2494
Download
1 / 29

mcsg.co.jp - PowerPoint PPT Presentation


  • 122 Views
  • Uploaded on

2494. 個人投資家説明会. 2010 年 12 月 11 日. メディカル・ケア・サービス株式会社. http://www.mcsg.co.jp. 目 次. 会社概要. 決算概況. 市場動向. 当社の特長. 今後の事業戦略. 株主還元施策. 会社概要. 決算概況. 市場動向. 当社の特長. 今後の事業戦略. 株主還元施策. 会社概要 ①. ● コンサルティング・土地活用業務 ● 建築コンサルティング/工事請負 ● 不動産管理コンサルティング ● 賃貸借管理/宅地建物取引業. ● アパート・マンション・テナント等の 賃貸仲介、総合管理

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' mcsg.co.jp' - alec


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

2494

個人投資家説明会

2010年12月11日

メディカル・ケア・サービス株式会社

http://www.mcsg.co.jp


目 次

会社概要

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業戦略

株主還元施策


会社概要

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業戦略

株主還元施策


会社概要

●コンサルティング・土地活用業務

●建築コンサルティング/工事請負

●不動産管理コンサルティング

●賃貸借管理/宅地建物取引業

●アパート・マンション・テナント等の

賃貸仲介、総合管理

●賃貸物件の一括借上げ

●土地活用コンサルティング

●アパート・マンション・テナント等の

賃貸仲介、総合管理

●土地有効利用/資産運用コンサル

●損害保険代理店業務

●主要株主:

  三光ソフランHD㈱ 60.6%

- 関連会社 -

メディカルホットライン株式会社

●総合医療病院

●訪問診療

●訪問看護、看護師派遣

●コインパーキング、駐車場管理

●フィットネスクラブ運営


会社概要

● 設立:1999年11月24日

● 資本金:8億6,975万円

● 上場:2006年8月22日

● 本社:埼玉県さいたま市大宮区

● 役員:代表取締役会長 高橋誠一

代表取締役社長 山崎千里

● 従業員 : 2,750名(連結)

㈱ケアスター

MCSハートフル㈱

福祉用具販売・レンタル

地域子会社 9社

障害者雇用促進(特例子会社)

●福祉用具及びオムツ等消耗品の

販売・レンタル事業を展開

●障害者の安定的な職場の

確保

●一般事務、清掃業務などの

請負

●北海道・東北・南埼玉・東海・関西・四国・九州など

(100%出資) 

●新潟(70%出資)

グリーンフード㈱

食材管理・献立提供

●施設における食材の調達・品質

を一元管理、献立メニューの提供

運営

・食材の提供

・福祉用具提供

・事務アウトソース

・清掃、事務業務

グループホーム

133ヵ所

介護付有料老人ホーム

4ヵ所

デイサービスセンター

1ヵ所


グループホームと介護付有料老人ホームについてグループホームと介護付有料老人ホームについて

グループホームとはー

少人数の認知症高齢者(5~9人)がスタッフ

の援助を受けながら家庭的な雰囲気のなかで

共同生活を送ることができる住まいのことです。

 1.家庭環境での共同生活(ユニットケア)

 2.残存機能を引き出す、個別ケア

 3.入居者の尊厳を重視したケア

介護付有料老人ホームとはー

介護サービスだけでなく、食事や清掃など

生活に必要なすべてを、施設のスタッフが

提供します。

また、要介護認定を受けていれば、認知症の

方でなくても、入居できます。


都道府県別事業所展開(グループホームと介護付有料老人ホームについて2010年12月1日現在)

全国22都道府県 133棟体制

人口10万人以上 を1つの商圏として地域密着型運営を実施


会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業戦略

株主還元施策


連結決算全体グループホームと介護付有料老人ホームについて

○ 3期連続増収増益

○ 売上高・営業利益・経常利益・当期利益 全て過去最高


売上高と施設数の推移グループホームと介護付有料老人ホームについて

売上高(百万円)

■グループホーム数(棟)

■介護付有料老人ホーム数(棟)

12,894

10,601

7,480

8,711

4

4

1

1

◆ 売上高は、2期連続で約20%ずつ増加

① GHの新規開設11棟(新規10棟・事業継承1棟)

② 2009年5月、都内の介護付有料老人ホーム3棟を事業継承


売上高と入居率の推移グループホームと介護付有料老人ホームについて

● 売上高(百万円)

■ 入居率(開設後5ヶ月以上)

※各期期中平均値

12,894

入居率(%)

10,601

7,480

8,711

◆ 売上高は、2期連続で約20%ずつ増加

③ 入居率の向上 1.7ポイント (96.1% ⇒ 97.8%)

