わかってますか?フッ素のこと
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 34

わかってますか?フッ素のこと PowerPoint PPT Presentation


  • 49 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

わかってますか?フッ素のこと. ーフッ化物の基本的な知識ー NPO 法人日本むし歯予防フッ素推進会議 NPO 法人ウェルビーイング  中村譲治 [email protected] http://www.well-being.or.jp. 健康日本21. 「健康日本21」で掲げられた9領域. 栄養・食生活 身体活動・運動 休養・こころの健康づくり たばこ アルコール 歯の健康 糖尿病 循環器病 がん. 何故、歯の健康が5番目に 取り上げられたのでしょう?. ・歯の喪失の防止は生活の質( QOL )の確保の  基礎となる

Download Presentation

わかってますか?フッ素のこと

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


6919629

わかってますか?フッ素のこと

ーフッ化物の基本的な知識ー

NPO法人日本むし歯予防フッ素推進会議

NPO法人ウェルビーイング

 中村譲治

[email protected]

http://www.well-being.or.jp


6919629

健康日本21


6919629

「健康日本21」で掲げられた9領域

栄養・食生活

身体活動・運動

休養・こころの健康づくり

たばこ

アルコール

歯の健康

糖尿病

循環器病

がん


6919629

何故、歯の健康が5番目に取り上げられたのでしょう?

・歯の喪失の防止は生活の質(QOL)の確保の

 基礎となる

・ほとんどすべての国民が罹患している

・他の疾患に較べ確実な予防法が確立されている

   (フッ化物の応用とシーラント)


6919629

健康日本21のウ蝕に関する目標値

○幼児期のう蝕予防の目標

・ 3歳児におけるう歯のない者の割合の増加

 目標値: 3歳児におけるう歯のない者の割合 

59.5% 80%以上

フッ素塗布が有効

○学齢期のう蝕予防の目標

・ 12歳児における1人平均う歯数の減少

2.9歯1歯以下

フッ素洗口が有効


6919629

ヘルスプロモーション


6919629

ヘルスプロモーション

・21世紀の新しい健康戦略(1986年WHO)

・健康課題ではなくQOLの向上にゴールを設定

・主役は住民、ライフスタイルに着眼

・本人に対する健康教育だけでなく環境の整備

 をも視野に入れている

・生活あらゆる場が健康づくりの場としている


6919629

健康づくりの主役は住民

幸せな人生

ライフスタイルづくり

QOLの向上

健康

坂道の角度を下げる

健康教育

(準備要因)

専門家や周りの

人のサポート

(強化要因)

 坂道を緩やかにする

制度・環境づくり

  (環境要因)

受け皿づくり

 (実現要因)


6919629

ヘルスプロモーションにおけるフッ化物応用の位置づけ


6919629

健康づくりの主役は住民

ライフスタイルづくり

家庭でのフッ素洗口や

フッ素入り歯磨剤の利用

幸せな人生

QOLの向上

健康

むし歯のない状態

健康教育

フッ素に関する

正しい知識

坂道の角度を下げる

専門家や周りの

人のサポート

フッ素に関する

正しい理解と支援

坂道を緩やかにする

制度・環境づくり

フロリデーション

受け皿づくり

学校や幼稚園でのフッ素洗口

歯科医院でのフッ素塗布


6919629

フッ素


6919629

フッ素とは(1)

元素記号F

原子番号9

原子量19

周期表ハロゲン族

自然界に存在する約90種類の天然元素

の中で13番目に多い元素です。


6919629

自然界のフッ素

 1ppmフッ素のとは、

1トンの水に1gのフッ素

海(1.3ppm)

お茶(0.5~1ppm)

いわし(8~19.2ppm)

塩(25.9ppm)

ジャガイモ(0.8~2.8ppm)

土(300ppm)


6919629

体の中のフッ素

血液中には 0.08ppm

骨中には  1000〜3000ppm

エナメル質表層  500〜1000ppm

中間層には 50ppm


6919629

フッ化物はどこへ行く?

