「福井地震について」
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 10

「福井地震について」 PowerPoint PPT Presentation


  • 30 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

「福井地震について」. 02T3802E 大平 賢秀. 1. 福井地震の概要.  ■ はじめに.

Download Presentation

「福井地震について」

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


6431732

「福井地震について」

02T3802E

大平 賢秀


6431732

1. 福井地震の概要

 ■ はじめに

 今から50年程前の1948年(昭和23年)6月28日16時13分(当時はサマータイム制であり実時間は午後5時13分),福井県北部にある丸岡町付近の直下を震源とするマグニチュド7.1の地震が発した.北は関東甲信越地方から南は中国・四国地方の広い範囲で有感となり,主な被害は福井県と石川県に発生した.震源が浅く沖積平野の直下に発生した地震ということで,地震の規模に比べてその被害は極めて甚大で,福井平野の中部と北部は壊滅的な状態となり最大震度6を記録した.火災が主な原因で死者は3千人以上となり,全壊率が100%に達する集落も多かった.


6431732

1. 福井地震の概要

 ■ 地震のデータ

発生年月日 : 1948年(昭和23年) 6月28日 16時13分

震央地名  : 福井県北部(丸岡町付近)

震源位置  : 東経36.17度

       北緯136.20度

       深さ0km

震源規模  : M 7.1

断層    : 北北西-南南東

       左横ずれ


6431732

6階建 RC造のビル

1. 福井地震の概要

 ■ 地震による被害を被ったビル


6431732

1. 福井地震の概要

 ■ 地震による被害(1)

人的被害 : 死亡者3769名

       負傷者22203名

住家被害 : 全壊36184戸

       半壊11816戸

液状化 : 福井平野河川流域で発生

津波 : 発生せず

火災 : 消失3851戸

山地崩壊 : 砂丘地帯で発生


6431732

1. 福井地震の概要

 ■ 地震による被害(2)

道路施設被害: 650個所、599km

河川堤防被害: 126個所、140km

電力施設被害: 発電施設17

変電施設17

通信施設被害: 通信電話線7回線不通

ガス施設被害: 給水管9万9491m

上水道施設 : 送配給水管2304個所

下水道施設 : 施設希少かつ被害軽微


6431732

2. 福井地震後の建物に対する規制

 ■ 福井地震以前の規制

1920年 : 市街地建物法施行

  ↓   関東大震災

1924年 : 市街地建物法改正

 ■ 福井地震以後の規制

  ↓   福井地震

1950年 : 建築基準法制定

     鋼構造計算規準制定


6431732

2. 福井地震後の建物に対する規制

 ■ 福井地震が与えた建築基準法への影響

福井地震をきっかけに地震工学上の発展も多く,気象庁震度階には震度7が制定され(兵庫県南部地震で初めて震度7を観測),SMAC型強震計の制作や建築基準法に地域別の設計震度を導入する考えが出された。


6431732

3. 福井地震の特徴

 ■ 福井地震の特徴

福井地震の概要に掲載したRC造6階建のビルは、柱・梁の量が少なかったために柱が圧壊してしまっている。その他のビルでも半地下室で類似の崩壊を示している物が見られる。その後、いくつも国内外の地震でこの型の被害が起こっている。

木造家屋の全壊率は福井平野全域で 60%を越え,地域によっては90%以上の所もあった.それに対し山地部では5~10%程度で平野部と山地部で木造家屋の被害に明確な差が見られた 。

福井地震は、直下型地震であり、マグニチュードはさほど大きくはないが、大きな被害を出している。


6431732

3.福井地震の特徴

 ■ 福井県の地形と活断層


  • Login