特定健診等機関システム
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 28

特定健診等機関システム 開発ベンダ説明会 PowerPoint PPT Presentation


  • 72 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

特定健診等機関システム 開発ベンダ説明会. 資料 4. 平成 24 年 12 月 11 日(火). 特定健診等データ管理システムのチェックの変更点について. 国民健康保険中央会 共 同 電 算 部. 本番環境における各チェックの流れ. 国保連合会. 特定健診・保健指導 システム. 資料 3 「特定健診・保健指導決済システムのチェックの変更について」で、受付チェックの変更内容を説明. 健診等機関. XML. 受付チェック. NG. OK. ベンダテストの範囲ではあるが、第二期特定健康診査等の実施によるチェックの変更がないため、説明は行わない.

Download Presentation

特定健診等機関システム 開発ベンダ説明会

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


4430531

特定健診等機関システム

開発ベンダ説明会

資料

4

平成24年12月11日(火)

特定健診等データ管理システムのチェックの変更点について

国民健康保険中央会

共 同 電 算 部


4430531

本番環境における各チェックの流れ

国保連合会

特定健診・保健指導

システム

資料3「特定健診・保健指導決済システムのチェックの変更について」で、受付チェックの変更内容を説明

健診等機関

XML

受付チェック

NG

OK

ベンダテストの範囲ではあるが、第二期特定健康診査等の実施によるチェックの変更がないため、説明は行わない

エラー連絡書

特定健診等データ管理システム

形式チェック

NG

OK

資料4「特定健診等データ管理システムのチェックの変更について」で、事務点検の変更内容を説明

返戻一覧表

事務点検

OK

資格確認


4430531

第二期特定健康診査等の実施に伴う事務点検の変更について


4430531

事務点検の変更点

Ⅱ.HbA1cの報告にかかる変更

Ⅰ.測定値の報告にかかる変更

Ⅲ.積極的支援における支援Bにかかる変更

Ⅳ.特定健診実施後の服薬確認にかかる変更


4430531

Ⅰ.測定値の報告にかかる変更

・測定値の必須チェック

・測定値と結果コードの相関チェック


4430531

測定値の必須チェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、測定結果が検査項目毎に指定された入力範囲を超えた場合は、結果コード「H」「L」と併せて、測定値の報告を必須とする。

    <エラー事例>

    ・健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、測定値が入力範囲外の時に、結果コード「H/L」のみを報告する。


4430531

測定値と結果コードの相関チェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、測定値が入力範囲の最大値以上の場合は「測定値とH」を、最小値以下の場合は「測定値とL」を報告する。入力範囲内の場合は「測定値のみ」を報告する。

    <エラー事例>

    ・測定値が入力範囲外の時に、測定値のみを報告する。

    ・測定値が入力範囲内の時に、測定値と併せて結果コード「H/L」を報告する。


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

<入力最大値・最小値が定められている項目の報告パターン>

厚生労働省「標準的な健診・保健指導プログラム」別紙8-2で入力最大値・最小値の範囲が定められている項目


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

   測定値と結果コードの

   出現順序は任意です

<XML事例>

・中性脂肪の測定値が入力許容範囲を超えた場合。

<entry>

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="3F015000002327101" />

<value xsi:type="PQ" value="2000">

<value xsi:type="CD" code="H">

</observation>

</entry>

・・・


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

  検査結果が入力範囲外であっても、

  測定値を記述する必要があります

<エラー事例①>

・測定値の記述が漏れている。

<entry>

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="3F015000002327101" />

<value xsi:type="CD" code="H">

</observation>

</entry>

・・・


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

  入力最大値以上の場合は、結果コードに

  “H”を設定する必要があります

<エラー事例②>

・結果コードの設定内容が誤っている。

<entry>

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="3F015000002327101" />

<value xsi:type="PQ" value="2000">

<value xsi:type="CD" code="L">

</observation>

</entry>

・・・


Hba1c a1c

Ⅱ.HbA1c(ヘモグロビンA1c)の  報告にかかる変更

・HbA1cの項目チェック

・血糖検査の必須チェック


Hba1c

HbA1cの項目チェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、HbA1cの測定値はNGSP値で報告する。