  • 飲み物の場合ほとんどが胃壁から吸収される

  • 食物の場合は半分位胃壁からのこりは糞便として排出される

  • 吸収されたフッ化物は血中を介してほとんどが尿として排出

  • 残りのフッ化物は骨や歯に一時的に蓄積され必要なときに血中に排泄される


6919629

フッ素はなぜ効く?

フッ化物の応用

抗ウ蝕作用

フルオロアパタイトの生成

結晶性の向上

再石灰化の促進

歯質強化

耐酸性の向上

口腔内代謝活性の抑制

酸産生の低下

歯垢

(1)再石灰化の促進  (2)歯質強化  (3)抗菌・抗酵素作用


6919629

フッ素のう蝕予防機序(1)エナメル質の脱灰

ショ糖

SM

SM

SM

SM

SM

SM

SM

SM

S.Mutansが 、ショ糖を分解して酸を産生する

S.mutans

プラーク

S.mutans

エナメル質

(歯の表層)


6919629

フッ素のう蝕予防機序(2)エナメル質の脱灰再石灰化とpH

ステファンカーブ

p

H

ブドウ糖液で洗口

7

6

再石灰化

臨界pH5.5

5

4

6

0

0

1

0

2

0

3

0

4

0

5

0


6919629

フッ素のう蝕予防機序(3)脱灰と再石灰化

SM

SM

再石灰化

脱灰

2+

2+

a

a

C

C

3‐

3‐

PO4

PO4

脱灰現象

再石灰化現象

プラーク

プラーク

ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイト

Ca (PO ) (OH)

Ca (PO ) (OH)

10

4

6

2

10

4

6

2


6919629

フッ素のう蝕予防機序(4)再石灰化の促進

SM

SM

Ca10(PO4)6F2

フルオロアパタイト

Ca (PO ) (OH)

10

4

6

2

再石灰化

2+

a

C

2+

a

C

プラーク

プラーク

エナメル質

再石灰化の促進

フッ素:F

エナメル質

Ca (PO ) (OH)

10

4

6

2

耐酸性の向上

(歯質強化)


6919629

フッ素のう蝕予防機序(7)(抗菌・抗酵素作用)

ショ糖

ショ糖

S.mutans

酵素エノラーゼ

フッ素

乳酸の産生抑制

乳酸

S.mutans


6919629

フッ化物はどう使う?

  • 微量のフッ素が口腔内に存在することが理想的

  • 低濃度で頻回に応用→再石灰化が常に起きる状態が維持できる


6919629

フッ化物はどう使う?

  • 全身的応用

    フロリデーション

    フッ化物錠剤

    フッ化物添加食塩

  • 局所的応用

     フッ化物塗布や洗口

     フッ化物配合歯磨剤

     フッ化物スプレー


6919629

施設におけるフッ素洗口法

  • 対象  幼稚園〜中学校

  • 頻度  週1回法、毎日法

  • 効果  永久歯40%〜60%

  • 応用  歯科医師が指示       


6919629

フッ化物洗口の手順

①ポリタンクに必要量の水道水を準備し、広口ビンから処方された(処方は医師、薬剤師、歯科医師のいずれかが行う)NaF粉末を取り出しポリタンクに入れる。ポリタンクを軽く振って溶解する。

②クラスごとにフッ化物洗口液をディスポンサーボトルに分ける

③紙コップに1人ずつ分注する(毎日法:5ml、週1回法:10ml)

