U 2005 12 01
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 20

u 核エネルギーの工学的利用 ~核分裂反応を中心として~ 第 11回 / 2005.12.01 PowerPoint PPT Presentation


  • 60 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

u 核エネルギーの工学的利用 ~核分裂反応を中心として~ 第 11回 / 2005.12.01. 【 講義内容・達成目標 】. ・核分裂反応と原子炉 ・核融合反応の基礎. ■ 講義内容. 現在使われているエネルギー機器とその将来性について熱力学的な観点から理解することができる.エネルギーをテーマとした英語の文献を読み,その概要を理解することができる.. ■ 達成目標. C-1・K-1・J-2. ■ 学習目標. 核力. 原子 分子. ~ 10 -15 m. 静電気力. ∞. 核子. 電 子. 化学反応. 原子核反応. 0 .粒子の反応レベル.

Download Presentation

u 核エネルギーの工学的利用 ~核分裂反応を中心として~ 第 11回 / 2005.12.01

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


U 2005 12 01

u核エネルギーの工学的利用

~核分裂反応を中心として~

第11回/ 2005.12.01


U 2005 12 01

【講義内容・達成目標】

・核分裂反応と原子炉

・核融合反応の基礎

■ 講義内容

現在使われているエネルギー機器とその将来性について熱力学的な観点から理解することができる.エネルギーをテーマとした英語の文献を読み,その概要を理解することができる.

■ 達成目標

C-1・K-1・J-2

■ 学習目標


U 2005 12 01

核力

原子

分子

~10-15m

静電気力

核子

電 子

化学反応

原子核反応

0.粒子の反応レベル

陽 子

中性子

原子核


Fermi

1.Fermiによる中性子の吸収実験(1)

- Enrico Fermi ( 1901-1954 ) , working in Rome in 1934, was doing some interesting experiments. He wanted to know what would happen when he bombarded the nuclei of elements with neutrons.

- The neutrons, he thought, were better for bombarding the nuclei than the alpha particles and protons that have been used.

- The advantage of the neutrons is that they have no electric charge while both the alpha particle and the proton have a positive charge. Therefore the neutron can more easily hit the nucleus, which has a positive charge.


Fermi1

U

238

2.Fermiによる中性子の吸収実験(2)

- When Fermibombardeduranium atoms, which have a mass number of 238, the resulting atoms had a mass number of 239.

n

new element (A=239 ?)

v超ウラン元素(Z>92)の人工生成を目的とした実験


Fermi2

ニュートリノ

β線

実験の結果,予想と違う元素が生成される

3.Fermiによる中性子の吸収実験(3)

- Fermi believed that the uranium atoms had caught the neutrons, and had become atoms of a new element with a mass number of 239.

1

0

1

1

n → p + e-+ν   (β-decay)


U 2005 12 01

4.核分裂反応の発見

- Hahn and Strassmann observed small amounts of two different lighter weight elements, barium and krypton.

Fermiの実験で得られた生成物

の確認に成功

tHahn, Strassmann(1938)

“低速中性子によるウランの核分裂”


U 2005 12 01

5.実験結果の解釈(1)

- They also thought that bombarding radioactive elements with neutrons releasedgreat amounts ofenergy.

- They asked Lise Meitner to explain the results. She thought the results proved the truth of Einstein's theory that mass can be changed into energy. The uranium atom, she believed, was actually divided by the neutron.

原子核反応に伴う質量変化

解放エネルギー

DE = DM c2


U 2005 12 01

6.実験結果の解釈(2)

- It produced two different lighter weight elements, barium and krypton.

核分裂

- This process, which she called atomic fission, released energy of 200 million electron volts for every atom that was divided.


U 2005 12 01

7.核分裂反応

核分裂反応(nuclear fission)

核融合反応(nuclear fusion)

v原子核反応

核分裂反応

重い原子核にα粒子,中性子,陽子などが衝突すると,原子核が2個に分裂する反応

※反応によって解放される

 エネルギーが大きい


U 2005 12 01

① 結合する際に余るエネルギー

② 結合している核子を引き離すのに必要なエネルギー

8.結合エネルギー

B

atomic nucleus

proton

neutron

A

B

Z

A-Z


U 2005 12 01

核融合

核分裂

9.結合エネルギーと原子核反応の方向


U 2005 12 01

1

0

n(2~3個)

10.ウラン原子の核分裂

235

92

1

0

核分裂生成物 +

U+ n →

熱中性子

高速中性子

~0.025 eV

~2 MeV

v反応例

235

92

1

0

141

56

92

36

1

0

U+ n → Ba + Kr + 3n

235

92

1

0

147

57

87

35

1

0

U+ n → La+ Br + 2n


U 2005 12 01

※同位体存在比

U 0.006%

234

U 0.720%

235

U 99.274%

238

11.連鎖反応

235

92

1

0

1

0

U+ n → X1+ X2+ n

減速材,moderator

冷却材,coolant

235

92

1

0

1

0

U+ n → X1+ X2+ n


U 2005 12 01

12.核分裂による解放エネルギー

235

92

1

0

1

0

U+ n → X1+ X2+2~3 n+ 200 Mev

【内訳】

(Mev)

Xの運動エネルギー

nの運動エネルギー

Xからのβ線

Xからのγ線(瞬時)

Xからのγ線(遅発)

         合計

165

5.2

9

7.8

7.2

194.2


U 2005 12 01

13.原子力発電の基本構造 -BWRの場合-

Boiling Water Reactor


U 2005 12 01

14.核融合反応

核分裂反応(nuclear fission)

核融合反応(nuclear fusion)

v原子核反応

核融合反応

いくつかの原子核が反応して,そのどれよりも重い原子核が1個できる反応


U 2005 12 01

15.核融合炉での核融合反応

v重水素(Deuterium),三重水素(Tritium)が関与する反応

2

1

3

1

4

2

1

0

D+ T → He + n

(17.6)

DT反応

2

1

2

1

3

2

1

0

D+ D→ He + n

(3.2)

DD反応

2

1

2

1

3

1

1

1

D+ D→ T + p

(4.0)

DD反応

2

1

3

2

4

2

1

1

D+ He→ He + p

(18.4)

※( )内は生成物の運動エネルギー,単位 MeV


Tritium

16.Tritiumの増殖

D2O, 0.015%

4

D+ T → He + n

(17.6)

DT反応

高速中性子

6

4

Li+ n→ T + He

(4.8)

vDT反応で生じた高速中性子をLiにあててTを増殖


U 2005 12 01

【演習】

電気出力1000 MW,発電効率 h =35 % の原子力発電所を設計したい.この発電所を1年間連続稼動させる場合に必要な天然ウランの量を求めよ.ただし  U が1回の核分裂反応で解放するエネルギーの平均値を200MeV とし,そのエネルギーがすべて電力に変換されるものと仮定する.

※必要な定数については物理定数表を参照のこと

235


  • Login