1063119 1063148
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 27

微細水ミストによる気温低下量および日射影響に関する実験的研究 1063119  出居 祐哉 1063148 岡田 尚久 指導教員 成田 健一 PowerPoint PPT Presentation


  • 106 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

微細水ミストによる気温低下量および日射影響に関する実験的研究 1063119  出居 祐哉 1063148 岡田 尚久 指導教員 成田 健一. 研究目的. 乾球温度. ⇒ 温度計の 表面が乾いている ときの温度. 湿球温度. ⇒ 温度計の 表面が濡れている ときの蒸発面温度. 「温度」について. 温度計. 蒸 発. 水. 水. 水. 水. 水. 水. 微細水ミスト噴霧時にどういった温度を測定しているのか?. 濡れてしまう 熱電対と超音波風速温度計は. 熱電対. 超音波風速温度計. 噴霧された微細ミスト. 周囲の空気から熱を奪い蒸発する.

Download Presentation

微細水ミストによる気温低下量および日射影響に関する実験的研究 1063119  出居 祐哉 1063148 岡田 尚久 指導教員 成田 健一

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


1063119 1063148

微細水ミストによる気温低下量および日射影響に関する実験的研究1063119 出居 祐哉 1063148 岡田 尚久指導教員 成田 健一


1063119 1063148

研究目的


1063119 1063148

乾球温度

⇒温度計の表面が乾いているときの温度

湿球温度

⇒温度計の表面が濡れているときの蒸発面温度

「温度」について

温度計

蒸 発


1063119 1063148

微細水ミスト噴霧時にどういった温度を測定しているのか?

濡れてしまう熱電対と超音波風速温度計は

熱電対

超音波風速温度計


1063119 1063148

噴霧された微細ミスト

周囲の空気から熱を奪い蒸発する


1063119 1063148

ミストの蒸発に日射は影響しているのか?

日射

噴霧された   微細ミスト


1063119 1063148

超音波風速温度計とは


1063119 1063148

熱電対とは

T熱電対

E熱電対

⇒銅 - コンスタンタン

⇒クロメル - コンスタンタン

径 0.3mm

径 0.05 mm

⇒(室内実験で使用した)

⇒日射影響を受けにくい(屋外実験で使用した)


1063119 1063148

乾湿温度計(ミスト影響外)

乾湿温度計

超音波風速温度計

                                   微細水ミスト噴霧時にどういう温度を測定してるの?  

室内噴霧実験

濡れてしまう熱電対と超音波風速温度計は


1063119 1063148

室内における超音波温度・熱電対温度・湿球温度の比較

(扉・窓を閉めきった状態による測定)

30

3m気温(超音波)

28

3m気温(熱電対)

26

温度℃

24

22

湿球温度(乾湿温度計)

ミスト噴霧

8/18

20

11:38

11:40

11:42

11:44

11:46

11:48

11:50

11:52

11:54

超音波風速温度計による気温は

同位置の熱電対温度よりも高い

気温(熱電対)=湿球温度(乾湿温度計)

⇒熱電対は微細水ミスト

噴霧後に湿球温度を

測定している可能性が高い

⇒超音波風速計は熱電対よりも

微細水ミストの影響を受けにくい

といえる


1063119 1063148

熱電対 正面脇

熱電対 正面脇

熱電対 正面

熱電対 正面

熱電対・袋付

熱電対・袋付

(噴霧後袋を外す)

熱電対

1500mm

1500mm

超音波風速温度計

超音波風速温度計

0 (吹き出し口)

0 (吹き出し口)

微細水ミスト噴霧器

微細水ミスト噴霧器

熱電対と防水熱電対の温度比較

ミスト噴霧時のみ防水すれば噴霧後に熱電対でも温度を測れるのでは?


1063119 1063148

⇒超音波風速温度計と防水熱電対は、より乾球温度に近い値が 測定できると考えられる

熱電対と防水熱電対の温度比較

(扉・窓を閉めきった状態による室内測定)

気温(超音波)≒防水熱電対

袋なしの

1.5m気温(熱電対)≒湿球温度

⇒非防水の熱電対は、微細水ミスト噴霧後、しばらくは湿球温度を測定している


1063119 1063148

ビニールハウスを用いた屋外噴霧実験

ミストの蒸発に日射は影響しているのか?

影響しているならば気温低下量に差がでるはずである

日射量の異なる条件での実験結果の比較室内実験結果との比較


1063119 1063148

ハウス内 超音波・熱電対・湿球の温度比較(日中・夕方)

変動幅【大】

【日中】

熱電対の

温度変化

変動頻度【多】

変動幅【小】

【夕方】

変動頻度【少】


1063119 1063148

ハウス内 超音波・熱電対・湿球の温度比較(ハウス日中・室内実験)

ハウス【日中】

変動【大】

⇒温度変動が大きく、室内との比較は難しい

室内

実験


1063119 1063148

透明塩ビ板製の密閉ボックスを用いた屋外噴霧実験

1600mm

奥行き3100mm

1600mm


1063119 1063148

・測定条件を明確にするためボックスを密閉状態にできる

・ボックス内のミストを十分拡散できる

・ボックス表面が蓄熱しないようにできる限り透過性をあげる

・実験後ボックス内を換気できる

ボックス奥行き1600【mm】

3100

扉開閉可

800

攪 拌

換 気

1600

扉開閉可

扉開閉可

800

50

小型送風機

700

GL


1063119 1063148

噴霧ノズル

噴霧ノズル

噴霧ノズル

噴霧ノズル

噴霧ノズル

【側面図】

【正面図】

変更後(ノズル5本)


1063119 1063148

噴霧ノズル

【側面図】

【正面図】

変更後(ノズル1本)


1063119 1063148

↑赤外吸収湿度計

これまでの実験と比べ容積の小さい密閉ボックスでは急激な湿度上昇が起こる

超音波の温度出力が湿度変化の影響を受ける

絶対湿度から水蒸気補正量を算出する必要がある。

水滴の影響を受けない

赤外吸収湿度計が適切

↑赤外吸収湿度計


1063119 1063148

超音波風速温度計(水蒸気補正式)

T=(1 – 0.51 x)×Tvt

     T : 補正後の超音波の温度[K]

    Tvt : 補正前の超音波の温度[K]

x: 絶対湿度[kg/kg’]

補正量

 ボックス内の超音波温度の補正前後の比較【日射無】


1063119 1063148

ボックス内の超音波温度・熱電対温度 【日射 有・無】

【日射有】

比較したい

【日射無】

日射のエネルギーで微細水ミストが蒸発しているならば、 (日射の有無で) 温度低下量に差が出るはずである


1063119 1063148

ボックス内の超音波温度・熱電対温度 【日射 有・無】

【日射有】

急激な温度上昇

【日射無】

比較のベースとなる値に、ここまで差があると比べることは難しい


1063119 1063148

急激な温度

上昇の理由

ボックス内の

・測定器の三脚

・床面のスタイロフォーム

が蓄熱したためであると考えられる


1063119 1063148

結論

  • 微細水ミスト噴霧時の熱電対での気温測定は、湿球温度を測定してしまう

  • 微細水ミスト噴霧時は、超音波風速温度計を使用することが実用的である。その場合、赤外吸収湿度計を平行して使用する

  • 熱電対を使用する場合には、ポリ袋等で噴霧時のみ防水をすべきである

  • 日射影響を測定するための密閉ボックスの実験では蓄熱するものや、周囲からの反射を減らしていくことが重要だと考えられる


  • Login