データ集計報告フレームワーク
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 89

データ集計報告フレームワーク PowerPoint PPT Presentation


  • 155 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

データ集計報告フレームワーク. Revised October 2009. 使用説明 (1). このプレゼンテーションは、手指衛生改善戦略の評価フェーズで実施された調査結果を最も効果的にプレゼンする方法のいくつかの例を提示することを意図しています。 プレゼンされた結果は、施設全体(病院全体)で参照されるか、データが収集されたユニット、部門あるいは病棟に関係させられます

Download Presentation

データ集計報告フレームワーク

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


データ集計報告フレームワーク

Revised October 2009


使用説明(1)

  • このプレゼンテーションは、手指衛生改善戦略の評価フェーズで実施された調査結果を最も効果的にプレゼンする方法のいくつかの例を提示することを意図しています。

  • プレゼンされた結果は、施設全体(病院全体)で参照されるか、データが収集されたユニット、部門あるいは病棟に関係させられます

  • これらの結果は、彼らの医療設定における手指衛生の現在の実施状況、知識と認識状況を説明し、改善が必要とされる局面に光を当て、なされた努力によって改善した結果を示す追跡データとベースラインデータを比較するために報告されます


使用説明(2)

  • 現場データは、提示テンプレートに入力されます

  • テンプレートには、知識調査、(医療従事者と上級管理者の)認知調査と、手指衛生観察調査の報告が含まれます

  • WHOから提供される正しい答えは、この色で書かれます

  • スライド84~88はベースラインと追跡調査の間の比較例です

  • スライドのためのデータはエピインフォ(Epi InfoTM)を使ってのデータ入力と解析によって作られます          (Epi InfoTMは以下から利用できます: http://www.who.int/gpsc/5may/tools/evaluation_feedback/en/index.html)


医療従事者のための手指衛生知識アンケートの結果

(施設名)


方法

  • 分かっている臨床設定の医療従事者にWHO「医療従事者のための手指衛生知識アンケート」を配布する

  • データ入力解析ツールを使ってデータ入力と解析を行う

  • フィードバックを行うためにこのプレゼンを使う


質問8-9参加者の構成

  • 参加者の総数:

  •  性別:

    • 女性: (%)

    • 男性: (%)

  • 年齢:

    • 中央値: +  四分位範囲*

    • 平均: ± 標準偏差(SD)

    • (中央値と範囲は、それらの中心度( centrality )と標準分布していないデータの広がりを表すので好まれます)

    • *四分位範囲:上から1/4の値と下から1/4の値の差


質問10職種


質問11科・部門


質問12,13手指衛生トレーニングと擦式アルコール製剤の利用可能状況

  • 手指衛生の公式トレーニング受講者:人数(%)

  • 手指衛生でいつもアルコール基剤の手指擦式剤を使いますか?:人数 (%)


質問14次のどれが医療施設で患者間の有害病原体の交差感染の主なルートですか?

  • 清潔でない医療従事者の手:人数 (%)

  • 病院の気流: 人数 (%)

  • 汚染している環境表面への患者の曝露:人数 (%)

  • 患者間の非侵襲的物品の共有(すなわち、聴診器、血圧計マンシェット等):人数 (%)


質問15医療関連感染に最も頻度の高い病原体の源となる原因はなにか?

  • 病院の給水システム:人数 (%)

  • 病院の空気:人数 (%)

  • 患者の表面あるいは内部にすでに存在する病原体:人数 (%)

  • 病院環境(表面):人数 (%)


質問16次のどれが患者への病原体の伝播を予防する手指衛生行為か?


質問17 次のどれが医療従事者への病原体の伝播を予防する手指衛生行為か?


質問18擦式アルコール製剤での手指擦式法と流水と石けんでの手洗いで次の文のどれが正しいか?


質問19あなたの手のほとんどの病原菌を殺すための擦式アルコール製剤に必要な最少の時間は?

  • 20秒: (%)

  • 3秒: (%)

  • 1分: (%)

  • 10秒: (%)


質問20次の状況ではどのタイプの手指衛生が必要か?


質問20の正解率


質問21有害病原体に手が汚染される可能性のため、避けるべきは次のどれか?


