:

DAGNP3sg =

ところが、DAGNP3sgMはDAGNP3sgにも包摂される

かつDAGNP3sgはDAGNPsgにもDAGNP3にも包摂される

DAGNPsg

⊆ DAGNP3sg⊆DAGNP3sgM

DAGNP3

DAGNPsgとDAGNP3に包摂されかつDAGNP3sgを包摂するDAGは無い

DAGNPsg ∪ DAGNP3 = DAGNP3sg


4563230

  • リエントラント構造を持つDAGの

    ユニフィケーション

agreement : “label” [ number : singular ]

subject : [ agreement : “label”]

∪[subject : [ agreement : [ person : third ] ] ]

agreement : “label”

number : singular

person : third

=

subject : [agreement : “label”]

ユニフィケーションにより,共有されているDAGがいずれかの場所で書き換えられると,“label”によって参照している全ての場所でDAGの内容が自動的に変わる


4563230

  • リエントラント構造を持たない場合

    ユニフィケーション

agreement : [ number : singular ]

subject : [ agreement : [ number : singular ]]

∪[subject : [ agreement : [ person : third ] ] ]

agreement : [ number : singular ]

=

subject : agreement :

number : singular

person : third

ユニフィケーションにより,直接的に書き換える部分だけ変わる(類似であった部分は元のまま)


4563230

文法規則

PATR-Ⅱの文法規則は,構成素の結合と,それら構成素に対応づけられているDAGの間の関係で現す。

  • 記述形式

X1 → X2 X3‥①

List of DAG’s relations‥②

①は句構造規則に対応している文脈自由型の規則

Xi はDAGに便宜的につけた標識

①の右辺のDAGの順序も規定する

②はDAGの間の関係を規定する記述のリスト


4563230

句構造規則 ER1

S → NP VP

ET0 ) X1 →X2 X3

X1(<category>) = S

X2(<category>) = NP

X3(<category>) = VP

X1(<head>) = X3(<head>)

X1(<head subject>) = X2(<head>)

  • 文法規則の例


4563230

句構造規則 ER1

S → NP VP

ET0 ) X1 →X2 X3

X1(<category>) = S

X2(<category>) = NP

X3(<category>) = VP

X1(<head>) = X3(<head>)

X1(<head subject>) = X2(<head>)

  • 文法規則の例

3つの構成素X1,X2,X3に次の制約を与える.X1に対応づけられる構成素は,X2に対応づけられる構成素とX3に対応づけられる構成素をこの順序で連結する.


4563230

句構造規則 ER1

S → NP VP

ET0 ) X1 →X2 X3

X1(<category>) = S

X2(<category>) = NP

X3(<category>) = VP

X1(<head>) = X3(<head>)

X1(<head subject>) = X2(<head>)

  • 文法規則の例

構成素X1,X2,X3に対して,カテゴリを表す素性標識の素性値の値はS,NP,VP


4563230

句構造規則 ER1

S → NP VP

ET0 ) X1 →X2 X3

X1(<category>) = S

X2(<category>) = NP

X3(<category>) = VP

X1(<head>) = X3(<head>)

X1(<head subject>) = X2(<head>)

  • 文法規則の例

DAG間の関係

構成素X1に対応のDAGにおいてパス<head>で規定される属性値は,X3に対応のDAGにおいてパス<head>で規定される属性値と等しい


4563230

句構造規則 ER1

S → NP VP

ET0 ) X1 →X2 X3

X1(<category>) = S

X2(<category>) = NP

X3(<category>) = VP

X1(<head>) = X3(<head>)

X1(<head subject>) = X2(<head>)

  • 文法規則の例

DAG間の関係

構成素X1に対応のDAGにおいてパス<head subject>で規定される属性値は,X2に対応のDAGにおいてパス<head>で規定される属性値と等しい


4563230

文法規則の中の文脈自由型規則の部分と,文脈自由型に現れるDAGのカテゴリを規定する部分を合わせて,便宜的に,次のように記述する

  • 文法規則の例

ET1 ) S → NP VP

S(<head>) = VP(<head>)

S(<head subject>) = NP(<head>)


4563230

form : finite

agreement:

agreement:

person : third

number : singular

person : third

number : singular

ET0 に置ける文脈自由型の右辺の2つのDAGであるDAGx2, DAGx3を、例えば次のものとすると

category : NP

DAGx2=

head :

  • 文法規則のユニフィケーション

category : NP

head :

DAGx3 =


4563230

person : third

number : singular

person : third

number : singular

ET0の文脈自由型規則以外の部分に規定されているDAG間の関係を使ってユニフィケーションを行うと、3つのDAGは下ように書き換えられる

S(<head subject>) = NP(<head>)

category : NP

DAGx2=

person : third

number : singular

S(<head>) = VP(<head>)

head :

agreement:

  • 文法規則のユニフィケーション

category : VP

form : finite

DAGx3 =

head :

subject:

agreement:

category : S

form : finite

DAGx1 =

head : 1

subject: 2

agreement:

cat : NP

head : 2

DAGx2= 3

cat : NP

head : 1

DAGx3 = 4


4563230

次の文法規則

ET2) VP → V

VP(<head>) = V(<head>)

とET1を使うと、次のような文が作れる。

Uther sleeps.

She sings.


  • Login