④1分間音楽に合わせて洗口終了後、紙コップに吐き出させる

⑤吐き出した洗口溶液をポリバケツに入れて下水に流す


6919629

歯科医師が1gのフッ化ナトリウムを計量する

施設職員が2000mlまで水を入れて計量されたフッ化ナトリウムを溶かす


6919629

4,696

4,696

フッ化物洗口実施状況

フッ化物洗口実施状況

フッ化物洗口実施状況

フッ化物洗口実施状況

40道府県、約3千施設、約30万人が実施

40

40

40

道府県、約

道府県、約

道府県、約

3

3

3

千施設、約

千施設、約

千施設、約

30

30

30

万人が実施

万人が実施

万人が実施

4,696

フッ化物洗口実施状況

フッ化物洗口実施状況

(

(

(

(

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

2002.3)

2002.3)

2002.3)

2002.3)

40

40

道府県、約

道府県、約

3

3

千施設、約

千施設、約

30

30

万人が実施

万人が実施

15,807

15,807

8,596

8,596

8,915

8,915

(

(

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

日本虫歯予防フッ素推進会議調査 

2002.3)

2002.3)

15,807

2,255

2,255

8,596

8,915

79,378

79,378

17,287

17,287

2,255

2,345

2,345

79,378

18,220

18,220

1,351

1,351

508

508

2,035

2,035

17,287

1,326

1,326

2,345

7,316

7,316

18,220

1,351

508

2,035

3,705

3,705

5,043

5,043

1,326

521

521

3,381

3,381

7,316

2,142

2,142

3,705

5,043

7,148

7,148

521

3,381

2,142

2,167

2,167

7,148

2,167

1,848

1,848

13,486

13,486

1,848

13,486

384

384

21,278

384

21,278

1,262

1,262

7,194

7,194

21,278

1,262

3,678

3,678

13,893

8,236

8,236

13,893

24

24

16,720

16,720

7,194

3,678

701

701

8,236

13,893

24

16,720

701

712

712

240

240

2,050

2,050

1,658

1,658

3,232

3,232

712

240

2,050

1,658

3,232

11,000

11,000

11,000

1,444

1,444

実施人数

実施人数

1,444

実施人数

青色 

青色 

1

1

万人以上

万人以上

青色 

1

万人以上

緑色 千人以上

緑色 千人以上

1

1

万人未満

万人未満

緑色 千人以上

1

万人未満

橙色 千人未満

橙色 千人未満

橙色 千人未満


6919629

フッ化物の普及状況(日本)


6919629

フッ化物応用法の世界利用状況(2000)


1 ppm

ウォーターフロリデーション水道水フッ化物濃度適正化適正濃度(約1ppm)

水道水フッ化物濃度適正化とは、う蝕予防のために水道水中のフッ素濃度を適正に調整(adjust)する方法である。一般的には、水道水中のフッ素濃度が不十分な地域で、フッ化物を添加して適正濃度になるように調整を行う。逆に、地域の水道水のフッ素濃度が過量の場合には除去、あるいはほかの水源を利用して希釈することによって適正濃度になるように調整する。また、天然の状態で水道水中のフッ素濃度が適正であれば、そのままフッ素濃度をモニタリングしながら利用されることもある。


6919629

水道水フッ化物濃度適正化の適正濃度

濃度調節が可能な範囲(0.01~0.02ppm)

適正な範囲

審美的に問題があるフッ素症が起こりうる濃度

水道水に含まれる

フッ素濃度(地域による)

0.7ppm

1.2ppm

0.08ppm

0.8ppm

2ppm以上

4ppm

6ppm

8ppm以上

骨フッ素症が起こりうる濃度


6919629

水道水フッ化物濃度適正化が最も優れたう蝕予防法である理由

(1)最も経済的で効果的である。

(2)最も安全である。

(3)広範囲に恩恵をもたらす。

(4)生涯を通してう蝕予防ができる。

(5)簡便である。

(6)平等に利用できる。


6919629

フッ素関連のお勧めの本

・フッ化物ではじめるむし歯予防

 日本口腔衛生学会 フッ化物応用委員会編

           医歯薬出版 3200円

・ウ蝕予防のためのフッ化物洗口実施マニュアル

 フッ化物応用研究会編 社会保険研究所 2000円


  • Login