推奨行動のまとめ:

現場名を入れる


医療従事者の認知調査結果

(施設名)


方法

  • 分かっている臨床設定で医療従事者にWHO「医療従事者のための認知調査」を配布する

  • データ入力分析ツールを用いてデータ入力と分析を行う

  • このプレゼンをフィードバックを提供するために用いる


質問8-9参加者の構成

  • 参加総数:

  • 性別:

    • 女性: (%)

    • 男性: (%)

  • 年齢:

    • 中央値: +  四分位範囲

    • 平均: ± 標準偏差(SD)

    • (中央値と範囲は、それらの中心度( centrality )と標準分布していないデータの広がりを表すので好まれます)


質問10職種


質問11科・部門


質問12,13手指衛生トレーニングと擦式アルコール製剤の利用可能状況

  • 手指衛生の公式トレーニング受講者:人数(%)

  • 手指衛生でいつも擦式アルコール製剤を使いますか?:人数 (%)


質問14あなたの意見では、医療関連感染症を発症している入院患者の平均率(%)はどの程度でしょう?

医療関連感染症を発症している入院患者の割合


質問15一般的に、患者の臨床転帰に及ぼす医療関連感染の影響はどの程度でしょう?

  • 非常に低い:数 (%)

  • 低い:数 (%)

  • 高い:数 (%)

  • 非常に高い:数 (%)


質問16医療関連感染予防における手指衛生の効果はどの程度でしょう?

  • 非常に低い:数 (%)

  • 低い:数 (%)

  • 高い:数 (%)

  • 非常に高い:数 (%)


質問17全ての患者安全問題の中で、あなたの施設での手指衛生はどの程度重要ですか?

  • 低い優先順位: (%)

  • 中程度優先順位: (%)

  • 高い優先順位: (%)

  • 非常に高い優先順位: (%)


質問18平均して、あなたの病院で実際の手指衛生実施において、医療従事者は手指衛生が必要とされるどの程度の状況で手指衛生を行っているでしょうか?


質問19

あなたの意見で、あなたの施設で次の行動は手指衛生を永久的に改善するためにどの程度効果があると思いますか?


質問19a. あなたの施設のリーダーと上級管理者が手指衛生を支援し表立って推進する


質問19b 医療施設が、それぞれの「ケアの現場」毎に擦式アルコール製剤を利用できるようにする


質問19c 手指衛生のポスターが思い出しツールとして「ケアの現場」に掲示される


質問19d それぞれの医療従事者が手指衛生について教育を受ける


質問19e 手指衛生の明確な単純な指導を全ての医療従事者に見えるように行う


質問19f 医療従事者が定期的に手指衛生についてフィードバックを受ける


質問19g あなたはいつも推奨されるように手指衛生を行っている(あなたの仲間にとって良きモデルである)


質問19h 患者が医療従事者が手指衛生を行うことを思い出させるよう促される


質問20 あなたが適切な手指衛生を行う事実にあなたの科・部門の長はどの程度重要性をおいていますか?


質問21あなたが適切な手指衛生を行う事実にあなたの同僚はどの程度重要性をおいていますか?


質問22 あなたが適切な手指衛生を行う事実に患者はどの程度重要性をおいていますか?


質問23 患者をケアする時、あなたが正しい手指衛生を実施するためにどの程度の努力が必要と思いますか?


質問24 平均して、手指擦式法でも手洗い法でも、手指衛生が必要な状況であなたはどの程度実際に手指衛生を行っていますか?

手指衛生が必要とされる時      あなたの行った状況の割合


結論と推奨する行為:

部分的に記入


上級管理者の認知調査の結果

(施設名)


方法

  • 分かっている臨床設定で医療従事者にWHO「医療従事者のための認知調査」を配布する

  • データ入力分析ツールを用いてデータ入力と分析を行う

  • このプレゼンをフィードバックを提供するために用いる


質問5 参加者の構成

  • 参加者人数:

  • 性別:

    • 女性: (%)

    • 男性: (%)


質問6–8 参加者の構成

  • 現在の部署での時間:

  • 現在の状況での時間:

  • 現在の地位(複数):

    • 院長: (%)

    • 看護部長: (%)

    • 医長: (%)

    • 病院管理者: (%)


質問9–10 手指衛生キャンペーンと擦式アルコール製剤の利用可能性

  • あなたは今までになんらかの手指衛生キャンペーンを経験しましたか: 人数 (%)

  • あなたの施設では手指衛生のためのアルコール基剤製品が利用できますか:人数 (%)


質問11 あなたの意見では、医療関連感染を発症しているのは入院患者の平均どのくらいでしょう?

HCAIを発症している平均入院患者


質問12 一般的に、患者の臨床転帰に及ぼす医療関連感染の影響はどの程度でしょう?

  • 非常に低い: (%)

  • 低い: (%)

  • 高い: (%)

  • 非常に高い: (%)


質問13 一般的に、医療関連感染が施設の支出に及ぼす影響はどのくらいでしょう?

  • 非常に低い: (%)

  • 低い: (%)

  • 高い: (%)

  • 非常に高い: (%)


質問14 医療関連感染の予防で手指衛生の効果はどの程度でしょう?