④ 介護職員処遇改善交付金


営業利益の推移グループホームと介護付有料老人ホームについて

営業利益率

■ 営業利益(百万円)

830

471

258

98

改善

ポイント

◆ 2期連続、約80%ずつの増加

⇒ 原価・販管費のコストコントロール(ローコストオペレーション)

およびスケールメリットを活かした利益率の向上


会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業戦略

株主還元施策


世界最速で進む日本の高齢化グループホームと介護付有料老人ホームについて

65歳以上人口の割合の推移(1950年~2025年)

日本(30.2%)

23.2%

ヨーロッパ

北アメリカ

アジア

アフリカ


人口動態グループホームと介護付有料老人ホームについて(2010 年~2025年)

生産者人口の推移:

81,000 千人

71,000 千人

生産者人口は、1,000万人減

生産者人口は、1,000万人減

高齢者人口は、650万人増

高齢者人口は、650万人増

高齢者人口の推移:

29,500 千人

36,000 千人

2025年

2010年

出所: 国立社会保障・人口問題研究 「日本の将来推計人口(2002年1月推計)」、厚生労働省 「2015年の高齢者介護」

     厚生労働省「介護給付費実態調査月報(2008年2月審査分)」、要介護認定者数は、各種資料より当社試算

但し、介護予防を実施しない自然体(制度改正前)

社会保障国民会議における検討に資するために行う医療・介護費用のシミュレーション


市場動向グループホームと介護付有料老人ホームについて

要介護認定者数:494万人

約42%

約7%

認知症高齢者 :208万人

グループホーム利用者:14万人

● 認知症高齢者数は、2025年までに、約323万人に達すると予測

● 2025年の時点のグループホーム利用率が現在と同レベル(7%)であった場合、

今後15年間にわたり、毎年300棟以上のグループホームの新設が必要

※グループホーム2ユニット(定員18名)換算

出所: 国立社会保障・人口問題研究 「日本の将来推計人口(2002年1月推計)」、厚生労働省 「2015年の高齢者介護」

     厚生労働省「介護給付費実態調査月報(2008年2月審査分)」、要介護認定者数は、各種資料より当社試算

但し、介護予防を実施しない自然体(制度改正前)

社会保障国民会議における検討に資するために行う医療・介護費用のシミュレーション


会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業戦略

株主還元施策


ポジショニンググループホームと介護付有料老人ホームについて

グループホーム 5つの特徴

①在宅系と比較し、一旦入居があると、

      その後、安定的な収益が見込める(ストック型)。

介護老人福祉施設(特養)

②小さな資本投下で事業拡大が可能なため、

新規展開スピードが早い。

   (年間15~20棟ペースでの新規開設を継続)   

介護施設の入居定員数

有料老人ホーム

介護療養型医療施設

介護老人保健施設(老健)

デイサービス

③一つの施設を小さな資本投下で立ち上げ、

   運営を行う事ができる為、事業リスクが小さい。

短期入所

訪問介護

④入居者様の介護度・状態・ご家族の

 ご要望に応じた、きめ細やかな対応が可能。

グループホーム

認知症対応型通所介護

要介護度

⑤少人数のスタッフで運営が可能な為、

    低コスト(広告費等)で必要なスタッフ数を

    確保できる。

居住系

在宅系


当社の3つの特徴グループホームと介護付有料老人ホームについて

入居営業力

● 営業推進課による入居営業

○ 営業スキルに長けた人材を選抜し、営業のプロ集団を形成

○ 新規開設施設の立ち上げを担当、現地に滞在し、集中営業を展開 →3ヶ月以内の満床を目指す

● 入居管理のPDCA

○ 全国133事業所の入居進捗状況をデイリーで管理

○ 週次・月次の会議で進捗確認、目標設定と計画進捗を徹底管理

M&A展開力

● 15社38棟のM&Aの実績(グループホーム35棟・介護付有料老人ホーム3棟)

● グループ会社および全国の事業所を通じた情報収集力

高い収益力

● 開設後3ヶ月以内に単月の黒字化(開設コストの早期回収と利益のストック)

● スケールメリットと徹底した合理化によるコスト削減


人材力を高めるためのグループホームと介護付有料老人ホームについて4つの取り組み

コミュニケーションの活性化

● 社長講話会・はーとふるCafe

○ 社長の想いを全国のスタッフ一人ひとりに直接伝える大切な場

(現在までに、全45回開催、延べ2,517人もの社員が参加)