    <エラー事例>

    ・健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、 HbA1cの測定値をJDS値で報告する。


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

<HbA1c(NGSP値)の検査項目コード>

NGSP値の検査項目コードが新設されます


4430531

血糖検査の必須チェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、空腹時血糖またはHbA1c(NGSP値)のうち1項目以上実施していることを必須とする。

    <エラー事例>

    ・健診実施日が平成25年4月1日以降の請求データにおいて、 空腹時血糖、HbA1c(NGSP値)の検査結果が存在しない。


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

<血糖検査の必須項目>

これらの項目のうち、1項目以上実施していることが必須となります


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

   新設されたNGSP値の

   検査項目コードを設定

<XML事例>

・HbA1cの検査結果を報告する場合。

<entry>

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="3D046000001906202" />

<value xsi:type="PQ" value="7">

</observation>

</entry>

・・・


4430531

   健診実施年月日:平成25年4月1日以降

NGSP値で報告する必要があります

※ 事例はJDS値のためエラー

<エラー事例>

・HbA1cの報告をJDS値で行っている。

<entry>

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="3D045000001906202" />

<value xsi:type="PQ" value="7">

</observation>

</entry>

・・・


4430531

Ⅲ.積極的支援における支援Bに  かかる変更

・支援ポイントのチェック

・支援B関連項目の必須チェック


4430531

支援ポイントのチェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の特定健診に基づく特定保健指導 積極的支援の請求データにおいて、支援Bポイントのチェックを廃止し、支援Aポイントが160ポイント以上かつ合計ポイントが180ポイント以上であれば、保健指導終了者と判定する。

    <エラー事例>

    ・指導集計情報の合計ポイントが180ポイント未満。


4430531

支援B関連項目の必須チェック

  • 健診実施日が平成25年4月1日以降の特定健診に基づく特定保健指導 積極的支援の請求データにおいて、支援Bを実施しない場合は、指導集計情報の支援B実施回数・合計実施時間・ポイントの報告を任意とし、項目が出現しなくても正当とする。但し、支援Bを実施している場合は、実施回数の報告を必須とする。

    <エラー事例>

    ・支援Bを実施しているが、実施回数の報告がない。


4430531

  平成25年4月1日以降に実施した特定健診に基づく特定保健指導

<指導集計情報(計画上・実施上)の支援B関連項目>

ポイント(支援B)が1ポイント以上の時、支援Bを実施しているとみなし、実施回数の報告が必須となります。

※ システムによるチェックは行わないが

  支援B実施時は実態の通り報告すること


4430531

  平成25年4月1日以降に実施した特定健診に基づく特定保健指導

  支援A:180ポイント

  支援B: なし

  合 計:180ポイント

<XML事例>

・積極的支援の実績評価を報告する場合。

<entryRelationship typeCode="COMP">

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="1041100114" />

<value xsi:type="INT" value="180" />

<code code="1041800114" />

<value xsi:type="INT" value="180" />

・・・

・・・

・・・


4430531

  平成25年4月1日以降に実施した特定健診に基づく特定保健指導

  合計ポイントは180ポイント以上

  である必要があります

<エラー事例>

・合計ポイントが180ポイントに達していない。

<entryRelationship typeCode="COMP">

<observation classCode="OBS" moodCode="EVN">

<code code="1041100114" />

<value xsi:type="INT" value="160" />

<code code="1041200114" />

<value xsi:type="INT" value="10" />

<code code="1041800114" />

<value xsi:type="INT" value="170" />

・・・

・・・

・・・


4430531

Ⅳ.特定健診実施後の服薬確認に  かかる変更

・服薬確認者の項目チェック


4430531

服薬確認者の項目チェック

  • 健診等機関からの請求データにおいて、新設される「服薬確認者」項目は使用できない。

    <エラー事例>

    ・健診等機関からの請求データにおいて、「服薬確認者」項目が存在する。


4430531

<服薬確認者の検査項目コード>

「服薬確認者」項目が新設されますが、これらの項目は保険者が使用する項目のため、健診等機関からの請求データでは使用できません。


4430531

  「服薬確認者」項目は使用できません

※ 保険者が使用する項目

<エラー事例>

・「服薬確認者」項目が存在する。

<entry>

<observation classCode="OBS" negationInd="false">

<code code="9N702167200000049" />

<value xsi:type="CD" code="2">

</observation>

</entry>


  • Login