  • 非常に低い: (%)

  • 低い: (%)

  • 高い: (%)

  • 非常に高い: (%)


質問15 全ての患者安全問題の中で、あなたの施設におけるあなたの管理の中で手指衛生はどの程度重要ですか?

  • 低い優先順位: (%)

  • 中等度の優先順位:(%)

  • 高い優先順位: (%)

  • 非常に高い優先順位: (%)


質問16 平均して、あなたの施設では手指衛生が必要とされる状況のどのくらいの割合で医療従事者は、実際手指衛生を実施していますか?

必要などの程度で医療従事者は手指衛生を行っているか


質問17 あなたの施設では、上級看護師と医師は手指衛生推進の良きモデルですか?


質問18 あなたの施設では、医療提供の間の適切な手指衛生の重要性について患者に情報提供することは普通のことですか?

  • はい: 数 (%)

  • いいえ: 数 (%)


質問19 あなたの施設で患者をケアする時に医療従事者が正しい手指衛生を実施するために必要な努力はどの程度だと思いますか?


質問20 あなたの施設では患者のケアの間に適切な手指衛生をするようにというあなたの要望を、医療従事者はどの程度受け止めていますか?


質問21 あなたの意見では、あなたの施設で次の行動は手指衛生を永久的に改善するためにどの程度効果があると思いますか?


質問21a あなたの施設では、リーダーや上級執行管理者(あなた)は、手指衛生を支援し公然と推進している


質問21b 医療施設は、それぞれの「ケアの現場」に擦式アルコール製剤の利用を可能にしている


質問21c 手指衛生のポスターは「ケアの現場」に思い出しツールとして提示されている


質問21d それぞれの医療従事者が手指衛生の教育を受ける


質問21e 手指衛生の明確な単純な指導を全ての医療従事者に見えるように行う


質問21f 医療従事者は定期的に彼ら手指衛生パフォーマンスの結果を受ける


質問21g 上級看護師と医師は手指衛生を完璧に実施している(良きモデルとして・・・)


質問21h 患者は医療従事者に手指衛生を実施するよう思い出させるよう勧められる


結論と推奨される行為:

部分的に記入.


手指衛生観察調査の結果

(施設名)


観察の方法論

  • 分かっている臨床設定で手指衛生実施状況を直接観察する

  • 1人(あるいは2人)の訓練を受けた認定観察者(複数)が「ケアの現場」の医療従事者の手指衛生実施状況を観察する

  • 観察される職種:看護師、除算し、補助看護師、医師、治療士、技師、すべてのその他の患者ケアに関わる医療専門家

  • 観察者は公然と観察を行うが、医療従事者のIDは秘匿される

  • それぞれの観察セッションはおおよそ20分続く

  • WHO「私の手指衛生の5つの瞬間」(適応)に対する順守が確認される;患者に触れる前、無菌操作の前、体液暴露リスクの後、患者との接触と患者環境との接触の後

  • すべき手指衛生の機会での順守が記録される

  • 擦式アルコール製剤による手指擦式と手洗いが同様に記録される


実施された手指衛生行為×100

必要とされた手指衛生行為(手指衛生の機会)

順守率=

データ収集とプレゼンの方法

  • データ入力分析ツールを用いてデータ入力と分析

  • 順守率を計算:

  • フィードバックのためにこのプレゼンを使う


観察:結果

  • 施設名

  • 科・部門

  • x 機会

  • x セッション

  • x 時間/分

  • 順守率 x%


職種:機会の数


職種: 順守率


適応: 機会の数


適応: 順守率


科・部門:機会の数


科・部門:順守率


手指擦式法 対 手洗い

手洗い

手指擦式法


結論と推奨の行為:

部分的に記入


以下の5枚のスライドは、様々な(EpiInfoで生成される) 「期間番号」によって指示される異なる時に時間内で行われる評価調査結果をどのようにプレゼンするかの例です。これは、ベースラインと多くの時間を使って作りだされた追跡測定の比較を提供します。


長期的測定:完成した調査の日付範囲と利用可能性


知識調査の質問8-9 (「解答者構成」):2期間の比較


知識調査の質問20(質問に対する正解率―「以下の状況ではどのタイプの手指衛生が必要ですか?」):二つの期間(期間Xと期間Y)の比較


認知調査の質問19a (「あなたの施設でリーダーと上級管理者は手指衛生を支援し公然と推進する」):2つの期間の比較


適応―順守率:二つの期間の比較(X,日付範囲1,Y,日付範囲2)


どうしてこれらの要素の全てが手指衛生を改善し維持するために重要であるかを、WHO医療における手指衛生ガイドライン2009とその他の実施ツールで確認してください。www.who.int/gpsc


  • Login