事例発表の全国大会

● ケアのノウハウを共有

○ 全国各事業所で実践させてきたケア事例の情報を全社で共有

事業計画会議

● 全社員が一つの目標に向かって

○ 毎期期首に全国の事業所の責任者が一堂に会し、目標を共有します

豊富な表彰・インセンティブ制度

● 努力を称え賞賛する


CSR活動の推進グループホームと介護付有料老人ホームについて

障がい者雇用の促進

障がい者雇用の促進を目的として、2010年9月1日にMCSハートフル株式会社を設立しました。

同9月30日には上尾事務所を開設し、同10月12日に特例子会社の認定を受けました。

カンボジアの

学校建設の寄付

「その人らしく快適で穏やかな生活をサポートしたい」

という我々の想いをカンボジアの子ども達に届けたいと考え、

カンボジアのルサイ村の学校建設費用の寄付を行ないました。

『MCSルサイ愛の家学校』には、

2010年10月1日より約180名の子ども達が通っています。

『福祉の輪』を地域に広げていくための活動として、

2009年12月に本社のある埼玉県さいたま市

の福祉活動に100万円の寄付を行ないました。

当社は、社会福祉事業の発展に功績のあった企業として、

さいたま市社会福祉大会にて感謝状を授与されました。

地域福祉活動

への寄付


会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業展開

株主還元施策


事業展開イメージ(既存ビジネスの強化)グループホームと介護付有料老人ホームについて

認知症ケアにおける卓越した経験

介護付有料老人ホームの事業展開

グループホームの事業展開

年間1~2棟ペースの安定拡大

年間15~20棟ペースの拡大

グループホームで培った認知症ケアを活かし、

認知症高齢者に特化した介護付有料老人ホームを

グループホーム密集地域に展開

既存地域とのシナジーが図れる

既存施設展開地域のエリア形成

首都圏をはじめとした

需給ギャップの大きい大都市への展開強化

背景と目的

①医療行為・重度化への対応

②待機者の取り込みによる収益化

③グループホーム偏重の事業モデルの是正

グループホームが点在し、マネジメント効率が

悪い西日本地区の開発体制強化

M&Aの積極推進

今後の成長戦略として海外進出を含む

他市場を開拓

①公募の「量的・地理的制約」による事業展開の制約

②密集エリア形成による事業シナジーの強化


事業展開イメージ(新規ビジネスの展開)グループホームと介護付有料老人ホームについて

潜在顧客・地域社会のニーズに応える事業展開へ

グループシナジーを活かした

    医療・介護との連携推進

小規模多機能・デイサービス等の

           複合サービス

メディカル・ホットライン(訪問診療)、薬配(調剤)、

ナースステーション(訪問看護)との連携

・・・・三光ソフラングループで既に展開

地域包括ケア、在宅介護の流れを受け、認知症ケアの

中核的拠点として、複合施設を展開

・・・認知症ケアのバリエーションの追加

福祉用具の販売

認知症ポータルサイトの運営

内部に特化していたオムツ等の福祉用具販売を

インターネットを通じて販売・・・在宅の潜在顧客への

アプローチ

認知症に関する総合情報サイト、病状・介護に関する

情報で悩みを解決

・・・認知症高齢者を抱えるご家族様(潜在顧客)と

   早期に接触

認知症ケアにおける卓越した経験


今期以降の利益計画グループホームと介護付有料老人ホームについて

■今期利益計画

■中期利益計画

(百万円)

(百万円)


会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

決算概況

市場動向

当社の特長

今後の事業展開

株主還元施策


株主様への還元施策グループホームと介護付有料老人ホームについて

■ 株価の推移

(円)

※各月月末時点の株価

08年8月期

09年8月期

10年8月期

■ PER :6.07倍

■ PBR :1.81倍

(2010年12月8日現在)

(   〃     )

■ 配当: 2010年8月期初配当を実施(一株当たり3,500円+記念配当 500円)

■ 今期の配当予想:企業体質の強化や事業拡大に要する内部留保の充実に努める事を

          念頭に置きながら、株主様への利益還元を推進する方針

(予想配当額 3,500円)


ご清聴ありがとうございました。グループホームと介護付有料老人ホームについて

代表取締役社長山﨑 千里

常務取締役 管理本部長石塚 明

取締役 経営企画室長   山本 教雄

[email protected]


(参考資料)会社概要グループホームと介護付有料老人ホームについて

設立1999年11月24日(8月決算) 【株式上場日】2006年8月22日

資本金8億6,975万円

発行済株式数 14,300株

従業員数【連結】2,750名

役員代表取締役会長 高橋誠一

代表取締役社長 山崎千里 他取締役3名

株主三光ソフランホールディングス㈱60.6%

本社埼玉県さいたま市

連結子会社地域子会社9社、食材提供会社、障がい者雇用等

事業内容グループホーム、有料老人ホームの運営・管理 等

介護施設グループホーム  133棟(2,582室)※2010年12月1日現在

介護付有料老人ホーム  4棟(288室)

デイサービス 1棟

居宅介護支援センター  2棟