第4回
This presentation is the property of its rightful owner.
Sponsored Links
1 / 13

第4回 星間物質その2(星間塵) PowerPoint PPT Presentation


  • 94 Views
  • Uploaded on
  • Presentation posted in: General

第4回 星間物質その2(星間塵). 平成 24 年度 新潟大学理学部物理学科  集中 講義 松原英雄(JAXA宇宙研). 星間塵. 固体の星間物質(質量で1~2%) 星間ガスに比べて光の吸収・放射が非常に強い. 減光 = 吸収 + 散乱. 星間塵の元素組成. 酸素・炭素・マグネシウム・シリコン・鉄 などが主成分. D. F=L / ( 4 p D 2 ) m=M+5log(D / 10pc). D. F=L exp( - t ) / ( 4 p D 2 ) m=M+5log(D / 10pc)+A

Download Presentation

第4回 星間物質その2(星間塵)

An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Presentation Transcript


3699445

第4回星間物質その2(星間塵)

平成24年度新潟大学理学部物理学科 

集中講義

松原英雄(JAXA宇宙研)


3699445

星間塵

  • 固体の星間物質(質量で1~2%)

  • 星間ガスに比べて光の吸収・放射が非常に強い

減光 = 吸収 + 散乱


3699445

星間塵の元素組成

酸素・炭素・マグネシウム・シリコン・鉄 などが主成分


3699445

F=L / (4 p D2)

m=M+5log(D/10pc)

F=L exp(-t)/ (4pD2)

m=M+5log(D/10pc)+A

A=2.5(loge) t =1.086 t

t

星間減光

A=星間減光(Interstellar Extinction)と呼ばれ、星間空間中の微小な

   固体微粒子が原因と考えられている。

「天体輻射論I/恒星物理学特論IV」 東京大学(学部/大学院) 

中田好一先生講義資料

http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/kisohp/STAFF/nakada/intro-j.html


3699445

Log(Av/Aλ)

星間減光曲線

「天体輻射論I/恒星物理学特論IV」 東京大学(学部/大学院) 

中田好一先生講義資料

http://www.ioa.s.u-tokyo.ac.jp/kisohp/STAFF/nakada/intro-j.html

0

星間吸収曲線

-1

-2

-3

-1 0 1 log(λ) 2


3699445

減光曲線の比較

LMC

MW

縦軸:λσH

水素原子一個あたり換算の

星間塵による減光断面積×

波長

Dot-dashed: graphite

Dotted: silicate

Dashed: PAH

Solid: total extinction

SMC

Takagi et al.(2003)


Uv optical extinction curve calzetti et al 1994

UV-optical extinction curveCalzetti et al. 1994


3699445

減光係数の計算例(Mie散乱・吸収)


3699445

非常に小さい塵からの赤外線放射

宇宙塵が小さくなればなるほど,その熱容量は小さくなる。

(半径0.001mの塵は 熱容量CH=0.01 [eV/K]くらい。)

一方星間空間の光子のエネルギー(E=h)は1~10eV(=1.2~0.12m)。

このため一個の光子が吸収されると塵の温度は非常に上がる!

半径0.001mの塵の場合h=10eVに対して

T= h/CH=10/0.01=1000 [K] !!

半径0.03m以下の塵についてはこの効果が顕著に見られる。


3699445

星形成の活発な銀河の中間赤外スペクトル

赤外未同定(PAH?)バンド

ISOの15μmバンド

ISOの7μmバンド

フラックスの対数

ホットダスト

(~200K)

5

10

15

20

波長〔ミクロン〕


Polycyclic aromatic hydrocarbons pah

多環芳香族炭化水素(polycyclic aromatic hydrocarbons, PAH)

  • 中間赤外線スペクトルでしかはっきりと同定できない星間塵種族

ベンゼン環

Draine & Li 2006


3699445

銀河系の星間塵からの放射スペクトル

中性水素ガスの分布と良く相関している。

Dot-dashed: graphite

Dotted: silicate

Dashed: PAH

Solid: total

(Dwek et al.1997 & Takagi et al.2003)


3699445

第4回の問題

問. Vバンド(0.55mm)での減光等級AVとKバンド(2.2mm)でのそれAKの間には     の関係がある。

  • 1)銀河中心と我々の太陽系の間に、

    の中性水素ガスがあるとする。AVおよび、AB (Bバンド、波長0.44mm)を求めよ。

  • 2)上の場合、Vバンドで観測される銀河中心の天体のフラックスは、塵に依る減光で何分の1になっているのか?またKバンドではどうか?


  • Login